恵比寿餃子 大豊記

一年ぶりの「大豊記」
恵比寿勤務初期に通ってたランチスポットも、昨今のラーメン狂いですっかり足が遠くなった。
それでも、「大豊記」にきてもつけ麺を頼んじゃってる始末。
病気だな。

c0025217_17205212.jpg
c0025217_1721064.jpg
c0025217_1721781.jpg
c0025217_17211528.jpg
c0025217_1721236.jpg

豚玉醤油つけ麺。
醤油って感じの醤油スープに、豚のしょうが焼きを入れたもの。
しょうが焼きのたれか、はたまたたまねぎのそれなのか、甘味が目立つつけ汁。
二日酔いがキツかったので蕎麦にしようかと思ってたんだけど、蕎麦もつけ麺も一緒だろっ的な発想で臨んだだけに、甘味タップリ油っぽいスープはちょっと辛かった。
麺は製麺所レペゼンなラーメン屋風ではなく、中華そば、って感じの中華麺。
ラーメン屋じゃないしね。
乾燥海苔がスープで解けるスタイルの海苔、なかなか面白かった。
温玉が別盛りでついてるんだけど、これをスープに入れればもちろんまろやかさアップ。
具なりなんなりでそれなりに変化がつけられるのはいい工夫。

ラーメン屋じゃないしね。
ちょっとしょうが焼きのテンションが最後まで続くのは飽きちゃうかもね。
しかし、ここの名物の焼き餃子、夜限定なのでまだ食べれてないという事実…。
あと、ここでいちばん好きな付け合せのザーサイもなかったのが残念無念。
by blue-red-cherry | 2008-12-02 17:21 | ラーメン
<< はりはり鍋 韓国路地裏台所らぁ・たん >>