ajito

三連休明けにして朝から歯医者、そのあと品川シーサイドでのアポに直行と、エンジンのかかりが遅かった今日。
結局南極やること多くて終電で帰宅。
めずらしく働いちゃったなあ。
遡って昼、遠い昔のように思えるが、品川シーサイドへの経由地、大井町で昼となれば「ajito」へ。
人生2回目の訪問にして、食べたかったロッソにチャレンジできた。

c0025217_223183.jpg
c0025217_224664.jpg
c0025217_23652.jpg
c0025217_231799.jpg
c0025217_232666.jpg

相変わらず支持率は高そうで、この寒い中、12時台終盤に訪ねると数名の列。
それでも後半だったようで、オレのあと10人足らずで(13時半前)本日の昼営業は終了。
よかったよかった。
で、ロッソ。
デフォのつけ麺も相当な濃厚スープ(あ、ここではソースか)だったが、ロッソはそれに比べると幾分滑らか、液体っぽいかな。
少しオレンジがかったトマトソースからイタリアの香りが香る。
ホロホロの柔らかさかつ脂身も供えた豚ブロック切り身に大量の玉ねぎ、具はシンプル。
啜ってみると確かにトマト、イタリアン。
野菜や肉の旨味が溢れているようで、味わい深い。
これに絡めるはほかのどの店にも負けないであろう、コシ強の太麺。
サラサラとドロドロの中間くらいのトマトソースをしっかり絡め取る。
リングイネ以上の強烈な存在感はトマトソーススパゲティよりも強烈なインパクトだね。
特にパルメザンとバジルペーストがかかった部分は塩気も強くて、この部分がデフォだとかなりヤバイかも。
バジルペーストなのかチーズなのか、塗すと全体に行き渡るくらいの量で、それをトマトソースにつけて食べるっていう。
美味そうだけど、それだったら850円は無理かな。
カウンターに用意された割りスープはデフォのもロッソも汎用なようで、こだわりブレンドの魚介だしがトマトに和風の風味を加え、まろやかさと深みが増したソース、飲み干す美味さが味わえた。

念願のロッソが食べれて幸せ。
美味しかったです。
by blue-red-cherry | 2009-01-14 02:05 | ラーメン
<< 納豆明太子スパゲティ 大根と豚肉の重ね蒸し >>