FC東京×モンテディオ山形 J1第3節

c0025217_2153573.jpgc0025217_2154283.jpg

開幕連敗スタートとなった17位東京、第3節は3位の山形戦
チャレンジャー精神で迷いのないサッカーを展開している山形相手に苦戦も覚悟していたが、楽ではなかったとはいえまずまず、東京のサッカーが見せられたのではないだろうか。
まずは1勝、結果が欲しい試合で結果を出せたこと、それに勝る成果はない。

c0025217_2161158.jpgc0025217_216248.jpg
c0025217_2164038.jpgc0025217_2165141.jpg
c0025217_217065.jpgc0025217_217770.jpg
c0025217_2171795.jpgc0025217_2172727.jpg
c0025217_217404.jpgc0025217_217508.jpg
c0025217_218063.jpgc0025217_218713.jpg
c0025217_2182018.jpgc0025217_2182853.jpg

想定されたとおりの縦に早く、シンプルな山形の攻撃が東京の守りの意識を高め、守備から入る、いいときの立ち上がりが見られた。
結果も出ている長谷川は自信を持って東京のセンターに張ってきたが、空中戦ならば佐原、足元ならばモニ、と仕事をさせない。
確かにその体躯はなかなかのもので、いい形で入れば奪うことこそかなわなかったが、決定的なターン、ラストパスといったタスクはこなさせない。
グラウンドの外から見た意見をビシバシチームに投げかけていた佐原はやはり頼もしい。
ピッチに帰ってきても有言実行、空中戦を圧倒し、山形のロングボールを跳ね返しつづけることでチームを後ろから勇気付けた。
引き続き高い集中力を発揮しているモニのカバーリングも素晴らしい。
勢いをもって迫り来る山形の攻撃は一度跳ね返しても2次、3次攻撃が恐かったりするが、的確なカバーリングで危険の芽を摘んだ。
典型的なポストプレーヤーと、オールラウンダーのストライカー、この組み合わせに対してはベストなセンターのコンビの奮闘が攻撃陣のチャレンジを後押ししたのは間違いない。

センターの兄貴たちの頑張りに権田も答えた。
オフサイドにはなったが長谷川のエリア内での突進を体を張ってブロックした場面、キム・ドンヒョクのハーフボレーを弾き出したビッグセーブ。
チーム全体が守備意識高く戦っている中、決定機を防ぐことでここ2試合では見られなかった安定感、安心感を発揮した。
もともと安定したキックはさらに安定感を増し、縦横のフィードに対する処理も見違えた(というより持ってるものが普通に出せた、と見るべきか)。
結果が誰よりも如実に表れ、評価に直結するポジションだけに、この零封をいいきっかけにしてほしいところ。
やればできる、誰よりも本人が思っていて欲しい。

高い技術でボールをしっかり回してきた浦和に振り回された前の試合と比べるのはあまり意味を成さないが、それでも狙いを持った守備ができていたのは好印象。
楔、もしくはサイドから、長めのボールを主体にした山形の攻撃に対し守備ポイントはいくつかあった。
最終ラインの役目は楔、そしてクロスに対してフィニッシャーに仕事をさせないこと。
きっちりマークを外さないこととボールに厳しくいくこと、これは佐原を中心に体を張れていた。
もうひとつはボールホルダーへのケア。
アーリーも多用する相手に対し、石川、羽生、両のオフェンシブが出し惜しみなく前半から追い掛け回した。
この2人の動きをトリガーに梶山や今野、もしくはカボレ、平山、場所によっては両SBと、狙いを定めたプレッシングは追い詰め、奪うところまでの道筋が出来、幾度か数的有利な状態で高い位置で奪取、ショートカウンターという流れが作れた。
人数かけての囲い込み、という意味ではセンターバックと今野の関係もだいぶ改善された。
長谷川は頑張れるフォワードなので佐原やモニを背負ってもボールを収めてきたが、そこを挟んで奪うという形ができていたし、また、トップを追い越してエリアに侵入する中盤の動きにもしっかり対応できた。
ゾーンのブレなくマークもはっきりしていた最終ライン、運動量多く狙いどころはっきりとチェイシングできていた中盤の守り、どちらも奏効したのは最後に今野が奪う形。
奪う男・今野の片鱗は多少、戻ってきたように映る。
守備からしっかり入っていけると東京は、なにかとことがうまく運ぶケースが多い。
オープンでワイドなサッカーを志向した原トーキョー時代から、ムービングフットボールを掲げる今にいたるまで、攻撃と守備は表裏一体。
バランスを欠けばやられるし、まとまれば攻撃にもよい作用を生む。
開幕3戦で改めて思い知る。

c0025217_219241.jpgc0025217_219920.jpg
c0025217_2191922.jpgc0025217_2192656.jpg
c0025217_219365.jpgc0025217_2194383.jpg
c0025217_2195259.jpgc0025217_220428.jpg
c0025217_220145.jpgc0025217_2202179.jpg
c0025217_2203133.jpgc0025217_2203755.jpg
c0025217_2205069.jpgc0025217_2205833.jpg
c0025217_2211321.jpgc0025217_2212134.jpg
c0025217_2213274.jpgc0025217_2214012.jpg

