葉月

行ってきました、今年一発目の「葉月」
木曜限定の〇炎(まるひ)らあめんがどうしても食べたくって、いてもたってもいられずに、つい。
11時半の開店から10分押し程度で到着。
ちょうど1席空いててすぐに座れたが、そののちは次から次へと混雑しはじめ、まあラッキーだった。

c0025217_10071.jpg
c0025217_10222.jpg
c0025217_10368.jpg
c0025217_10561.jpg
c0025217_10657.jpg
c0025217_10811.jpg

相変わらずのルックスの良さが素晴らしい。
見るからに美味そうだもんね。
中央を境に黒ずんだ鰹油のエリアと、辛味が表面を覆った赤いエリアに分かれる。
どちらもどんぶりの底に控えるは鶏と魚介のハーモニー濃い和風ダブルスープ。
パンチがありつつも臭みはなく味わい深い鰹油、対する辛味は八角と唐辛子の味わい、芯からくる辛さ。
それぞれの良さもそこそこに味わい、一気に混ぜる。
頂点には魚粉と丸い山椒の粒が。
この山椒がまたプチっとした歯応えとともに痺れさす、ツーンとくる辛味をくれる。
辛さと旨味、それもどちらも鶏に魚介に八角に唐辛子に鰹油に、さまざまな形で襲ってくるスープは複雑な味でいて、ぶつかり合うことなく合わさっているという奇跡のバランス。
気がつけばいつもどおり極太喉越し噛み応え充分の麺を啜りきり、薫り高いチャーシューやさわやかな三つ葉といった具を食べきり、スープまで飲み干していた。

いやー、すべらんなあ。
ベースの味がしっかりしてるとはいえ、この辛味もオリジナルの探究心が見て取れる。
期待通りの一杯だった。
引っ越しが現実味を帯びてきて、ここにもそう簡単には通えなくなりそうだ。
近いうちにぜひとも、鶏を食べておきたい。
2/22の日曜日は限定80食で鶏そばdayを開催するとのこと。
連れにも食べさせてあげたいし、この日、狙ってみようかな。

余談だが、ヒートテック(ユニクロ)インでアツアツのラーメン、これ鉄板の冬対策。
by blue-red-cherry | 2009-01-16 01:11 | ラーメン
<< 肉野菜納豆チャーハン 5th WHEEL 2 the... >>