天空

水曜は午前から後輩と一緒のアポで三田へ。
昼前だったのでランチに二郎本店デビューをひそかに狙ってたんだが、後輩まさかの二郎嫌い。
世の中に二郎嫌いな人なんているんだって一瞬でも思ったオレもオレだ。
で、適当に携帯で調べたらやたら評価が高い「天空」へ。
ここは以前来たことがあるのを覚えていたし、あまりインパクトを得ていなかったが、評判の良さからして何か変わったことを期待して行ってみた。

c0025217_24004.jpg
c0025217_2401376.jpg
c0025217_2402440.jpg

正午前だが決して狭くない店内は満席、並びも結構な数。
なるほど、人気店のご様子。
券売機を見る限り、以前とメニューの変更はないようだ。
何を頼んだかすらも覚えてなかったが、きっと初回だからオーソドックスなのを頼んだはず。
メニューの字面でオリジナリティを探し、桜海老つけ麺を選んだ。
酸味+甘味+旨味のつけ麺のティピカルな構成要素をうまくブレンドしたつけ汁は、系統からして「やすべえ」系?
刻み玉ねぎとかけずり節がフリーだからそう感じるのかな。
いや、そんなことはない、三味一体のスタイルは資本系つけめんを感じる。
しかし主役は桜海老。
このベースの上に桜海老がどっさり散らされ、そこから出る塩気が確かに桜海老のそれで、味わい深い。
このチョイスは正解だった。
意外に具はブロックチャーシューもメンマも量多めで、楽しめる。
そういえば麺が大中小、盛りの量を選べるのも「やすべえ」に通ずる。
中太で表面が光り輝くルックスも近しいものがある。
いかんせんつけ汁があまり熱くないため、量を多くしたときのヌルまり方も結構激しい。
スープ割りで温かさを取り戻せてよかった。

次こそ三田二郎。
他意はない。
by blue-red-cherry | 2009-02-05 02:50 | ラーメン
<< 鶏肉と椎茸のトマトソーススパゲティ 恵方巻き >>