湧水

c0025217_183427.jpg

今年は遠方遠征自粛、そのためのスカパー加入だったりする。
ヤマハに行けない土曜の午後は、買ったばかりのチャリで花見がてら深大寺・神代植物園の調布観光定番コースを堪能してきた。
初っ端は深大寺そば。
ネットで調べて評判がよかった「湧水」、わきみずじゃなくてゆうすいと読む。

c0025217_1836324.jpg

主役がくるのを待つ間に、揚げそばがきで一杯。
昼ビールは休日だろうと、背徳の香りがつきまとう。
粘度の高いそばがきを楽しみながら、春の日差しにほろ酔い。

c0025217_18383913.jpg
c0025217_18384522.jpg
c0025217_18385365.jpg

天ぷらざるを一枚と、ノーマルのざるを一枚。
そば屋の天ぷらってなんでこんなに美味いんだろう。
衣は薄めながら天つゆをたっぷり吸い取り、かといってべちゃっとしないフレッシュさが保たれる。
中はプリプリの海老がハイライトだが、爽やかな香りを包む大葉やししとう、旨味が詰まったナスやかぼちゃとどれも美味しい。
そしてそば。
そばに関しては多くを語るほどの含蓄はないが、歯応えも喉越しもいい。
何より香りがいい。
比較するだけの知見もないが、これは美味しいそば、だと思う。
そばつゆも素晴らしい。
濃い目の醤油ベースにしっかりとだしが香る。
そばの香りとだしの香りが消しあうのではなく互いを引き立てあっている。
そば湯で割って、最後はゆったり温まる。

昼から一杯ひっかけて、そばで締める。
そんな暮らしに憧れる。
by blue-red-cherry | 2009-04-04 18:43 |
<< 深大寺 豚のしょうが焼き >>