大分トリニータ×FC東京 J1第7節

c0025217_21101128.jpgc0025217_21101813.jpg
c0025217_21103987.jpgc0025217_2110467.jpg

ゴールデンウィークの過密日程はアウェー大分戦からスタート。
数年来参戦が叶ってない大分遠征だが、緊縮財政の今年はもちろん自粛、酒宴も相俟って今朝、録画にて視聴した。

なんとまあ、な試合ではあったが、こういっちゃあ失礼かもしれないが、いい攻撃練習になっただろう。
大分ディフェンスは、ベストメンバーではない、今季不調とはいえど、J1屈指の守備陣を誇る。
そんな大分を向こうに多くの時間、ワンサイドゲームが出来たのだから、これはいい練習になった。
特に中盤復帰の今ちゃんは、この状況に誰よりも積極的に動き、いいリハビリになってたみたい。

軽く振り返ってみると、序盤は堅守速攻を貫く大分のペース。
3バックと藤田、エジミウソンに守備意識高く持たせ、高橋と鈴木慎吾の両ウイングバックは位置取り高く、精度は低いもののウェズレイとデカモリシへの放り込みが徹底される。
セカンドボールに対する反応もよく、高い位置ならば金崎、ハーフライン付近であればエジミウソンがボールを収める。
対する東京は祐介が体を張るトップもたまに使いつつ、基本は絶好調の石川、もしくはカボレと両サイド高い位置に早めにボールを預けるスタイル。
蹴り合いになり、奪ってから手数をかけずに速い展開になると、チャンスが生まれた。
どちらもゴールまでの最短距離を狙った攻めで、ぽっかり空く中盤での支配がゲームの趨勢を左右していた。
その意味でエジミウソンの退場は決定的だった。
東京は守りの意識が高く、今野と羽生を含めた6人が自陣でしっかり受けるスタイル。
高い位置から深追いすることはなく、低めに位置したエジミウソンはあまりプレッシャーなく、ボールを散らしていたし、守備時でも狙いを実行する余裕があった。
拙攻どうし、イーブンな中、中盤のポゼッションはエジミウソンがやや有利、といった状況だった。
高山主審のジャッジは感情的なものが含まれていたと思われても仕方ない、厳しいものだった。
試合通じて異議への対処が厳しく映ったが、逆にいえばそれは自身のジャッジへの自信のなさの現れ、ではないだろうか。
エジミウソン自身も一枚目のイエローは大人気なかったと思うが、プレー自体はイエロー、それも二枚目が出されるレベルだったかどうかは疑問が残る。
とにかくにもこの判定が試合を決定付けた。
エジミウソンのようなタイプの選手こそ、数的不利な状況下でもボールを奪われず、相手のリズムに楔を打ち込める選手だったと思うが、そんな彼を失った大分にゲームをコントロールする術は残されておらず、シンプルに迷いなくサイドを使い始めた東京の圧力を前に防戦一方になるしかなかった。

c0025217_211138.jpgc0025217_21111068.jpg
c0025217_2111202.jpgc0025217_21113182.jpg

さて東京。
人数的にイーブンだった段階から、ここ数試合はっきりしてきたサイドアタックの実効性がこの試合も多く見られた。
石川の充実ぶりは目を瞠るものがあり、カボレに10分間で2度の決定機を演出したプレーに集約されている。
1度目は梶山の頭越しの浮き球に鋭く反応し、相手よりも一歩前に出てそのままダイレクトでハーフボレーのクロスを送る。
スピード系のクロスは以前から狙っていると公言しており、バリエーションも精度も上がってきていて、ゴールへの距離は確実に近づいている。
2本目は中盤の奪い合いで自らボールを保持し、一人中央をドリブル突破でカウンター、バイタルまで持ち込んで絶妙のスルーパスをカボレに通す。
数年前に縦への突破に加えて中へ切り込んでの左ミドルを武器に加えた石川だが、城福体制の2シーズン、そのプレーの幅と質、両方が目に見えて高まっている。
この試合でも58分、大竹との交代で退いたが、もっと引っ張れるんじゃないかと、個人的には思う。
それこそ大竹のようなタイプに使い、使われるコンビネーションに期待してもいいのではないか。
また、達也と両翼、引っ掻き回してくれても面白い。

