葉月

c0025217_2335563.jpg

いよいよ引っ越しですわ。
実家を出て初めてのひとり暮らしが今のところ。
2006年の初春の入居だから丸3年弱ってとこか。
いやあ、感慨深い…って浸ってる場合じゃない。
なぜならまだ準備が終わってないorz。
というわけでさっさとこの最後の晩餐の記録だけして、今こうして書いてるPCも梱包せねばならないのだ。
引っ越し準備でそそくさと会社を出た今日、もちろん締めは「葉月」に行ってきた。
今生の別れ、とまでは言わないが、当分行けないだろうし。

c0025217_23383345.jpg
c0025217_23384769.jpg
c0025217_2339061.jpg
c0025217_23391796.jpg
c0025217_23393185.jpg
c0025217_23394056.jpg

いまだ食べたことのない秋冬限定メニュー、マリナラらーめんを頼んでみた。
とりあえずコンプってことで。
食い意地と後悔したくないモードがダブルで発動して、餃子も初めて頼んでみた。
マリナラらーめん、イタリアンに由来するというネーミングのとおり、トマトスープのラーメンだ。
パスタにも使われる粉を使ってるわけだし、パスタに負けないコシや歯応え、喉越しを持つ「葉月」の麺ならばトマトスープとの相性が悪いわけない。
そのトマトスープ、多種の野菜を煮込んで作ったとあったが、ベースは「葉月」印のダブル。
野菜から出る甘味とトマトの酸味に、ダブルだしの濃厚な旨味が混ざり合い、ガツンとくる味を実現している。
「葉月」のメニューは何食べてもがっかりしない、力強い味がある。
粘度も高めで、最終的にはポタージュスープのようにいろんなエキスが浮き出てきて、当然飲み干した。
前後するが、相変わらずのチャーシュー、メンマ、この辺が合っちゃうあたり、ただのトマトスープではなくラーメンのトマトスープとして成り立っていることを表している。
パルメザンやタバスコで味の変化も楽しめるし、鶏そばやだしあつほど騒がれていないが、これもさすがのクオリティ。
餃子は「葉月」クオリティに期待が大きすぎたが、思ったより普通。
普通に美味しかった、ってとこ。

やっぱり「葉月」はいいっすわ。
ちょっと離れちゃうけど、また来るね(はぁと)。


というわけで、明日は更新しないかも。
次回は新居、東京のフラッグがはためく街より更新します~。
ありがとう、フリーダムヒルズ!
by blue-red-cherry | 2009-02-12 23:46 | ラーメン
<< ジョナサン 京鼎樓 恵比寿本店 >>