ガンバ大阪×FC東京 J1第31節

c0025217_15155076.jpg

互いに優勝争いへの生き残りをかけた戦いとなったガンバ戦
しぶとく戦えるようになったなあ。
降りしきる雨の中、集中切らさずに戦ったチーム、集中切らさずにサポートした現地組、みなさん乙でした。

しかし苦しい前半だった。
最終ラインに明神を置くという厳しいメンバー構成ながらも、逆手にとったか圧倒的な支配率を誇ったガンバ。
その明神も加われるビルドアップは、引き気味の東京に対して正対し、遠藤や二川が多く触りながら穴を見つけては播戸へ一閃。
前半だけで同じ形、4度の決定機はそうそうない。
播戸の動き出しは、数年前、同じ万博でやられた大黒の動きに通ずるものがあり、外しまくってたことに対しては交代という判断材料なんだろうけど、動きの質としてはロニーの数段上、彼が残っていたほうが嫌な展開になったかと思う。

受身の戦いとはいえ、中盤からプレッシャーはかけ続けた。
羽生、梶山、今野のセンターがかわるがわるプレスをかける。
それでも回されたのはさすがガンバ、というところとやはり、後半をにらんだ戦い方をしていた部分もあるだろう。
鹿島戦のように序盤からラインを高く、両サイドも積極的にコンパクトなフィールドを作りその中でガチでやり合う、といった感じではなかった。
その分前線の3人、平山・カボレ・石川へのサポートが不足する場面もあったが、三者三様、キープに突破に随分が頑張ってくれた。
特にカボレはガンバの最終ラインに常にプレッシャーを与え続け、最後尾からの後押しを牽制していた。
守りに人数を割き、先手必勝を期していたガンバの攻撃を耐えんとする前半に、前線が手数をかけずに先制点を奪った、理想的な展開だった。
2点目の石川、3点目の平山(トップの選手として理想的なゴール!)、もともに手数をかけずワンチャンスに集中しきったゴール。
稀に見る効率的な点の取り方だった。
回されるのをあえて受け、耐える。
耐え切ったからいえることだが、そういう戦いも絶対的な存在でない今、必ず求められることで、この試合の結果はひとつ、その課題を克服した大きな一歩だと思う。

それもこれも塩田に尽きる。
ビッグセーブの連発はチームに勇気を与え続けた。
まだいける、まだやれる。
何気ない、当たり前の顔をして決定的なシュートをとめ続けたその姿には、弛まない日々の練習の成果を感じる。
飛び出しても、じっと構えても、どちらにしろ対象との距離感、ポジショニングが素晴らしい。
研究したにしろ、多くのパターンに備えたにしろ、こういうのは事前の準備がないとできない。
その上で、放たれたシュートへの反応も素晴らしい。
彼もまた、ムービングフットボールのために頭をフル回転させているフィールドの選手同様、熱い魂の裏でクールに頭脳的に戦っていることを思い知らされた。
1年通じてゴールを守り続けた今期、強みも弱点もはっきりした。
まだまだやれる。

点の取り方こそ効率的だったが、選手はこの試合もハードワークした。
前線の守備はもはや欠かせない。
平山はフォアチェックの迫力こそないが、10本を超えるガンバのセットプレーのうち、およそ半数は彼の頭が弾き返したのではないか。
実況・解説もただただ感心したカボレの献身的な守備には本当に頭が下がる。
そして1得点1アシスト、攻撃面のヒーローとなった石川は90分、守備でも奔走した。
特に赤嶺を入れて平山との2トップにしてから中盤を守った最終盤は、誰よりも高い位置からプレスをかけたかと思えば、ペナ付近で相手のクロスをあげさせまいと激しく体を寄せるなど、守備が課題と言われ続けた男の意地を感じた。
播戸に裏を取られ続けたりルーコンに競り負けたりとあまりピリっとしなかった佐原も、羽生の交代後キャプテンマークを巻いてからの動きはやはり欠かせない壁だった(佐原はあれ、巻いたほうがいい気がする)。
モニの怪我は大いに心配だが、徳永、長友の両サイドの運動量も高く、最終ラインはこのままの調子を維持してほしい。
相手によってその存在意義も異なってくるセンターの3人は毎度バランス取りに苦戦しているが、各々の調子は悪くなさそう。
今野の奪取能力、羽生の空間処理能力、梶山のフィジカルと展開力、それぞれが輝く場面を増やせれば、自ずと中盤をものにできるはず。
やり合うにしろ、受けてたつにしろ、求められるのは全員のハードワーク、それは変わらない。

c0025217_1518415.jpg
c0025217_1518252.jpg

例によってftnkにて観戦したわけだが、ここにきて同店でもっとも美味いのはチキンパイだということが発覚した。
刻まれたチキンに野菜、スパイシーかつ柔らかい味付けの煮込みをパイで包んだ一皿はサッカーとビールにぴったり合う。

だ・け・ど。
やっぱり現地で見たいスなあ(泣)
久々に負け組感を味わいつつ、でも本当に嬉しい勝利。
鹿島はこのあとの試合次第だが、上位、ACL圏内との差はグっと縮まった。
神戸、新潟、千葉か。
全勝あるのみ。
その結果は、神のみぞ知る…。
by blue-red-cherry | 2008-11-09 15:54 | FC東京
<< シディーク クローバーフィールド >>