ジェフユナイテッド千葉×FC東京 J1第34節

c0025217_11443690.jpg

最終節、初めてサッカー情報と触れたのはすべての結果が出たあと、出先の携帯にて。
2-4という結果、殺伐とした某スレの雰囲気とスケープゴートにされた何人かへの批判。
観戦できなかった理由である幸せな場所との距離感でいまいち感情移入できなかったが、帰宅後、J SPORTSの再放送にて千葉戦、通して見たので今更ですが、思うところを。

カボレ、赤嶺、達也がワイドに、ダイナミックに流動的に動き、空いたスペースに羽生や今野が次々に飛び出すサッカーは爽快そのもの。
タメこそ作れないものの、各々の役割は明快で、ゴールへのスピードが速いサッカーを展開する。
特に初スタメンとなった達也は、途中出場で見せ付ける運動量と縦への推進力はそのままに、スペースを生む動き、斜めの動き、フィニッシュへの顔出しと持ち味を時間分発揮。
来季も東京でプレーしてくれるという決断に対する喜びをさらに深くしてくれる活躍となった。
また、羽生のアグレッシブな動きもここにきて真骨頂極まる働きだった。
並々ならぬ思いを空回りさせず、自らの力に変えたそのプレーぶりに芯の強さを感じる。
つくづく立派な選手だと思う。
向かい合った千葉の中盤にゲームを支配するキープ力も展開力もなく、強い気持ちのぶつかり合いを超えた力の差が東京の時間帯を作った。
浅利がもたらした安定感のもと、運動量を武器に圧倒する東京。
対する千葉がマイボールを徹底して巻に、アーリーで合わせてきたのもあり、いつになく速いサッカーを嗜好する両軍の戦いは攻守の切り替えが速く、見ごたえのある内容だった。

それゆえに、割りと冷静な状態で見たにも関わらず、ナゼ?の思いが拭えない。
羽生と大竹の交代は契機になったかもしれないし、両者の動きの質はシチュエーションによる影響を差し引いても対照的だったが、問題にするのならば今季、弱点となった部分を突かれたことのほうだろう。
新居は前回の対戦時から嫌な存在だったが、裏への飛び出しと独特の間を持ったシュート感覚、典型的な東京のヤラレパターンでまず1点。
2点目、レアンドロと大久保の神戸戦、松下に使われた新潟戦、サイドハーフが開いてゲームメークしてからの失点パターンは、3枚で守る中盤を崩すのに有効な策だとすでに、証明されていた。
実力以外のものを感じずにはいられない、嵩にかかった攻めに浮き足立った末のらしからぬファウルで与えてしまったPK。
捨て身の攻撃で、やむなし、とせざるを得ないトドメの4点目。
ひとつひとつに理由はあり、また、2点をリードしたあとの決定機(カボレがスルスル上がってってふかしたアレは、アンリぽくって入ってたらベストゴールだった)をことごとく外したことも、よくある2-0からの逆転劇を誘発した理由として妥当だろう。
ボールを落ち着けられなかったことを考えると、梶山の不在も感じられたし、平山をそういう意味で早く投入したりと采配に関する注文もあるだろう。
こればっかりは現場との、残念なまでの距離を感じる。
現場では興奮しすぎたり俯瞰されてなかったりで無我夢中、テレビで見たほうが分かったりすることもままあるが、この試合のこの劇的な展開は、飲まれたにしろ乗っかったにしろ、あのスタジアムでいた人ほど真実には近づけない。

下を向く必要はない。
というか、下を向いてる場合じゃない。
まだアジアを目指して掲げた旗は降ろせない。
リーグを獲るには未成熟だったこのチームだからこそ、トーナメントを勝ちきる勢いに期待したい。
ここにきて充実の一途を極めるカボレ、スタメンで輝いた達也もいるし、石川や梶山も戻ってくるだろう。
何より今年ことごとく苦渋を飲まされ、最終的に得失点差でひとつ上の順位に座られてしまった清水が相手だ。
天皇杯、やるしかない。

6位、という位置は城福さんも言ってるとおり、認めなければいけない東京の現在地。
去年と比べれば、内容も含め納得どころか大満足の位置であり、最後まで諦めずに上を目指し続けた今季の戦いの結果としては悔しく、残念な結果でもある。
天皇杯もあるし、振り返るのはまた今度、シーズンオフへの宿題にでもしとこう。
ただし、4失点喰らって逆転された11分のことは忘れないようにしなくてはいけない。
失ったのはそもそも他力で届かなかったACLの出場権ではなく、自力で勝ち得た5位、結果論としては最終節引き分けた大分を越えて得られた4位の位置、つまり4千万円もの賞金。
11分で失った4千万円。
4千万円という高い授業料を払って学んだものは、来季必ず、生かされなければならない。

2008年J1リーグ、16勝7分11敗、50得点46失点の得失点+4で終了。
by blue-red-cherry | 2008-12-08 11:45 | FC東京
<< 富士そば 決戦は土曜日 >>