どちらにしろ、このようにスピードを持った攻めは形になる。
担い手が石川、カボレとスピードタイプだ、という前提もあるが、それよりも遅攻の拙さが目に付く。
エジミウソン退場の前でも後でも、両軍バイタルが空くような展開だったので遅攻でも相手陣内2列目あたりまではボールを運べる。
そこからがまったく崩せない。
速攻のときはあれだけいい位置取りをするカボレや石川も、遅攻時の動きがまったくない。
引き出し、裏を狙う、ポジションチェンジもほとんど見られないし、無駄走りもサポートも少なく、ダイレクトプレーも少なすぎる。
梶山にしろ羽生にしろ、出し手がボールを保持したときに指で手振りで動きを要求している仕草が象徴的だ。
あれじゃ相手のディフェンスにもバレバレだし、そのタイミングじゃ遅いでしょ。
ここがねー、なんとも。
だってキャンプから今まで、ここの強化に腐心してきたんでしょ?
もっといえば去年からか。
徳永もよくフォローして上がってくるけど、前が詰まってるし連携での崩しがないからいまいち、効果が薄いんだよな。
まあ目に見えて、堅守速攻がお似合いのチームだってのは明らかだよね。
守備練してないっつうのに守備から入って虎の子の一点を守るっつうのはどうかと思うけど。
カテナチオがカッコ悪ければ、中盤からのハイプレッシャーでショートカウンター狙い、でいいんじゃない?
遅攻でサイドうまく使えればいいけど、つか後半はさすがにそういう形ができてたとは思うけど、成長の遅さは気になる限り。

その意味で最初に戻るが、後半の一方的な攻めはいい練習だった。
大分はもう、引くしかなかったし、引いた相手に焦れた東京は、今野や羽生、両サイドバックも高めに位置取り、図らずしてシーズン前に言われていた攻撃的スタイルを実現する。
今野の吹っ切れぶりが印象的だ。
攻守に迷いがなく、勝ちたいという一心がプレーに表れていた。
積極的にボールを呼び込み、目立ったのがサイドチェンジ。
監督の「サイドを使おう」というメッセージを最も意識できていた。
きっちりブロックを作っていた大分のディフェンスを揺さぶり、徳永の攻撃参加を幾度となく誘発した。
自らの前へ出るプレーも戻っていた。
裏にスペースがない中、祐介や梶山がゴールに背を向けてのキープに終始する展開にしっかりパス&ムーブできていて、求められたミドルも放った。
守備でもバランス取りを羽生に任せ(それにより羽生のダイナミズムが消されるジレンマ)ることでボールホルダーへの鋭い寄せ、勇気あるプレスが光り、奪う男の面目躍如。
この試合の大きな収穫となるかどうか、今後の試合にも今ちゃんにはこの良いイメージをしっかり焼き付けてほしい。
今ちゃんのサイドチェンジのほかにも、大竹、達也と中で動けたり、自身での仕掛けを得意とする選手の投入で、シンプルなサイド攻撃にバリエーションが出てきた。
解説の増田氏いわく型を求めすぎ、という意見も納得できるが、もっと崩してもいいと思う。
例えばカボレのサイドはカボレにかかる負担が大きく、もっと長友や梶山が絡んでいいと思うし、大竹が入ったんだから羽生や今ちゃんはもっと大胆に動いて使われることで活きるだろう。
それら、中央での仕掛けが増えればサイドもより良い形で使える。
いや、徳永がフリーでクロスを上げられる場面は結構あったな。
ニアにファー、浮き球にグラウンダーと変化はつけてたけど、中との握りでもう少し確度は高められるだろう。
あとはカボレだな。
今日は彼の日じゃなかった、と片付けるのは簡単だが、少々問題だ。
勝てたからよかったものの、引き分けていたら、もしくは敗れていたら戦犯扱いだったことは間違いない。
あれだけふかしていたところを見るとピッチとの相性もありそうだが、そろそろ結果を出さないとまずい。
それこそサイド攻撃が機能するならば、中で合わせる力でいえば赤嶺の起用が真っ当だ。
でもね…あの突破力はほかの誰も持ち得ないものだよね。
結果がほしい。
徳永・石川ラインに比べるとまだまだ改善の余地がありそうな、長友とのコンビが鍵になりそう。

しかしまあ、よく勝ったな。
今年はこういうのなかったから、いいきっかけになりそうな気がする。
勝ち点を拾ったっていうのがしっくりくるけど、そうしてかないと雰囲気も悪くなるし、チャレンジもできないからね。
赤嶺は大きな仕事をした。
彼の決定力は認めざるを得ない。
短時間ではあったが、引いてきての引き出しにも冴えを見せたし、祐介も悪くないが、さて。
そしてすっかり存在感がなくなってきた平山の調子はどうなんだ。
連休は一度くらい、小平覗いてみたほうが良さそうだな。
最近言いたい放題書きすぎだし。
とにかくよくやった。
明らかに良いところもあるんだから、迷わなければもうちょい、やれるでしょう。
選手、スタッフ、現地組のみなさま、お疲れ様でした。
連戦、頑張りましょう。
by blue-red-cherry | 2009-04-26 21:11 | FC東京
<< しょうが焼き 蒙古タンメン中本 本店 >>