レイノヤツ~SAG DOWN PARTY~


SD JUNKSTAの新曲、「レイノヤツ~SAG DOWN PARTY~」があつーい。
今のところ(ってまだ2月ですが)2009年のマイクリレー・オブ・ザ・イヤー候補筆頭。

一番手決める先頭のバッターは、安定しない危うさこそが最大の魅力であるワックス。
抑え目に淡々と、宇多丸が言うところの小声ハードコア(だったかな?)系に刻むサイト。
オジバーが弾むトラックに合わせてキッチリスタンダードに乗りこなしてくれば、KYNは正反対の崩したグルーブでフロウする。
PIT-Cの怪しすぎるフックのあとはBRON-K、TKC、ノリキヨと、ソロ作でプロップを得たクリーンナップが期待通りのヴァースを聴かせ、最後はSDPニューカマーのデフロ。
既に地下ではそのスキルで名の知れた存在だったデフロだけど、このビデオ見る限り、間違いなくその面構えがSDPの層を厚くし、集団芸の質をグっと上げてると思う。
そしてこの個性派を受け止める、ブレーカー対応の超速ブレークビーツはジャジーな音色で音楽的な完成度にも抜かりないI-DeAビーツ。
ハマる。

00年前後でいう、ニトロとかシンクタンクあたりに通ずる勢い、危うさ、確かなスキルに強烈なキャラクター。
ソロ活動もだいぶ温まってきたことだし、今年はクルーでがっつりボムを落とされそうだぜ。
by blue-red-cherry | 2009-02-10 19:40 | 音楽
<< モスバーガー 麺処 井の庄 >>