柏レイソル×FC東京 ナビスコカップ予選リーグ第1節

c0025217_15533683.jpgc0025217_15535961.jpg
c0025217_15541048.jpgc0025217_15542933.jpg

日立台への遠征ではいつも、間近に広がるフットボールの瞬間の迫力とそれを包み込む専用スタジアムの雰囲気を堪能しつつ、90分の東京の出来には落胆させられることが多い。
何年か前のシーズンでも確か、桜の開花次期に氷雨を浴びなかったっけ。
ナビスコ開幕、柏戦
春はまだか。

c0025217_15575010.jpgc0025217_1558071.jpg
c0025217_15581134.jpgc0025217_15582088.jpg
c0025217_15583221.jpgc0025217_15584125.jpg
c0025217_1558548.jpgc0025217_1559799.jpg
c0025217_15591881.jpgc0025217_15592930.jpg
c0025217_15594283.jpgc0025217_15595434.jpg
c0025217_1602576.jpgc0025217_1603461.jpg
c0025217_1604411.jpgc0025217_1605991.jpg
c0025217_161109.jpgc0025217_1612160.jpg
c0025217_1615625.jpgc0025217_162675.jpg
c0025217_1621726.jpgc0025217_1622712.jpg
c0025217_1623846.jpgc0025217_1624881.jpg
c0025217_163230.jpgc0025217_1631462.jpg
c0025217_1632974.jpgc0025217_163444.jpg

形がどうこうとか、そういう段階、問題ではない。
前半も、後半も、意味合いは違うけど。
繋ぐ繋がない、動く動かない以前にボールが取れない、持てない。
序盤からシンプル、チーム全体の意思が見える柏が攻勢に出る。
山根と鎌田の出足が非常によく、配給元である梶山と浄へのプレッシャーが強い。
最終ラインも強気のディフェンスで、2トップはおろか、石川や羽生へのプレッシャーも積極的に追い込んできた。
守備のほうでも相手の勢いを前に後手に回る。
石川と羽生がめまぐるしくポジションを替えたり、両者もボックスの陣形どおりに張るのではなく中での仕事をこなしていたのを見るに望んでいなかっただろうが、東京のボックスに対し柏のボックスはがっぷりよつに正対してきた。
上に書いたようにセンターはセンターを潰し、右の太田、左の大津、前目のハーフは左右それぞれのサイドを徹底して任せる。
その両サイドに対するマークが曖昧で、サイドバックもサイドハーフもつききれない。
かといって攻撃面で機先を制すような圧力もなく、縦に中に、たびたび突破を許す。
太田からは幾度も北島へのピンポイントクロスを上げられ肝を冷やし、大津は遅れてついてきた羽生のマークを振り切って先制弾のアシストを決められた。
両者ともに中への切り込みも有効で、今度はサイドバックとセンターバックの受け渡しにラグがある東京ディフェンスをかく乱、たびたびファウルを誘うキレがあった。
速いパス回しを前にすると、浦和戦の再現を見ているかのようで、人数はそろってるんだけどボールを追いかけるだけ。
ゾーンで守ってる意味がない。
ボールを持ってからの攻め方に課題を見出しているようだけど、まずボールを奪う回数の少なさ、ここに根深い問題が眠ってるような。

数少ないボール扱いにも厳しい課題が残る。
開幕からここまでほとんど見られなかったのもうなずけるひどさだったがのが最終ラインのボール回し。
あまりにも心もとない。
個々の足元の技術の問題に加え判断が遅い。
1人かわし2人かわし、と先を見越してならわからないでもないが、明らかに出しどころが見つからない、受けてから探し始めてるからその間に詰められる。
ひきつけておいて、という考えもできるがいかんせんパスのコースは甘いし、パススピードも遅い。
結果として預けられた佐原は蹴りたがりなので、単に前へ、という意味のロングフィードに終始してしまう。
もしくは苦し紛れの梶山頼みで、マークを引き連れてる梶山に預ける、もちろんそこは相手プレスの餌食だ。
これの何が問題かって、確かにパスサッカーのスタートとして後ろからのビルドアップ、または後ろがリトライするための受け皿になることは大事なんだけど、それ以上に落ち着けない。
ここで時間を使えない、プレッシャーを受けては蹴ってしまうので、例えば昨日の柏のようにシンプルで速いサッカーをやりたいチームのリズムに合わせてしまう。
ここがいちばんしんどいと思う。
パスサッカーを嗜好するならなおさらだけど、普通にやってく上でももう少しできないとまずい。
長友と今ちゃんを欠いたとはいえ、これで2バック、サイドバックがポゼッションに加わるサッカーができるとは到底思えないんだが。

