柿家鮨

最近、めまぐるしく人生が動き出している。
いや、決まっていたことが動き出しているというのが正しくって、描いていたものが形になり始めたというか、そのスピードが速くってビックリ。
動くときはそんなもんだ。
というわけで昨日は頻繁に通うようになった原宿にて、「柿家鮨」で早めのランチ。

c0025217_1057422.jpg
c0025217_10574783.jpg
c0025217_10575371.jpg
c0025217_10575833.jpg
c0025217_1058518.jpg
c0025217_1058952.jpg
c0025217_10581439.jpg
c0025217_10582090.jpg
c0025217_10582564.jpg
c0025217_10583116.jpg

軒先にあったメニューのボードにあったランチメニューはミニ海鮮丼2点に小鉢やらなんやらがついて680円というCPの良さ。
もちろんこれ、と思って頼んだら平日の時間限定らしい。
デーム。
書いといてくれよ、と思ったが、まあ普通に回転寿司でも良かったので、適当に食べる。
旬の握り五点盛りは平目や鯖、人手間かけた、普通に頼んだら結構高い皿のものを一貫ずつ、お得に食べられる。
あとは安めの皿で、鯵とかいかとか炙りサーモンとか巻き物とか。
オレ、回転寿司ならではのネタとして、びんちょうまぐろ、略してびんとろが好きなんだよねー。
あれ、安いけどまとわりつくような濃厚な味わいは、よいよいマグロとはまた違った魅力があると思う。
唐揚げやらコロッケやらが廻ってるのはかなりおかしかったが(つい唐揚げを食べてしまった)、具沢山のあら汁で温まりつつ、フィニッシュ。

腹減ってるときの回転寿司は止まらないので、危険極まりない。
by blue-red-cherry | 2008-12-24 10:58 |
<< 豚バラと白菜の重ね鍋 元祖一条流 がんこ総本家 >>