麺匠 喜楽々

c0025217_2054432.jpg

埼玉スタジアムでの食事はイオンで調達しようかと思ってたんだが、前日いろいろ調べてたら、東川口の「喜楽々」という店にたどり着いた。
以前は「むさし坊」という屋号で営業していたそうで、ここを巣立った人が「七彩」やってたりと、ラ好き界隈でも評判がいい。

c0025217_2092013.jpg
c0025217_2092582.jpg
c0025217_2093185.jpg
c0025217_2093824.jpg

昨日はとにかく寒かったので、それに対する策としてもラーメン食べて向かうのは間違ってなかった。
昼どきだったがわずかな隙をつき、並ばずに入店できた。
その後は客足絶え間なく、ラッキーだったよう。
とにかくメニューが豊富で、さらに店前の黒板にあったように限定も積極的に作っているみたい。
こういうときは基本の、喜楽々らーめん。
鶏白湯と魚介のダブルスープ、あまり聞いたことがないかも。
運ばれてきた器を見ると、見た目は完全に鶏白湯のそれ。
表面が鶏油に覆われていることもあって、鶏の香りがぷんぷん漂う。
味もどちらかというと鶏優勢。
無化調ということでかなりあっさり、化調ジャンキーのオレにはちょっと足りない…と思ってたら、食べ進めていくうちに丼底の魚介も混ざってきて味がしっかりしてきた。
表面鶏で芯から魚介の味がするっていう。
作りが丁寧で全体的に優しい味わいなのは間違いない。
緑の部分を多く使ったねぎ、ねぎは焦がしもあったり、メンマがわりには山菜が。
アイデアもあるし、ベースの腕も確か、これはほかのメニューも食べたくなるなー。

味の面での優しさもあるけど、子連れに子連れ用のサービスしてたり、ホスピタリティーもよさげ。
さいスタにくる機会があったらほかのメニューも攻めたいな。
代表戦かな?
by blue-red-cherry | 2009-03-15 20:15 | ラーメン
<< マクドナルド ジョナサン >>