蒸し鶏のトマト煮こみと鶏ごはん

蒸して煮てる時点でやり過ぎ感漂う、炊飯器鶏レシピ応用編。
深川、ftnkはしごで疲れたか体調が芳しくなく、サタデーナイトの自炊スティーロ。

c0025217_11461823.jpg
c0025217_11462723.jpg
c0025217_11463418.jpg

蒸し鶏がエキスが出すぎて淡白すぎる、という反省点からきてる今回のメニュー。
ホールトマトを潰し、その鶏エキスが出まくったスープで中和したところに蒸し鶏としいたけを入れて、トマトスープが半分くらいになるまで煮詰めた。
鶏の味はするんだけど、微妙に薄かったのでチキンコンソメも投入。
一方で、そのスープにしなかった鶏エキスでご飯を炊く。
こちらにはあらかじめ炒めておいた鶏むね肉の薄切りとしいたけを入れて、炊き込みご飯のスタイルをとった。
煮込みに濃い目の味付けをしたので、こちらはシンプルに鶏エキスそのまま。
淡白な蒸し鶏はトマトソースとマッチしてたし、炒めた鶏を入れることでデフォで美味い鶏ごはんに香ばしさがプラスされたりと、そこそこ手間かけた甲斐はあったかな。

ちょっと料理熱が高まってくると、良いキッチンがほしくなったりするのよね。
by blue-red-cherry | 2008-12-14 11:59 |
<< FC東京U-18×京都サンガF... ジュビロ磐田×ベガルタ仙台 2... >>