鯛だしとんこつ 我武者羅

最近決めたことだが、今年のラーメンめぐりはその店のメニューを食べ尽くす、リピートを増やしていきたい。
去年から行きたいと思ってたところは結構つぶせたので、今年はメニューに主眼を置く(ってもう4月だけど)。
昔だと醤油・塩・味噌って手広くやってるところはあまりいい印象なかったけど、最近のお店は研究熱心で基本の味だけでなく、つけ麺はもちろんまぜそば、冷やしと多毛作が当たり前。
時代に合わすという意味で。
先週初訪問したばかりの「我武者羅」も多毛作。
デフォのラーメンが醤油・塩・味噌とあり、それぞれウマとコクの2種があってさらにつけ麺があって、昼夜違う種類のラーメン、祝日は別形態…道は険しく、果てしない。

c0025217_17111053.jpg
c0025217_17111875.jpg
c0025217_17112919.jpg
c0025217_17113949.jpg
c0025217_17114988.jpg
c0025217_1712517.jpg
c0025217_17121568.jpg

前回は旧来の味を進化させたというコク醤油。
豚骨ベースに鯛節で鯛エキスって感じだったので、豚骨の強度が目立った印象がある。
対して今回頼んだウマ醤油は鯛だしに豚骨を足した、つまり逆の発想。
より鯛エキスが味わえるんじゃないかという期待をもって臨んだ。
果たして器から漂う鯛の香り、素晴らしい。
これぞ鯛だし豚骨の本領発揮という感じで、豚骨が弱まった分見た目は透き通り、純度が増した見え方だが、中はしっかり鯛のエキスが抽出されており薄さ、物足りなさはまったくない。
鯛だわ、鯛。
でもあら汁とかああいう類ともまた違う。
やっぱり豚骨があって、醤油があって、しっかりラーメンに昇華されている。
美味いわ。
バラロールのチャーシューは肉厚ジューシー、太めのメンマは甘みがある。
コク醤油ではキャベツにもやしだったセンターの野菜は水菜にチェンジ、これがまた合う。
トッピングした味玉は黄身にしっかり味がついたタイプで、しょっぱすぎず旨味を増したおススメしたいトッピング。
中太平打ちライクな麺もいいんだけど、この鯛だし豚骨醤油スープは、締めの雑炊で真髄を味わえる。
ご飯粒ひとつひとつの間に麺では絡めとれない鯛の節やエキスが吸収され、丼の底に沈んだ濃い部分も余すところなくいただく。
これはすごい。
鯛だしの真価も雑炊スタイルの真価もここで発揮される。
さすがに鯛、高貴な魚の風味がたまらない。
これをラーメンで提供する、この値段で出すっていういのはありがたい限りだ。

c0025217_17122752.jpg

個人的には断然ウマ、だな。
ただ豚骨スキーにはコク、かなりツボなはず。
とりあえずこの鯛だしで塩、味噌、俄然食べたくなってしまった…。
by blue-red-cherry | 2009-04-01 17:13 | ラーメン
<< たつや きのことアスパラのトマトソース... >>