ローストポークと肉味噌スープ

週末料理、以前からやりたかったことを実現させる。
炊飯器鶏ならぬ炊飯器豚。
バンバンジー的に食べることをイメージしてたので、冷えないように温かいものを、とラーメンスープをイメージした味噌スープもプラス。
平日はスーパーにいかなくなってしまったんだが、新居近くの価格は本当に安い。
100㌘100円切る肩ブロック、値段に見合わない美味さでバッチリだった。
フル活用したい、スーパー通いの主夫になりたい…。

c0025217_17172948.jpg
c0025217_17173940.jpg
c0025217_17175545.jpg
c0025217_1718616.jpg
c0025217_1718136.jpg
c0025217_17182069.jpg

炊飯器鶏と同様に炊飯器に豚ブロックをイン、被さる程度の熱湯をかけてしょうがのすりおろしや塩コショウ、ウマ調を入れて閉じ込めて保温。
数時間寝かせれば、いろいろスパイスと豚のエキスのおかげで中華で薬膳な香りが漂う。
ねぎときゅうりを刻んで敷いたお皿に乗せればバンバンジー風に。
ひとくちかじってみると、うん、しっとりジューシー、ローストポークやん!
思ったよりも上品な仕上がりに大満足。
ただし例によってエキスは出きってしまっているのでそれ自体の味は弱い。
補うためにたれも作成。
こちらは多量のごま油に塩コショウ、ウマ調、にんにくを一片絞り、若干酢で酸味をつけたご飯が進み、酒のつまみとしても最適なたれ。
食感、たんぱくな旨味が最高なローストポークに旨味濃い目なたれ、ベストマッチ。
スープもよくできた。
豚を数時間、しょうがや塩コショウでしっかり蒸し煮したベースに味噌を溶かし鶏がらも混ぜ、肉野菜炒めをあと入れしたスープ、まずいわけがない。
そのまま中華麺でそこそこ美味いラーメンいけそうなクオリティになった。
そのまま食べても充分美味しかったんだが、であれば辛ウマもいけんじゃねえかと、唐辛子とラー油を大量投入して目指せ「中本」クオリティ。
おお、家で汗かける辛さ、それにベースの旨味。
これは肉の部分で時間をかけた成果だね。

休日しか料理できそうもないので、できるときはしっかりやりたい。
作るたびにそう思う。
でも来週からは忙しいからなー。
by blue-red-cherry | 2009-03-02 17:18 |
<< 濃厚中華そば・つけ麺 なおじ 玉子チャーハン >>