FC東京×ベガルタ仙台 天皇杯4回戦

c0025217_11362169.jpgc0025217_11363416.jpg
c0025217_1136454.jpgc0025217_11365034.jpg

当たるなら、仙スタでやりたかったよ、仙台戦
緒戦は苦労する、が格言のように定着しているJ1チームの天皇杯初戦。
分かっちゃいるけど、見てるほうが慣れちゃうってのはどないやねん。

c0025217_1137185.jpgc0025217_11372367.jpg
c0025217_11373587.jpgc0025217_11374246.jpg
c0025217_11375390.jpgc0025217_11375971.jpg
c0025217_11381097.jpgc0025217_11381623.jpg
c0025217_11382718.jpgc0025217_11383222.jpg
c0025217_11384570.jpgc0025217_11385176.jpg
c0025217_1139530.jpgc0025217_11391220.jpg
c0025217_11392591.jpgc0025217_11393212.jpg
c0025217_11394471.jpgc0025217_11395299.jpg
c0025217_1140318.jpgc0025217_11401121.jpg
c0025217_11402317.jpgc0025217_1140307.jpg

週のトレーニング中での城福発言どおり、メンバーは落とすどころか前節鹿島戦から負傷離脱の茂庭以外はいじらないできた。
体調良さそうな平山は前線で幾度となく競り勝ち、楔としてもしっかりボールを収めた。
カモシカモードが続く石川もキレよく飛び出し、サイドの戦いを仕掛ける。
佐原の空中戦は無敵だし、羽生・梶山とバランスを取り合えてきた今ちゃんは前週に続き持ち味を発揮しだしている。
苦戦したとはいえ、最悪ではない。

だが、前節のクオリティをキープする、という掲げたテーマがクリアできたかといえばそうとはいえない。
単純にカボレは前節のキレを維持できてなかったし(そもそも怪我をおして出場させるべきだったかどうかは謎)、茂庭の穴を埋めるべく入ったフジはそのギャップを狙ったハイボール、放り込みに苦戦するシーンが目立った(試合勘に欠けたか)。
やり方がうまくいかなかったところもある。
城福さんの試合後のコメントが面白かった。
サイドチェンジをひとつの例に挙げていた。
左で作って右を使うパターンにおいて、その際、石川にボールがおさまらなかったこと。
仙台が封じてきたのもあるんだろうけど、中盤の人数で数的優位を作ってきた仙台のプレッシャーを前に楽な方を選択した結果の徳永へのサイドチェンジ、という見方をしていた。
石川にボールが収まれば石川の単騎突破、徳永を使っての二段攻撃、もしくはそれを囮にしての中央突破もありうる。
うーん、興味深い。
崩しに一手間かけられず、徳単体で強引な突破、クロスが続いたのにはまず受け手の問題からの原因がった。
前半もなかば、長友がワンステップで徳永へサイドチェンジした場面、傍目にはなかなかのキックで拍手が起こっていたが、あれじゃダメなんだね。
つかこういうの明かしちゃっていいのかなww

c0025217_1141276.jpgc0025217_11411274.jpg
c0025217_1141259.jpgc0025217_11413393.jpg
c0025217_11414632.jpgc0025217_11415479.jpg
c0025217_1142682.jpgc0025217_11421327.jpg
c0025217_11423097.jpgc0025217_11423920.jpg
c0025217_11425374.jpgc0025217_1143241.jpg
c0025217_11431360.jpgc0025217_11432194.jpg
c0025217_11433548.jpgc0025217_11434320.jpg
c0025217_11435793.jpgc0025217_1144479.jpg
c0025217_11442160.jpgc0025217_11443349.jpg
c0025217_11444747.jpgc0025217_11445670.jpg
c0025217_1145823.jpgc0025217_11451548.jpg
c0025217_11452947.jpgc0025217_11453838.jpg
c0025217_11455066.jpgc0025217_1145586.jpg
c0025217_11461267.jpgc0025217_11462127.jpg

カボレとサイドバック、中盤との絡みのまずさも指摘してたな。
確かにいい形で収まる場面はあったんだけど、そのあとの突破がどうもワンパターン。
審判の判定にも苛立ちを感じていたようだが、長友や羽生の追い越しはなかったわけじゃないし、ここは詰め直してほしい。
前段のサイドチェンジの件のひとつの要因にもなってたけど、中盤で数で負けると厳しいってのも危ない。
梶山・今ちゃん・羽生のバランスは悪くなかったが、それでも人数かけてきた仙台を前にセカンドボールを拾えない時間が続いた。
個の力で勝るがゆえにそのあと奪い返すことができていたが、例えばガンバの中盤を前にそれが通用するかは疑問だ。
まあ絶好調モニと比べると、フジ・佐原のラインは少し低かったかな。
鹿島とがっぷりよつ中盤でガチで戦えたのは、奪い合う場をコンパクトにできていたことが大きかった。
それならばそんなに人数の差が出てこないし、前の戻りも期待できる。
おお、鹿島戦の結果はこういうことか。
あれを基準にいろいろと比較すると足りないところ、できてるところ、色々見えてくる。
平山のシャー拒否には笑わされたが、城福さんも羽生もあれに込められた意味を強く感じてたみたいだし(単にテレだっつう可能性も否定できないがww)、マジで鹿島戦、あれを続けること目指していくんだな、東京は。

宮沢コール連呼にはちょっとやりすぎ感もあったけど、あの柔らかいタッチ、懐かしかったなあ。
オレにとっちゃあ名波よりも左の長い距離のパスっていえばミヤザーなんだよ。
コーナーの蹴り方も相変わらず、思わずこっちのゴール裏を煽っちゃうんじゃないかと思ったわ。
由紀彦ともども、東京愛を感じる振る舞いに喜ばせてもらった。
とはいえテクニシャンも多いし、いいとこ消しつつ迷いのない攻撃を見せてくるあたり(しかも1軍温存でしょorz)、なかなかいいチームだったです、仙台。
塩田のビッグセーブなかったらマジでヤラレてたな。
来年はぜひ、仙台牛タンツアーさせてくれ。

c0025217_11464727.jpgc0025217_11465478.jpg

リーグ終盤戦もトーナメントな戦いが続くけど、リアルなトーナメントはまた違った緊張感がある。
リーグの4試合と同じく、天皇杯も残り4戦、全勝したらACL!
油断できる相手なんてひとつもない、改めて思い知った。
リーグも天皇杯も全力だ。
鹿島戦をアベレージに。
今日できなかったこと、次のガンバ戦ではできるようにしよう。

盛り上がってまいりました!
by blue-red-cherry | 2008-11-04 11:48 | FC東京
<< 九州・沖縄物産展 Wolfgang Puck R... >>