熊王

c0025217_22472032.jpg

ついに、というかやっと、というか。
近場でもっとも行列ができているラーメン屋、「熊王」初訪問。
あらゆる意味でラヲタ的な常識は通用しない。
ピークタイムを終えたはずの14時頃に訪問したが、知る人ぞ知るあの細い舗道での待ちを経験し、その後も絶え間なく訪れる待ち人のプレッシャーに晒されながら。

c0025217_22482418.jpg
c0025217_22483084.jpg
c0025217_22483693.jpg
c0025217_22484580.jpg
c0025217_22485187.jpg

頂点に盛られた青い部分も使ったみじん切りのねぎがずっと気になってたのでそれがもっとも映えそうな醤油、あとはウリだというチャーシューも堪能しときたかったのでチャーシュー麺1000円なり。
デフォのラーメンが650円でチャーシューは1枚ずつ100円で追加できるので、結果としては1枚追加くらいでちょうどいいかも。
なんといってもこのチャーシュー、超大判。
丼の表面の6、7割覆うからね。
それに肉厚もなかなかのものだから。
煮豚テイストのとろけ系じゃなくってしっかり噛み応え、腹持ちもするんだからこれ4枚入りのチャーシュー麺ってのはハンパない。
にんにくのありなしを問われるが休日だけに多くの人がイン、って感じだった。
これ、二郎とかみたいにすりおろしをどこかに乗っけるんじゃなくって醤油の中にしっかり溶け込ませている。
透き通り系の醤油ながらガツンとにんにく入ってるので、インパクトありあり。
醤油自体は手加減なしのストレート醤油で、かつ酸味や甘味も感じられる東京醤油の流れを感じさせつつ、油分の多さやにんにくで存在感が増している。
ここにオリジナリティーを感じるね。
それがあってのかいわれ、ねぎみじんかね。

c0025217_22583078.jpg
c0025217_22583643.jpg
c0025217_2258455.jpg

連れが頼んだ味噌もいただく。
超混雑で次から次へと人がくる中きゃっきゃと丼を替えたりとかはオススメできないのでサクサクっと。
麹系の味噌らしい味噌に野菜炒めががっつり、シャキシャキもやしはベストマッチ。
あ、醤油のとこで書き忘れたが、麺はちょっとボソっと気味。
もしかしたら堅麺推奨かも。

懐かしい感じの手狭な空間に次々と訪れるお客さん。
この空間に似つかわしくないファミリー層が多かったりするミスマッチも妙だと思うが、空いてるときにゆっくり味わってみたい。
あると思います。
by blue-red-cherry | 2009-03-28 23:04 | ラーメン
<< トマトチキンカレー 片腕マシンガール >>