濃厚中華そば・つけ麺 なおじ

c0025217_10255124.jpg

マンデー「中本」を予定変更、目黒は権之助坂の新店「濃厚中華そば・つけ麺 なおじ」に行ってきた。
というのも、午前中は歯医者に通院、昨年抜歯した箇所に入れ歯(orz)を装着するというミッションを終えてきたばかりだったため。
あまり関係ないんだけど、入れ歯をいきなり真っ赤な地獄池に浸すのもはばかられたので、ね。

c0025217_1026128.jpg
c0025217_1026102.jpg
c0025217_10261791.jpg
c0025217_10262620.jpg
c0025217_10263657.jpg
c0025217_10264537.jpg

新潟の名店の東京進出らしく、先日のオープン来、評判がいい。
豚骨、鶏がら、どちらもがっつりエキスを絞りだした濃厚なスープに魚介のだしを加えたダブルスープ。
素材にこだわった無化調仕上げだ。
一見して分かる粘度。
実際れんげを浸してみるとそのとろみ、まさに濃厚中華そば。
味のほうは搾り出されたエキス、という感じでじんわり来る動物の香りとコク、表面的な醤油の尖りなどは抑え気味。
無化調ということもあり、塩気は控えめ、舌で即感じるような味はやや弱いか。
飲み進めればより味わい深くなる動物と魚介のミックス。
米粉が練られたという麺、こちらは中太、コシが強く食べ応えあり。
とろとろスープの絡めとり具合に相性の良さを感じさせる。
煮豚調のチャーシューがほどよい塩気とたっぷり豚の旨味を閉じ込めており、美味い。
味玉も玉子の素材を活かした味付けで、濃厚スープにくぐらせて食べるに相応しい。

完成度高いって感じ。
個人的にはウマ調大好きなので若干の物足りなさを覚えたのも事実。
とろみが出すぎて搾り出した素材の旨味が丸まっちゃった印象。
まあ豚を抽出するとああいう感じになるよね。
スープにしろ、醤油にしろ、ちょっとの加減でいろいろ変化が出そう。
by blue-red-cherry | 2009-03-03 10:27 | ラーメン
<< ピーマンの肉詰め ローストポークと肉味噌スープ >>