守備のバランスがよくなったことはこの勝ち点3に大きく貢献したが、一方でキーマンの活躍があった。
全体的にみな頑張れていたが、上の守備でいえば佐原の存在は大きかったし、攻めてはなんといっても平山だ。
相対したレオナルドは高さ、パワーを兼ね備えた決して楽な相手ではなかったはずだが、制空権をほとんど掌握。
五分の厳しい競り合いに勝つ高さも力強かったが、むしろ競り合う前の体制作りで勝負を決し、あとは余裕すら漂うボール捌きやダイレクトプレーで的確に楔のボールを流していたのが印象的。
フォワードとして点が取れなかったことはマイナスポイントだが、それを補って余りある存在感を見せた。
今の東京の目指すサッカー、中央で起点を作りそのまま突破、もしくは中央にバランスを寄せてサイドを使う、どちらもボールを動かして人の動きで変化をつけるサッカーだが、これをやるには中央に確固たる軸がなくてはならない。
羽生や石川がいかにワイドに裏にダイナミックに動こうと、相手の守備がターゲットに寄らなければ裏のスペースは生まれないし、ボールがトップに収まらなければ中盤の選手が前を向いてプレーするチャンスも増えてこない。
開幕前の評判どおりかなり体にキレがあった平山は、ゴールに背を向けてのプレーが100点だっただけではなく、ターンやはたいてからのポジショニングの判断もよく、特に左サイド、長友との絡みはきわどいチャンスをいくつも演出した。
唯一の預けどころとして負荷が頂点に達していた梶山のタスクも軽減し、石川や羽生、なによりカボレ、スピードある選手の前向きのプレーを誘発。
彼の献身が再び城福東京のムービングスイッチを動かした。
ここは相手ありきではなく、人もボールも動かしたいのならば、平山は外せないチョイスなんじゃないかな。

平山と絶妙の絡みを見せた長友も開幕2戦の悩みきった姿がウソのように吹っ切れた動き。
受けるのではなく奪いにいく守備、奪えば前へ、思い切りの良さは、長く、速く、多く走れる運動量を存分に輝かせた。
守から攻へのスイッチとしても躍動したが、よかったのは遅攻時の意欲的な動き。
すべての時間がムービングできてたわけではなく、平山ともどもオフェンス陣がみな山形最終ラインに吸収されてしまう時間帯もあったが、そんなときに猛然と相手ディフェンスをひきつける長友の動きが停滞を破る場面があった。
積極的にフィニッシュにも絡み、振り切ったことで周りも見えたか、攻めてのバリエーションも増え、攻撃を活性化させた。
チームでの重要度が飛躍的に増しており、難しいチャレンジのシーズンだと思うが、何よりもまずは自分の持ってるものをすべて出す、すべてはその前提があってからでいいんじゃないかと。
迷わずいけよ、いけばわかるさ、ですよ。

1-0という結果をどうみるか。
羽生のゴールは実に見事、石川の守備から長友、カボレ、羽生、速く力強いショートカウンターだった。
差し込まれながらも足裏コントロールで狙いすましたシュート。
もっともっとフィニッシュに絡んでほしいね、羽生は。
前半2度の決定機をフイにしてしまったカボレ。
エースにはあそこ、しっかり決めてもらわないと。
やっぱりカボレは簡単なシュート、入らないんだよなあ。
まああそこまでいけてること、マーカーを寄せられていること、最後のフィニッシュは個人の問題なのでここはあまり心配しても仕方ない。
先制してしばらくしてから、残り20分あたりの山形の攻勢はしんどかった。
それでも正攻法できてくれた山形に対しては徐々に耐性もできてただろうし、ギリギリで守れたが、チーム全体の運動量が落ちたあの時間帯、ああいう下がらされ方がいつも続くようだとしんどい。
相当頑張ってたので平山がスタミナ切れするのは仕方ないところもあるが、代わりがいないのが現実。
であればあのタイプではなく思い切ってスピード系で裏狙いまくるってパターンも考え得るか。
実際達也はいつもどおりかき回してくれたし、祐介の直線的な動きは圧力になっていたかもしれない。
チームとしてとにかく守る、というはっきりした意思表示ができれば耐えに耐えまくるのも悪くない。
シーズン初勝利をかけたクローズの時間帯、非常に緊迫した場面で高卒ルーキーとして初出場を果たした米本は、自分の役割をしっかり意識できていたね。
中途半端なプレーが命取りとなる状況で徹底したセーフティーファーストのプレーぶり。
城福さんが信頼を持って送り出すのも頷ける仕事をした。
そして平山でいくらかは軽減した梶山頼みのサッカー、まだ彼なくして楔に鋭いボールが入るイメージ、彼なくしてサイドチェンジで急所を突くイメージは見えない。
理想は梶山全試合フル出場、フル稼働だが、そこに頼り切ってしまうリスクはデカイ。
ただ、奪う男・今ちゃんの割り切った輝きはそれはそれでありで、せっかく奪ってもオロオロしてる姿を見ると、奪ったらとにかく梶山に預けちゃいなYO!とアドバイスしたくなる自分もいる。
梶山問題への答えは梶山が出すのか、チームが出すのか。

c0025217_2215931.jpgc0025217_222982.jpg
c0025217_2222073.jpgc0025217_2222837.jpg
c0025217_2223837.jpgc0025217_2224922.jpg

こう振り返ってみるとまだまだ足りないところだらけだな。
多様な相手と組するリーグ戦、問われるのは適応能力かブレない地力か。
この試合では相手の長所と短所を踏まえた戦いという意味と、自分たちのポテンシャルを足元から再構築する、両方が見られた試合だった。
こうして積み上げてく部分と、対応していく部分、両輪でいかなければリーグを勝ち抜き、トップチームへ成長していくことはできない。
今日、華麗なパス回しで相手ディフェンスを崩す場面はほとんどなかった。
今日、両サイドバックを高い位置に置いての圧倒的なポゼッションで相手を圧す場面はほとんど見られなかった。
改めて果てしないチャレンジだな、と、これ以上ない嬉しさ満点の目の前の勝ち点3を手にしてつくづく、思う。
by blue-red-cherry | 2009-03-22 02:23 | FC東京
<< ローストポークと卵焼きと巻き物 アストン・ヴィラ×トッテナッム... >>