麺や 七彩

c0025217_106410.jpg

西武新宿線ラーメンはしご旅、2軒目は都立家政の「麺や 七彩」
いわずとしれた人気急上昇の超注目店。
「花道」から30分くらい、12時くらいに行ってみると確かに行列、そしてここでも配られた整理券。
整理券を受け取り、30分後にまた訪ねた。

c0025217_1075198.jpg
c0025217_1075863.jpg
c0025217_10852.jpg

濃厚魚介全盛、ブームは味噌のこのご時世に喜多方ラーメンのエッセンスを売りに颯爽と登場した「七彩」。
喜多方といえば「坂内」「小法師」しか思い浮かばないオレにとっては、入店直後に襲ってきた強烈な煮干しの香りにいきなり裏切られる。
喜多方ながらも無化調なスープは強烈に煮干しの香る、鶏がら醤油スープ。
店内を見回せば醤油や塩、ラーメンに使っているこだわりの逸品がところ狭しと並んでいる。
なるほど、無化調でありながらパンチ力充分なこの醤油スープ、各地のこだわり食材の味がこれでもか、というほどに染み出ている。
薄ピンクに染まったチャーシューはルックスの良さだけではなく、しっとり締まった身が客を選ばない出来。
メンマ、じゃなくて茎わかめみたいなあれ、なんなんだろう。
クセになる味だった。
シンプルな具もそれぞれハイクオリティなんだが、なんといっても麺。
今回は限定20食、醤油ラーメンをベースに麺がややイレギュラーな手切り麺にありつけた。
同行者のノーマルな醤油ラーメンに比べるとやや平打ち感が強まってるのかな。
目の前で強く揉みこまれた麺は独特のウェーブが生まれ、厚みはそれほどないものの、うどんにも似た小麦強く香る食べ応え。
長め(確かそこにもこだわりが)の麺をプチプチと噛み切っていく感覚が楽しい。
繊細なスープに豪快な麺、恐れいったのバランスだ。

「花道」でスープ我慢した甲斐あって、ノーマル150㌘の麺は美味しく食べられた。
意外にいけるな、連食も。
むしろ「二郎」一杯食べたほうがキツイってどんだけ。
「七彩」だが、ほかのメニューも鶏白湯つけめんを筆頭に気になるものばかり。
夜営業の味噌ラーメン専門も気になる。
野方~都立家政、あつーい。
by blue-red-cherry | 2009-01-24 10:17 | ラーメン
<< ジャーマンポテト 味噌麺処 花道 >>