味噌麺処 花道

c0025217_9331675.jpg

金曜はまさかの西武新宿線、ラーメン店はしごランチ。
今現在、もっとも注目を集めるお店のうちの2店を攻めた。
まずは野方の「味噌麺処 花道」
午後イチに止むはずの雨がしとしと降る中、開店1時間前の10時半には到着し、混雑する昼の部限定の整理券をゲットして指定された時間に戻る。
確かにお店が密集する商店街、この配慮は地元の人にとっても、お店にとっても、客にとっても良かったのでは。

c0025217_936236.jpg
c0025217_9361297.jpg
c0025217_9362020.jpg
c0025217_9362867.jpg
c0025217_9363568.jpg

「中本」で修行したという経歴を持つ店主。
否応にも期待は高まる。
辛さは三段階、ノーマルに辛味噌、激辛は番長というネーミング。
まずは様子見、ということで辛味をチョイスしてみた。
「中本」で修行、の名に恥じない辛味と旨味の共存、期待以上だ。
痺れたりむせたりするほどの強烈な辛さではないが、しっかり汗をかけるくらいのピリ辛感があり、その後やはり「中本」のそれがそうであるように強烈な旨味成分が襲ってくる。
飲み口ははやりの「くるり」や「ど・みそ」のように背脂どっさりということでもないのでさらりとしているが、それでもしっかり味噌のコクが感じられる。
麺は丸みを帯びた中太ストレート。
美しい。
これまたスムースな喉越しながらしっかりとしたコシが堪能できる。
味噌ならではの野菜炒めはその香ばしさで食欲を増進させ、固めに茹でられた食感がアクセントに。
角煮を思わせるサイズの煮豚調のチャーシューも柔らかく、ジューシーで、脂身が溶けていくような食感が味噌とマッチする。
同行者が頼んだ味噌ラーメンも一口いただく。
辛味が取れた分、かなーりマイルドな印象。
一口ではなんともいえないが、このお店では辛味以降がオススメな気がする。

柔らかさ、優しさの中に確固たる芯がある。
一過性のブームじゃなくて、長く愛されそうな安心感があるお店。
たぶん激辛の番長もいけそう。
近かったら相当通いたいレベルのお店だった。
by blue-red-cherry | 2009-01-24 09:46 | ラーメン
<< 麺や 七彩 東京ドロンパ >>