蒙古タンメン中本 目黒店

馬鹿馬鹿しい話をひとつ。
週明けからとっても寒かった月曜日、久々にヒートテックの封印を解き、ヒートテックにロンT、さらにセーター、アウターという重装備で出勤した。
とどめにヒートテック+「中本」で午後に備えたわけだが、ヒートテック+カプサイシンの組み合わせは強力で、赤い汁が跳ねるのを恐れてセーターを脱いでも止まらない汗。
すっかり温まって大満足で目黒から歩くこと15分、恵比寿に着いて、セーターを忘れたことに気付く。
温まりすぎ、ってどんだけー。
というわけで忘れてきたセーターを取りに、まさかの2日連荘で「中本」

c0025217_5432611.jpg
c0025217_5433155.jpg
c0025217_5433719.jpg
c0025217_5434437.jpg
c0025217_5434929.jpg

注文と同時に無事にセーターを回収し、ここには書いてなかった定番中の定番、蒙古タンメンを食べた。
連荘なので辛くないのにしようかとも思ったんだけど、蒙古タンメンはもはや、辛くないほうの部類なのよ。
麻婆大盛り、野菜大盛りのコールが響く中、デフォの蒙古タンメン。
麻婆と野菜の部分が50/50なスープを飲むと、辛ウマのウマの部分、ミソスープの美味さを改めて感じることができる。
この組み合わせでは辛のほうを担う麻婆だけど、こっちからもウマの要素はひしひしと感じる。
麻婆豆腐という料理にあまり興味がなかったが、ここにきたら麻婆がないと寂しい域に達しつつある。
所謂山椒と挽き肉と、っていう中華の麻婆豆腐とはまったく別物だし。
カタメコールで力強さが増した太麺も美味い。

ひとつ分かったことは、毎日でも食えるってことだww
by blue-red-cherry | 2009-02-25 05:49 | ラーメン
<< アーセナル×ローマ UEFAチ... 火種 >>