蒙古タンメン中本 目黒店

再び「中本」へ。
月曜の「中本」が定番化しそうな勢い。
だってテンション上がるしすっきりするんだもーん。

c0025217_1137845.jpg
c0025217_11371622.jpg
c0025217_11372684.jpg
c0025217_11373494.jpg

食べよう食べようと思ってた冷やし味噌のフルサイズにチャレンジ。
北極が辛さ度9で冷やし味噌は10。
どっちもハーフサイズでは食べれたんだけど、フルサイズになると話は別。
あまり麻婆豆腐には固執してなかったんだけど、ここまでくると蒙古がないのも寂しくって定食つき。
まずは定食、麻婆をご飯に乗っけて食べる。
これが激辛へのウォームアップ。
もはやこの程度の辛さ(からさ)に辛さ(つらさ)は感じず、辛ウマなんだけど美味い美味いの部分しか感じない。

c0025217_11374449.jpg
c0025217_1137545.jpg
c0025217_1138277.jpg
c0025217_11381131.jpg
c0025217_11381978.jpg
c0025217_11382814.jpg

続けて主役の冷やし味噌が登場。
赤いねえ。
プンプン香るカプサイシンにアドレナリン大放出、口から喉を通って胃に向かうんだけど、刺激は舌から脳にダイレクト。
冷やしとはいえ熱々真っ赤なつけ汁は地獄の釜を彷彿とさせてくれるが、中本ヘッズにはまさに天国。
もちもちの麺を序盤、ズズっといっちゃうとむせちゃうので、ダサいけどぼそぼそ切りながら食べる。
辛ウマの最高峰を堪能する。
脳への刺激が効いてきたころには舌も慣れ、がっつり啜って食べる。
たまにシャキシャキのもやしを混ぜつつ、坊主頭にガンガン汗をかきかき、うーんキモチイイ。
さすがに飲み干せない冷やし味噌スープを定食の残りにぶっかけて啜る。
飽き足らずにスープを飲む、が飲み干せず(というか自粛)。

c0025217_11383951.jpg

冷やし味噌は確かに辛さ度10なんだけど、猫舌のオレからするとたぶん北極は12くらいに感じるんだろうな。
さすがに久しぶりに若干胃腸にクるものはあったが、無事立派な形でリリースできたし、ホントに耐性ついたもんだ。
by blue-red-cherry | 2009-02-17 11:40 | ラーメン
<< 肉厚豚肉のしょうが焼き RED NAKED >>