麺屋宗&SOU 中目黒店

c0025217_10135166.jpg

旧家と呼ぶのが正しいのかどうかはわからないが、引越し前の家の鍵を帰してきた。
ついでに世田谷区からの転出届けももらってきた。
Anything goes.
だけど折からの歯医者での治療はいまだ終っておらず、今更罹りつけを帰る気には到底ならず、しばらくは通うことになりそうだ。
昨日も足を運んでて、せっかく来たし水曜鶏そばデーだし「葉月」行こうかとも思ったんだけど、行こう行こうと思ってなかなか行けてない「麺屋宗&SOU」を優先。
高田馬場店は未食だが、2月オープンの中目店も評判は悪くない。
社会人デビュー時の仕事で足しげく通った懐かしの山手通り沿い。

c0025217_1014261.jpg
c0025217_10141185.jpg
c0025217_10141829.jpg
c0025217_101426100.jpg
c0025217_10143440.jpg
c0025217_10144345.jpg

塩も醤油も、ラーメンもつけ麺も、どれも美味いですよ、評判いいですよ、な店が最近増えてきて困る。
同じ店にそう何回も通えないことが多かったりするので、一発目のメニュー選びが重要なんだよね。
せっかくだからって全部乗せにすることが多いんだけど、ここは一番人気のPOPがあったので地鶏味玉そばをオーダー。
これは焙煎塩そばとベースのスープは一緒なのかな?
微妙に違いそう…だったらそっちも食べないと…。
鶏ベースのすっきり塩スープ。
見た目どおりの丁寧な味わいだが、この手のスープで感じがちな物足りなさ、薄さみたいなのはない。
きっちり鶏だしの旨味が出ているし、塩味も割りとパンチがある。
ゴクゴク飲みたくなるタイプ。
麺は中細で、若干柔らかめ、コシや食感よりもつるりと入っていく喉越しで楽しむタイプか。
穂先メンマ、水菜、糸唐辛子といった具はあくまでスープの味を活かし活かされるアクセント。
主張があるのは炙られたチャーシューで、この上ない香ばしさを漂わせながら食感と肉の旨味はレアっぽさを感じるという凝った作り。
このチャーシューがスープに次ぐインパクトだったので、次はチャーシューメン相当の炙り焼トンそばかな。

思ってたよりだいぶ好きな部類のお店。
多く語られる柳宗理の親戚繋がりということで実現しているオサレな内観も嫌味な感じはしないし、好感度高い。
ただ、12時台なのにあとあと埋まってきたとはいえ、一瞬客がオレ一人になったりして。
立地もベストとはいえないし、名店だからとはいえ意外と早く(ry
そんな残念なことが起こらないことを祈りつつ、デフォメニュー制覇くらいはしたいなと思ってます。
by blue-red-cherry | 2009-02-19 10:15 | ラーメン
<< 鶏むね肉の塩炒めときんぴらごぼう 魔王 >>