蒙古タンメン中本 目黒店

今週は行かずに終わるかと思われた「中本」だったが、春の陽気に誘われて目黒まで散歩、詰まり気味の頭をすっきりさせに、連休前の木曜、行ってきた。

c0025217_10111377.jpg
c0025217_1011153.jpg
c0025217_10111619.jpg
c0025217_10111863.jpg
c0025217_10111987.jpg
c0025217_10112055.jpg

冷やし味噌に定食。
いつもは定食、若干間を置いてメインの麺っという流れで出されることが多いが、今回はほぼ同時に出された。
まずはウォームアップで麻婆丼かした定食をかきこむ。
毎週来てるのになぜかちょっと久しぶりな気がしてたんだけど、定食からしてちょっといつもよりピリ辛。
豆腐が少なめだったのが寂しかったけど、いきなり辛ウマの洗礼を受ける。
ほぼほぼ完食してから冷やし味噌へ。
定食で思ったのが確信に変わった。
今日の目黒は辛い!
もう久々に辛かったね、冷やし味噌。
汗の出方がハンパないし、唇が食べてるそばから膨れ上がる。
それでも辛さが際立つ分、旨味もハンパじゃなくて序盤から中盤、2/3程度まではいけいけで食べる。
辛ければ辛いほど美味いのが「中本」。
しかし残り1/3に来て汗は尋常じゃないし、唇が2倍くらいになってしまい、ここで禁断の水。
もう水飲んだらヤバイのは知ってたんだけど、ここからは辛かった。
麺にヒヤミスープ、ちょこっとだけつけて食べる情けないバディマンスタイル。
それでもつけて食べちゃうあたりに辛ウマへの未練を感じる。
なんとか完食。

冷やし味噌はハーフでいいかもね。
氷を頬張りながら歩いたが全然収まらず、すぐのコンビニでコーラを買って歩いて恵比寿に戻る。
しかしなかなか落ち着かないのでガーデンプレイスを望む小さな公園でチル。
平日ながら子をあやすセレブリティーな上下スウェットの若奥様の姿を見ながら、平凡でもいいからオレもああやって、眩しい目をしながら子をあやす、しあわせになりたいと思った午後。
by blue-red-cherry | 2009-03-20 10:18 | ラーメン
<< 鶏手羽と大根の甘酢煮 ポークチャップ >>