麺屋宗&SOU 中目黒店

木曜日はなぜか、朝から胃の調子が悪かったので「麺屋宗&SOU」へ。
胃が痛かったので(だったらラーメンやめろってのは野暮)、あっさり、落ち着いたテイストのラーメンを求めて。

c0025217_16471411.jpg
c0025217_1647205.jpg
c0025217_16472916.jpg
c0025217_16473542.jpg
c0025217_16474130.jpg

醤油つけ麺、MURASAKIと呼ぶらしい。
意味はわからない。
浅底で横長、これまたオサレな柳宗理印の器が「宗」ならでは。
透き通った醤油スープには鶏油と思しき油が浮き、爽やかさ、飲みやすさの中にしっかりとしたコクを与えている。
唐辛子、胡椒など、スパイスもふんだんに使われており、ほんのりスパイシー。
一方で甘味が強く感じられ、複雑な味が次々楽しめる。
中細の平打ちもなかなかよかったが、つけ麺用の麺は文字通り平打ちで若干縮れあり。
幅広の麺は喉越しが最高、舌触りもつるっと滑らかでいい。
トッピングでチャーシューをつけた。
前回訪れたときに高いクオリティがインパクトあったため。
デフォでスープに一枚入ってるようで、となると一枚で120円のトッピングということで割高感は拭えないが、表面の香ばしさで包まれた中の肉のしっとり加減は絶品。
まあ一枚でも堪能できるだろうし、値段的に今度はデフォでいいかな。

この前食べた塩も美味かったし、次は鶏白湯つけ麺。
限定も美味そうだったが、1日15食とハードルは高そう。
by blue-red-cherry | 2009-03-27 16:53 | ラーメン
<< 鯛だしとんこつ 我武者羅 赤魚のひらき >>