背脂醤油のあ

c0025217_105164.jpg

渋谷の明治通りを線路寄りに折れたところ、東横線から臨むことができた渋谷時代はその特大チャーシューと濃厚な背脂で馳せていた評判に気後れし、訪問していなかったが、神保町に移転して久しく、とんかつ屋などを経て安定してラーメン営業をしだした「背脂醤油のあ」に遂に行ってきた。
渋谷時代の味も再現しているらしいんだが、お目当ては元祖「脂」そばと銘打っている脂そば。
本でそのルックスを見て、必ず食べねばならぬとひそかに企んでいた。

c0025217_133094.jpg
c0025217_13385.jpg
c0025217_13463.jpg
c0025217_135345.jpg

出ました、脂そば!
油そばじゃなくて、脂そば!
中央に盛られたぷりぷりの背脂にもう大興奮。
まわりを彩る、コンビーフ風に刻まれたチャーシュー、味がしっかりしているメンマ、フレッシュなねぎ、海苔、と美しいフォルム。
中太でやや柔らかめの麺の下には所謂油そば然としたたれが眠るが、なんといっても背脂に尽きる。
これ自体にほどよい醤油味がついており、背脂自らが持つまろやかさと相俟って、くどすぎない味を実現。
まろやかで、それこそ甘味すら感じる背脂はまさにコラーゲン。
女性客がこぞってこの破壊的なルックスの混ぜそばを食べていたのが印象深い。
もちろんサーブされて即全体をかき混ぜ、脂のまろみを行き渡らせて具のアクセントとともに楽しむ。
カウンターには酢、ラー油、キムチがフリーで用意されているのも嬉しい。
ラー油やキムチのスパイスで楽しむもよし。
個人的には、後述の脂ごはんとのコンボが結構なボリュームだったため、酢の爽やかさが非常に効いた。
濃厚な脂そばに酢の爽やかな刺激の相性が非常にいい。
これはありそでなかった新感覚にして、特許とったほうがいい完成度。

c0025217_1102028.jpg
c0025217_1102787.jpg
c0025217_1103428.jpg

脂そばのほうはどうしても、というか思いっきり混ぜたほうが楽しめる皿なので仕方ないが、背脂そのものを味わうには脂ごはんがちょうどいい。
小ぶりのお椀に盛られた背脂、その味で白ごはんを頂く。
淡白なごはんに染み渡っていく醤油味のとろとろ背脂…至福。

正直このコンボはなかなかあとあと堪えるものがあったが、味は中毒性高く、何より斬新。
一度は食べてみて、損はない。
by blue-red-cherry | 2008-11-29 01:16 | ラーメン
<< 葉月 鶏野菜炒め >>