らぁめん大山 神田店

c0025217_10271716.jpg

ちょっと離れた都営新宿線某駅での所用を済ませた金曜の昼、10分強歩いて歩いて神田小川町、「らぁめん大山」に行ってみた。
かなり興味のあったお店。
ちなみに大山はたいざん、と読む。

c0025217_10284070.jpg
c0025217_10284924.jpg
c0025217_10285620.jpg
c0025217_1029125.jpg
c0025217_1029739.jpg
c0025217_10291269.jpg
c0025217_10291876.jpg

見よ、この桜海老!
メインの具の桜海老だけでなく、だしやスープにも海老エキスがふんだんに使われており、どんぶりからは海老の香りがぷんぷんやってくるえび塩デラックス。
元々静岡は富士にあるお店で(もっと辿ると店主は二郎出身らしい)、今も駿河湾直送の桜海老を使ってるとのこと。
揚げ加減も抜群で、スープに浸してゆるくなり、逆にそこから出る油をスープに還元してコクとまろやかさを追加する、衣バランスも絶妙。
歯応えいいし、いい天ぷら屋でもなかなかお目にかかれないサイズと質を誇る。
してスープ、油の影響をあまり受けてないところを一口、透き通りながらも不足のない、ガツンとくるしょっぱさ。
このストレートな塩味だけで充分美味い。
ここに上の油が溶けてコクのある塩味になり、さらに無料トッピングしてくれるにんにくの深みが加わるともう味が何層にも連なり、違う旨味が次々味わえる。
多量に盛られたねぎの爽やかさは強めな味付けに対していい箸休めになり、柔らかく肉厚もあり脂身たっぷりなチャーシューは最高に好みのタイプ。
麺は2タイプ、平打ちと細麺からチョイスできるが、もちろん太麺スキーとしては平打ちをチョイス。
これまた食べ応えがある横幅と、喉越し抜群のつるしこ具合で文句なし。

なんだかんだで好きな要素ばかりだったのでかなり満足。
刺激が増したスパイシーえび塩デラックスaka神田デラックスはぜひ食べたい。
さらに近日登場予定となった山椒使いの麻婆麺もかなり気になる…。
by blue-red-cherry | 2009-03-14 10:36 |
<< 浦和レッズ×FC東京 J1第2節 モダンタイムス >>