葉月

各方面で絶賛されている「葉月」の水曜限定20食、鶏そばを食べに降りしきる雨の中、徒歩15分の道のりを越えて行ってきた。
11時半の開店まであと10分という時間に到着し、列は自分を含め10人。
ネットでの評判を耳にして初めて訪問したのが10月。
それ以来月イチで来てるのか。
評判が評判を呼び、オレ含めファンが着実に増えてる印象。

c0025217_11372448.jpg
c0025217_11373453.jpg
c0025217_11374130.jpg
c0025217_1137503.jpg
c0025217_11375825.jpg
c0025217_1138666.jpg
c0025217_11381981.jpg

20食限定の鶏そば、それに鶏チャーシューと煮玉子が付いたさらに限定数(何食かは忘れた)の鶏三昧を頼んだ。
もうね、久々にトバされたましたよ。
鶏!鶏!鶏!
エキスがビンビンにやってくるのよ、一口スープを啜っただけで。
良い鶏スープはホント、黄金に輝くよね。
しっかりした塩気があり、パンチは充分、だがその裏からこみ上げてくる鶏エキスがハンパじゃない。
体の芯に訴えかける滋味深さを兼ね備えながら、ド迫力のインパクト。
一口目から飲み干すことは決定していた。
そこにあわせるのがいつもの極太よりはやや抑え目な中太麺。
透き通りながらも絡みつく鶏エキスとがっぷりよつな小麦香る麺。
デフォのラーメン同様、炙りチャーシューは香ばしくジューシーで、太いメンマは歯応え抜群、水菜やねぎが爽やかな香りをくれる。
スペシャルな鶏ももブロックのチャーシューがまた、鶏三昧に相応しい出来。
豚チャーシュー同様に表面を香ばしく焼き、鶏の香りと旨味が閉じ込められている。
とろっとろの煮玉子にいたるまで、一杯で鶏の旨味を余すところなく味わえる、究極の鶏ラーメン、いや、鶏料理かと。
さらに限定の鶏メシ。
これまた鶏スープで炊かれた贅沢なメシで、ラーメンに添えるライスの域を脱している。
お隣で慣れた手つきでラーメンスープを足しながら茶漬け風に啜る御仁のまねをして、ご飯とスープをミックスしてみたが、美味いに決まっとるやないかーい。

c0025217_11382955.jpg

凄かった。
圧倒された。
昨日は特別寒かったんだけど、美味しさの喜びがそうさせたか、内面からホクホクになり、店から雪が谷大塚の駅までコート要らずだった。
場所、限定と条件は厳しいが、心の底からおススメする。
by blue-red-cherry | 2008-12-18 11:38 | ラーメン
<< 豚ときのこと小松菜炒め Stick 2 The Scr... >>