ラーメン凪 ゴールデン街店

c0025217_141937.jpg

午後イチに新宿での仕事を控え、あまりお気に入りのみつからない新宿のラーメン屋をググってたところ、そういえば昼営業を始めたという「ラーメン凪」のゴールデン街店を目指すことにした。
ゴールデン街、何回か飲みにきたことあるけど、昼間の閑散としつつ、しかし昼の陽光で(今日は雨だったけど)はっきりと街の輪郭が見える姿もなかなかいい。

c0025217_243396.jpg

c0025217_244733.jpg
c0025217_25275.jpg
c0025217_251343.jpg
c0025217_252327.jpg

モロに醤油といった感じの焦げ茶で覆い尽くされた表面からは、いや店に入ったそのときから、ガツンと煮干しが香る。
ここのラーメンはガッツリ煮干の醤油ラーメン。
表面に煮干しそのものが漂っているかのような強烈な香りのもと、一口啜ればウマ-!
ここまでバッチリだしが取れてるってことはエキスも出まくりってこと。
こだわりの醤油に鶏ベース、昆布と煮干し、それらがダイレクトに詰まった一口。
煮干しのインパクトが当然ながら強いが、醤油も醤油、こだわっているだけのことはあって、しょっぱさとまろやかさが混在する。
オレは醤油舐めながら酒が飲めるくらい醤油が好きなので、これだけの煮干しラーメンだけどむしろ、醤油のこだわり、美味い醤油が味わえたのが嬉しかったかも。
さらに麺も超好み。
立川から経費削減で電車輸送しているという太めの平打ち縮れ麺はコシも歯応えも固すぎず強すぎずで最高の按配。
さらにはイタリアンで言うところのフェットチーネ?うどんで言うところのきしめん?いや、それ以上。
対抗できるのは「すずらん」くらいの平打ち、いったんも麺がまた遊び心も楽しいんだけど、普通に美味い。
スープ、麺ともに超タイプのラーメン、美味しゅうございました。

さすがにゴールデン街のお店、独特の雰囲気がある。
あまりお店の人と会話とかしないタイプなんだけど、静かな店内でその時間は客も少なめだったので出際に話し掛けられたので、ホントに美味しかったという思いを伝えてみた。
当たり前だけど、ごちそうさま、だけじゃなくて美味しかったって言うのもすごく気持ちがいいことだって気がついた。
今度は夜に行ってみようと思う。
by blue-red-cherry | 2009-01-23 01:55 | ラーメン
<< 鶏とキャベツの辛味噌煮込み 王道楽土 >>