日テレベレーザ×東京電力マリーゼ 第30回全日本女子サッカー選手権大会準決勝

c0025217_23443370.jpgc0025217_23444420.jpg
c0025217_23453699.jpgc0025217_23455523.jpg
c0025217_23463078.jpgc0025217_23464275.jpg

今年のサッカー観戦のひとつの目標になでしこリーグ観戦があったが、結局リーグ戦での観戦はかなわず。
代表戦も縁に恵まれず、結局今日、全日本女子サッカー選手権準決勝、日テレベレーザ×東京電力マリーゼにて実現した。
TASAKIの勇姿を見なかった理由は前の前のエントリーに記したとおり、食欲だが、どちらにしろ第二試合、ベレーザにてブッチ妹ことなでしこ期待の超新星・岩渕真奈選手のプレーを見るのがオレのプライオリティー。
ほかにも澤を筆頭に大野、近賀、永里と北京で旋風を起こしたなでしこジャパンの選手がズラリと名を連ねるベレーザに、マリーゼには丸山桂里奈もいる。
ミーハー気分全開で楽しんだ。

c0025217_021465.jpgc0025217_022292.jpg
c0025217_023766.jpgc0025217_024858.jpg
c0025217_025848.jpgc0025217_03724.jpg
c0025217_032059.jpgc0025217_032884.jpg
c0025217_034190.jpgc0025217_034918.jpg
c0025217_04256.jpgc0025217_041150.jpg
c0025217_042734.jpgc0025217_043630.jpg
c0025217_044815.jpgc0025217_045768.jpg
c0025217_05863.jpgc0025217_051728.jpg
c0025217_053134.jpgc0025217_05419.jpg
c0025217_055451.jpgc0025217_06212.jpg
c0025217_061723.jpgc0025217_062753.jpg
c0025217_064076.jpgc0025217_064892.jpg
c0025217_07155.jpgc0025217_071347.jpg
c0025217_073149.jpgc0025217_073992.jpg
c0025217_075314.jpgc0025217_08118.jpg
c0025217_081531.jpg

試合は開始早々、それこそ1分にも満たなかったんじゃないだろうかという時間帯にベレーザが先制。
自陣からのビルドアップでペナルティエリア近くまで押し上げ、最後は大野と真奈選手のワンツーであっさり破った。
これは点差がつくかな、と思わせる立ち上がりだったが、どっこい、マリーゼのその後のディフェンスは粘り強く、また時折見せるカウンターも鋭く、結果として前半は1-1のタイスコアで折り返した。

真奈選手(岩渕はそっけないし、真奈ってのもあれだし、ちゃん付けは避けたいしってこの発想がキモイんだけど、ちょっと修造でいうところの「真央さん」的な位置付けかと)。
試合開始からとにかく楽しそうにプレーしてて、確かに足元の技術はなでしこトップクラスと遜色ないし、落ち着いてる。
下がってきて澤の追い越しを引き出したり、サイドに開いてスペース作ったりと、持ち味の突破力以外でもセンスの良さを感じる。
フォアチェックも肝やツボを抑えてて、確度の高いチェイシングを見せていた。
しかし同年代であれば世界でもやれる体格差が、こと年代でははるか上のお姉さんを相手に狙われる。
前述した多様な前線でのスキルゆえに前半のベレーザは大野と同程度、もしくは大野より多く真奈選手への楔のボールを多用した。
そこにマリーゼのディフェンスが容赦なくガッツリ当たってくる。
背後からのプレッシャーだけでなく、真奈選手の足元に入ったところを中盤やサイドと連動して挟むディフェンスが効を奏し、完全に狙われていた。
チームとしてそこへのフォローは特に修正されず、気の毒な気もしたが、荒川への交代は妥当だった。
兄のブッチを見て育っただけのことはあって、ボールタッチが柔らかい。
かつ、基本のトラップやパスにもミスがなく、トリッキーなプレーよりも確かな技術に裏づけされた効果の高いプレーを繰り出すあたりに同じ匂いを感じた。
兄がそうしているように、今後はデカイ相手とどう戦っていくのか、大きな課題と向き合っていくんんだろうけど、一方でその壁に答えが見つかればその才能はより高い次元で爆発するだろう。
改めて楽しみな選手だと思った。

c0025217_021430.jpgc0025217_0211258.jpg
c0025217_0212479.jpgc0025217_0213166.jpg
c0025217_0214417.jpgc0025217_0215224.jpg
c0025217_022590.jpgc0025217_0221210.jpg
c0025217_0222446.jpgc0025217_0223098.jpg
c0025217_0224862.jpgc0025217_0225695.jpg
c0025217_02371.jpgc0025217_0231589.jpg
c0025217_0232869.jpgc0025217_0233711.jpg
c0025217_0234911.jpgc0025217_02428.jpg
c0025217_024141.jpgc0025217_0242350.jpg
c0025217_0243793.jpgc0025217_0244636.jpg
c0025217_0245757.jpgc0025217_025519.jpg
c0025217_0251997.jpgc0025217_0253316.jpg
c0025217_0254522.jpg

レジ打ちアフロ・荒川が凄まじかった。
今夏の五輪ではなでしこでも控えに回ることが多かった荒川だが、怪我とかあるんだろうけど、どうして頭からいかないのか、ひょっとしてハンデなのか、と疑うほどのパンチがある。
世界の屈強な女子と戦ってもブレない力強さに加えて技術は高いは、シュートレンジは広いわで、往年のバティを思い出させる働きぶり。
荒川が前線で戦うことでほかのテクニシャンたちも実力を存分に発揮。
荒川と大野と澤の技術はもうちょっと違う次元で、トラップの巧さとか、ロングボールの処理レベルでいえば男子を抜くんじゃねえかっつうくらい。
荒川が2人、3人ひきつけて落としたボールを澤や大野が繋ぎ、サイドから近賀や南山がガンガン上がってきたりと、連動性も抜群にアップ。
この役目を真奈選手に担わせるのは酷だし、一緒に使ってもうちょっとプレッシャーのないところでやらせてあげればいいのにっつうくらい荒川が頼りになりすぎ。
あっさり2点をリードしてからのポゼッションなんか、圧巻だった。

ディフェンスの集中力も高い。
マリーゼのほうが速攻や丸山に楔を入れたあとの攻撃頼みだったこともあるが、ベレーザのディフェンスは急所をしっかり抑えていた。
ここでも澤の存在感は群を抜き、センスでボールを奪いつつ、そのボールをがっちりキープするところまで抜かりない。
また、コンビを組む加藤の献身的な動きも目立った。
隙がない。

ベースの技術の部分で目に見えるアドバンテージがありながら、運動量の部分でも相手を圧倒する。
さらには荒川がベンチにいて、永里がサイドのミッドフィールダーとして後方から虎視眈々とゴールを狙える布陣が敷ける圧倒的な選手層。
常勝集団も納得のチームだわ、ベレーザは。
男子の予算、こっちにまわせばいいじゃないかな。

初のなでしこリーグ(厳密には違うけど)観戦、面白かった。
国立で元日、再会できることを祈ってます。
by blue-red-cherry | 2008-12-29 00:36 | サッカー(FC東京以外)
<< 清水港みなと寿司 松屋 >>