RED NAKED

c0025217_22355024.jpg

久々にメジャー感のある日本語ラップアルバム。
今いちばん勢いとプロップのあるフィメールラッパー・コマチのメジャーデビューアルバム「RED NAKED」はメジャーから発売するに相応しい煌びやかさと、メジャーのメイン顧客であろう、ヒップホップ村の外の音楽好きでも聴きうる内容に仕上がっている。

根っこにあってぶれない軸となっているのがヒップホップ。
スタイルももちろんヒップホップがベース(ライムにフロウ、ラップであったり、ループとサンプリングと打ち込みで組まれるブレークビーツだったり)。
だが聴かせ方はより多くの人を相手取り、ポップスに歩み寄ったり、いや良質のポップスとして昇華しているといったほうが正しいか、意図された聴きやすさが感じられる。
ヒップホップ界隈での高い評価はその点に寄ったものが多いだろうし、だからこそ村の外、ポップスのフィールド(もしくはその手前、ダンスミュージック)での評価が楽しみではある。


name tag (C-O-M-A-C-H-I)

お約束のオレがオレがなセルフボースト攻めの曲は名刺代わりの「name tag (C-O-M-A-C-H-I)」くらい。
電子音鳴らしながらグッドオールドデイズを思わせるフューチャーレトロなサウンドはジャジスポ印、ミツザビーツならではの完成度で、軽快なオケの上で「卑屈な奴らが2ちゃんでペラペラ」「姿隠し一人またあたしでオナニー」と強さを見せ、「スキルと実力で名前売って represent」と出自を高らかにアナウンスと、これでもかっというヒップホップエレメンツの詰め込み度。
シリアスな未来を想起させるデジタルサウンドに荘厳なストリングスでフックを演出する「秘密」で歌われている、コマチの内に秘めたメッセージは社会にレジストするPEの魂を感じるし、メークにファッション、メンズにはちと難しいガールズトークでエレクトロブレークを乗りこなす「girls!girls!」ではフィメールラッパーなら当たり前の女子レペゼン。
DABO氏への憧れをすでに表明しているコマチだけど女版スニーカーピンプとも呼べる「me & my Kicks」もBガール的には欠かせない要素だろう。
こんな感じでテーマだったりやり方だったり、ヒップホップでは欠かせない要素やスタイルはしっかり抑えられている。
歌い方に工夫が見える。
ラップのスタイルがダメレコ時代の音源に比べるとグっと聴きやすい。
一語一語がはっきりと聞き取れる発音のよさは、ともすると耳に迫りすぎてねっとりしつこいくらい。
でもきっとボソボソとつぶやいたり、勢い任せにガナったりするよりははるかに聴きやすい。
譲らない、迎合しないで広げていく。
フィメールという、ラップのジャンルではまだまだ特異な存在ゆえに可能とされた部分も少なからずあるが、しっかりできている基本、それがあるからできる分かりやすいラップソング。
ここにヒントは少なからず、あるのかもしれない(ってクレバとかそうなんだろうけど)。


Perfect Angel

それと、歌出身ってのも強い。
7割方歌モノの美メロラブソング「Perfect Angel」なんかは、歌パートでも所謂和製ディーヴァな方々に勝るとも劣らない歌唱力を披露している。
完全にMステいける仕様。
ポジティブな正統派ヒップホップ+R&Bの「Beautiful day」はもっと彼女のスキルが生かされている。
フックの歌とヴァースのスタンダードなラップのほかに、ラップと歌の中間的な歌うようにライムするフロウ、これもお手の物。
フックだけではなくヴァースにもメロの要素を取り込んだ、アルバム中でも1、2を争う気持ちよさが味わえる。
逆に「doowutchyalike」なんかは英語によるフックの歌詞に倍速の速射ラップでシンコペビートを乗りこなして、と、米国産のヒップホップにも負けない現行型のヒップホップR&Bオリエンテッドな曲になっている。
どれもこれも歌唱力と、引き出し多いラップスタイルがなければできない。
ラッパーとしてもシンガーとしても、恐ろしく基礎体力が高い。


NAME TAG / 東京非行少女

個人的なお気に入りはこの3曲。
今ドキ女子のバッキンザデイをねっとりとラップした「東京非行少女」
時代感のない、新しくも古くもない感じが90年代後半から00年代の空気感とマッチしているワタライビーツもナイス。
明るく強くて前向きなコマチ嬢はいろんな角度でこのアルバムで描かれているが、ツラめな過去を歌った異色の「自傷症ガール don’t cry」も味わい深い。
ミツザビーツが本領発揮しているジャジーなトラック、抑え目のラップ、重ねて作ったブルージーなヴォーカル。
キラキラなアルバムの世界観でダントツ夜な雰囲気が好き(終盤で希望の光が…と思わずにはいられない暖かピアノループへの流れも素晴らしい)。
あとは多聞に流行りの影響ありありだけど、四つ打ちダンスナンバー「material world」ね。
第一印象は巧い。
大沢伸一とかFPM周辺とか、あの辺でやっても全然いけるんだろうなっていう出張り過ぎないヴォーカル、器用なラップ、いろんな人に好かれそうだし、オシャレコンピとかに入ってても遜色ないと思う(ヴィレッジ・バンガードでかかってても違和感ない)。

出し切った感がある。
確かに「Day Before Blue」みたいな深度を感じるヒップホップアルバム、という側面は薄れているが、ラップ力は絶対に高まってるし、何より音楽性は格段に増している。
L-VOKALのアルバムでも感じたけど、まずはメジャーでやるということの意味、メジャーに出しうる作品ってのを考えて作られている。
だから出し惜しみしてないし、逆にオレはワタシはこんだけできるぜ!ってのが高らかに宣言されている。
これがあれば次、どんな方向にもいけるんじゃないかな。
より歌モノテイストを増していくもよし、さらにラップとの融合を昇華させていくもよし(オレはこれ希望だけど)、ラップに揺り戻してヒップホップ代表として戦ってくれてもいいし。
単純にこのアルバム自体もこれだけ書くくらいだから相当楽しめてるんだけど、こっから先の楽しみのほうが大きいかな。
Yes yes ya’ll, you don’t stop, keep on, keep on…
by blue-red-cherry | 2009-02-16 22:42 | 音楽
<< 蒙古タンメン中本 目黒店 豚肉とキャベツのカレー炒めと生... >>