FC東京×アルビレックス新潟 J1第33節

c0025217_23442814.jpgc0025217_23443640.jpg

c0025217_2344562.jpgc0025217_2345325.jpg

ホーム最終戦、新潟戦
前日の結果を受けて優勝の芽はなくなったにも関わらず、今季最多となる35000を超える観客が集まった。
あとは相手さん次第、って状況、あれをアベレージに出来たら、首都東京のクラブとして誇らしいよね。
魅力的なサッカーを続けて、結果を出し続けて、ぜひ来年はより多くの人に城福東京のサッカーを堪能してもらいたい。

c0025217_2345323.jpgc0025217_23454275.jpg
c0025217_23455736.jpgc0025217_2346591.jpg
c0025217_23462160.jpgc0025217_23462962.jpg
c0025217_23464065.jpgc0025217_23464772.jpg
c0025217_234718.jpgc0025217_2347935.jpg
c0025217_23472133.jpgc0025217_23473044.jpg
c0025217_23474358.jpgc0025217_23475197.jpg
c0025217_2348392.jpgc0025217_23481649.jpg
c0025217_23483221.jpgc0025217_23483956.jpg
c0025217_23485745.jpg

梶山、徳永の不在を埋めたのはエメと浄。
エメを入れた中盤は石川とエメが左右高めの位置取りで、羽生が後方で今ちゃんとダブルボランチを組む、ボックスに近い形。
前線はいつもどおり平山を頂点にカボレが左に開く。
左肩上がり、変則的で攻撃的な布陣となった。
見た目の印象はオフェンシブな選手が増えた感じだったが、羽生がバランス取りを最優先に低めの位置取りを強いられたりと、なかなか攻撃の形が作れなかった。
平山やカボレ、エメが前線でタメを作っても追い越しがワンテンポ遅い。
羽生のポジショニングの問題もあるが、試合感が足りなかったか、左サイドに基点を作りつつも浄が効果的に絡めなかったのはもったいなかった。
新潟の戻りも早く、浄や今ちゃんが前線を追い越す頃には人数そろえられてしまっていた。
がっぷりよつの状態になってもボール回せるし、やり直す部分に関してはかなり成長したと思うが、速さと厚みを兼ねた攻撃に関してはまだまだ不足を感じる場面が多い。
数度長友が爆発的なオーバーラップを見せてくれたが、スピードスターの石川を追い越していくだけの武器があるんだから。
サイドバックの使い方は次のステップで重要なテーマになるだろう。

逆に、またしてもサイドのギャップを使われた印象。
神戸でのレアンドロと大久保ほど顕著ではなかったが、前半、新潟のチャンスのほとんど(リスタート服務)は東京の右サイドの2枚の間をつかれたもの。
サイドチェンジに弱い部分も改めて露呈してしまったかな。
中盤のサイドからゴールへ巻いてくるクロスへの対応に、かなり四苦八苦してた。
中盤から後半戦にかけて課題となったディフェンスラインの裏対策ともども、気をつけて欲しいところ。

c0025217_23493718.jpgc0025217_23495599.jpg
c0025217_2350717.jpgc0025217_2350153.jpg
c0025217_23502712.jpgc0025217_23503692.jpg
c0025217_23504780.jpgc0025217_23505679.jpg
c0025217_2351751.jpgc0025217_23511521.jpg
c0025217_23513146.jpgc0025217_23514322.jpg
c0025217_23515485.jpgc0025217_2352264.jpg
c0025217_23521519.jpgc0025217_23522430.jpg
c0025217_23523832.jpgc0025217_23524515.jpg
c0025217_23525580.jpgc0025217_2353466.jpg
c0025217_23531987.jpgc0025217_23532837.jpg
c0025217_23534168.jpgc0025217_23534957.jpg
c0025217_23535994.jpgc0025217_23541119.jpg
c0025217_2354217.jpgc0025217_23543219.jpg
c0025217_23544370.jpg

