九州・沖縄物産展

c0025217_8595096.jpg
c0025217_8595750.jpg
c0025217_90736.jpg
c0025217_901386.jpg

月曜、味スタでの天皇杯前に最終日だった小田急百貨店新宿店の「九州・沖縄物産展」で昼メシを買い込んで臨んだ。
連休と最終日とあって相当の混雑を覚悟したが、意外とあっさり。
やっぱ北海道展のパワーは別格か。

c0025217_921478.jpgc0025217_922260.jpg
c0025217_923847.jpgc0025217_924678.jpg
c0025217_925747.jpgc0025217_93541.jpg

天草、だから長崎のものと思われる鶏弁当と、佐賀の佐賀牛すき焼き弁当、さらにはつまみに大分のとり天を購入。
牛とタレの甘味が堪能できるすき焼き、さっくり衣としっとり肉の旨味がバランスいいとり天、どちらもまずまず。
とり天はちょっと身の部分が少なくって、あとこの手の揚げ物は冷めるとツライ。
この3品では完全にひとり勝ちだったのが、天草大王こと鶏弁当。
上に載せられたのはしっとり蒸された鶏肉と、周囲を炙られた香ばしい鶏肉の2種。
蒸し鶏のほうはその肉の脂をまとっており、肉汁と相俟って最高にジューシー。
焼き鳥の香ばしさは弁当全体に広がって、香りの面でも大いに貢献。
さらにはこの肉の下のご飯、これがしっかりタレと鶏のエキスが染み込んでて、細かく刻んだ鶏肉と野菜が塗されたかしわ飯なのよ!
ハンパない徹底振り。
今まで食べたどの弁当より美味かったかも。

こういう出会いがあるから物産展、侮れない。
by blue-red-cherry | 2008-11-05 09:08 |
<< カレー鍋 FC東京×ベガルタ仙台 天皇杯4回戦 >>