意思統一ができていたのか、正直わからない。
ピッチが近い日立台だと、ボールを呼ぶ動きや、ボールを使ったプレー前後の仕草が結構目に付いたりする。
くり返される「そこじゃないんだよ」「ここだろ!」といったジェスチャー。
ミスパスの嵐だった梶山は特に顕著。
ただしその要求の振れ幅も大きく、速めのロングボールを要求したかと思えば自身のプレー時に顔を出さずに裏狙いのフォワードに受ける動きを要求したり。
梶山のプレー精度自体にも問題はあったけど、タイミング、コース、意識のズレがあるのは明白。
佐原の蹴りたがりもそうだし、交代で入ってきた赤嶺のロングフィードを煽る直線の動きだったり、とても繋いで崩す、もしくは人数かけて崩すイメージがあるとは思えなかった。
そもそも昨日は相手との力関係でやりたいことどころじゃなかった、すでにビハインドだった、いろんな状況があってのものだとは理解するが、立ち返るべきスタイルがないのは危険すぎる。
監督が常々自分たちのスタイルを声高に口にしている割りに、ピッチで描かれるものが、理想高く掲げているのだから一致しないまでも一向に輪郭すら見えてこないのがちょっと不安。

c0025217_1641040.jpgc0025217_1642465.jpg
c0025217_1644166.jpgc0025217_1645488.jpg
c0025217_1651620.jpgc0025217_1652896.jpg
c0025217_1654428.jpgc0025217_166862.jpg
c0025217_1662473.jpgc0025217_1663794.jpg
c0025217_1665085.jpgc0025217_167229.jpg
c0025217_1671551.jpgc0025217_1672918.jpg
c0025217_1674479.jpgc0025217_168061.jpg
c0025217_1681680.jpgc0025217_1682886.jpg
c0025217_1684214.jpgc0025217_1685814.jpg
c0025217_1691344.jpgc0025217_1693275.jpg

後半は趨勢こそ押し込んだ、ということになるんだろうけど、破れかぶれ。
シュート数20本を越えててもシュート打てコールが続くっていう。
前半に続き繋げないがゆえのロングボールが飛び交っただけに、その跳ね返りを狙った達也の動きはよかった。
それがあっての後半のシュート連発だったと思う(精度の低さはなあ)。
繋げないなら切り替えて、もう最初からそれやっちゃえばよかったのに。
平山とカボレにガンガン放り込んでセカンド狙って中盤でガチンコ勝負。
途中で退いていく羽生、つまらなそうな顔してたなあ。
モニと佐原がボール処理に被った場面とか、顔を覆いたくなった。
なんとかしよう、このままじゃ終われないっていう気合は感じた。
でもエンジンのかかり遅いし、みんなのベクトルがバラバラだし、うーん、ああいうチームの状況見るのツライ。

180度見方を変えてよかった点を探してみる。
石川は「中でのプレーも学びたい」みたいなことを言ってたけど、ボールの受け方、扱い方、裏でもらうだけじゃなくて楔のプレーもこなせてた。
前半立ち上がりは相手を背負いながらのターンにも冴えを見せ、走ってのスピードだけじゃなく敏捷性も活かせている。
浦和戦に続きクロスバーを直撃した中央でのミドルも見事だった。
キレてるだけにもっとチャンスを増やしたい、チームとして上手に使えるといいのだが。
あ、よかった点じゃないこと思い出しちゃった。
個人的には浄の扱いに不満があるんだよなあ。
縦への推進力として考えるならば長友や徳永に及ばないけど、サイドバックをビルドアップ、ポゼッションの起点として考えるなら浄の技術、展開力が絶対に活きると思う。
苦しい最終ラインのボール回しでも預けどころとして機能してくれるだろう。
センターでの起用にも疑問がある。
確かにシュアなポジショニング、気の利いた、ツボを抑えたプレーが効くこともあるんだけど、それ以上にレフティーの弊害が目に付く。
あの位置でレフティーなんて珍しくないんだけど、左切られちゃうと近距離のパスしか蹴らないし、何より持ち替えようとする分の遅れ、それで追い詰められる場面が目立つんだよな。
同じレフティーでも大竹は気合十分って感じだった。
背負っても前向いてもとにかくなんとかしてやろうって思いが伝わってきた。
もっと見たい、そう思わせてくれる。
ああ、やっぱあまりいいとこなかったな。

そういえば日立台にこだまする柏バカ一代やトラメガのショートコント、すごい収まりがいい。
ああいう文化は一朝一夕にできるものじゃない。
オフィシャルな選手紹介のBGMまで「3分クッキング」だもんな。
いつぞやのチームとサポーターがバラバラだった時期を思うと、感心する。
こういうのを見たくてスタジアムへ足を運ぶってことはあるよね。
かつての東京もそうだったと思う、かつて、の話だけど。
バクスタ住人が多くを語れるものじゃないですな。

c0025217_1695659.jpg

まあそのなんだ、あまり悲観的にはなりたくないですよ。
ナビスコは今年のレギュレーション、かなり厳しいから1/7、星を落としたのは痛いけど、リーグ戦に目を向ければ1勝2敗は中の下くらい。
まだ31試合もあるわけだし、厳しいとはいえナビスコだって6試合ある。
おそらく今より悪くなることは考えにくい(ゼロリセットした場合を除く)。
かといって楽観もできない。
楽しくなさそう、悩んでそう、そんな選手たちのプレーに心は動かないし、味スタを満員へ!の道のりも果てしなく遠い。
なんだろう、もうみんな言っちゃえばいいんじゃないかな。
みんながやりたいこと、監督がやりたいこと、全員が満足することなんてありえないだろうけど、少しでもうまくいくために。
サポも「大竹出せや!」とか、とりあえず言ってみるとか。
方針を変えることは後退でも停滞でもないと思う。
大切なのは意思を持って行うこと。
頭でっかちにならないで、楽しくいきたいっスなあ。

c0025217_16101234.jpg

さあ わらって。
そう そのほうがいい。
by blue-red-cherry | 2009-03-26 16:10 | FC東京
<< 赤魚のひらき 兎に角 >>