メンバーの問題だったりいろんなことが重なってしまったのはアンラッキーだったが、やはり梶山の展開力は唯一無二だ。
東京一の個性ゆえに、波の激しさだったり狙い撃ちにあったりと、梶山はどうしてもよく目立つ。
カボレや石川、羽生にサイドバック、ダイナミックな動きを生かすも殺すも梶山の舵取りが冴えればその切れ味は研ぎ澄まされるし、逆であればブレーキになる。
手詰まりな状態が長く続き、面白みにかけた試合展開の裏に梶山の不在を強く感じた試合だった。

しかししぶとい戦い方ができるようになったな。
先週の神戸戦や、連勝の終わりに大敗した清水戦、要所要所で勝ててないのがマダマダなところだが、内容悪いながらに引き分けたり勝ったり。
底力、地力でうっちゃることができるようになってきた。
ブレずに続けてきた戦い方を選手たちがしっかりとやり抜くことで、信頼が生まれてる。
塩田は前線が1点取ってくれることを信じて再三の危機を集中して防ぎ、佐原は空中戦という空中戦をことごとく制圧する(ジャーンを思い出した)。
ディフェンスラインを中心に硬すぎる嫌いがあるほど集中している。
だからこそたまのミスパスがひどく目立つんだけど(モニ…)。
戦ってるって感じが味わえてるよ、ホントに。
最近のお決まりパターン、大竹に達也、赤嶺の途中出場組のモチベーションの高さもひしひしと伝わってくる。
平山やカボレ、石川が頑張ってくれた地があっての活躍だが、彼らのゴールへの意欲はすさまじい。
ドリブルにシュート、すべてに魂がこもっている。
それを象徴したかのような大竹のミドル→コーナーからの赤嶺のヘッダーという流れは、驚きよりほらね、という思いのほうが強かった。
精神論は好きじゃないけど、気持ちで勝ちきったね、昨日は。

c0025217_2355225.jpgc0025217_23551048.jpg
c0025217_23552431.jpgc0025217_23553575.jpg
c0025217_23554974.jpgc0025217_2356061.jpg
c0025217_23561344.jpgc0025217_23562313.jpg
c0025217_23563727.jpgc0025217_23564614.jpg
c0025217_23565945.jpgc0025217_23571674.jpg

去年の最終戦はどんなだったっけ、と自分の日記を読み返すと、何この寂しさはww
そうだった、八田が唯一トップで出場して、レアンドロにスルスルっと最後にやられたんだった。
辛い挨拶だったなあ。
それに比べ、昨日の挨拶の清々しさと言ったら!
「すみません、声がちょっと割れてまして」
期待通りの口上を聞かせてくれた城福さん。
「365日~」のくだりとか、聞かせ方を心得てるよね、この人は。
しっかりとチームを前進させてくれた、その成果に自負を持っているのが見て取れる力強い語り口ながら、同時に何も得ていない、まだまだ途上にあることを見据えられている地に足ついたビジョン。
こういう指揮官に、選手がファンが、惹きつけられていくんだな。
満場の浩コール、なんだか胸が熱くなった。
東京はオレたちの誇りなんだってこと、今まででいちばん強く思った。

城福さんに始まり殊勲の赤嶺、コールに戻ってきてくれた塩田と、シャー3連発も決まったね。
昨日は今年味スタ最後の一杯、とかいってついつい飲みすぎた。
祝勝会も盛り上がっちゃって、今日は一日、かなり辛かった。
でも嬉しいよね、この時期に高い、ポジティブな目標目指して戦えるなんて。
泣いても笑ってもリーグ戦はあと1試合。
フクアリはどう転んでもカオスだろうな。
ここにきてその現場に立ち会えないことはものすごく残念だけど、終わり良ければじゃないけれど、いい形でリーグ戦を締めくくってほしい。
いろいろ細かいところはあるけれど、思い切って、ムービングフットボールを魅せつけてほしい。
そして、天皇杯、いけるところまでいこうぜ。
by blue-red-cherry | 2008-12-01 23:58 | FC東京
<< 韓国路地裏台所らぁ・たん 葉月 >>