ガンバ大阪×FC東京 J1第8節

c0025217_15305855.jpgc0025217_15311640.jpg
c0025217_15313125.jpgc0025217_15314440.jpg
c0025217_15315648.jpgc0025217_1532856.jpg
c0025217_15321553.jpgc0025217_15321860.jpg
c0025217_15322176.jpg

国立での千葉戦も所用で外したため、3戦連続でテレビ観戦となったガンバ戦
できるだけ現地にかけつけようと心がけていた反動もあり、テレビでのほほんと観戦した感想文はなんだか申し訳なさでいっぱいだが、今日も今日とて言いたい放題、書き殴るとするか。

試合経過は…まあいいか。
入り方は悪くなかったと思う。
連戦のガンバも慎重だったと思うが、どちらも無理のない入り方。
その中でガンバのお手本のような攻撃がじわり、じわりと東京の陣地を侵食していった印象だ。
トップにチョジェジン(以下JJ)とレアンドロを配し、高さと速さ、そこにルーコンのテクニックや佐々木のドリブル、これがガンバの手駒。
これを遠藤がバランスよくコントロールして使い分けるっていう感じかな。
前節、足元、もしくはパスワークに固執して遠藤潰しで痛い目を見たというガンバはその反省からか、早めにJJに当ててみたり、縦パス一本で裏狙ってみたり、連動するコンビネーションサッカーのイメージとは違った一面も見せる。
サイド攻撃にしてもシンプルなクロスでJJ狙ってみたり。
一方で持ち味のパスワークは健在だ。
特にルーカスと遠藤のコンビネーションは実効性が高く、JJの楔をシンプルに使いつつ、細かい相手ディフェンスを集中させてはダイレクトの崩しで破っていく。
シンプルな縦、横の攻撃に加え、コンビネーションとテクニックを組み合わせた局面を打開するパスワーク、この二刀流を前に飛び込めない東京の守備網は見事に押し下げられ、前線との距離を空けさせられた。
実況・解説のネタになるほどご高名なガンバのスロースターターぶりもありなんとか耐えてた東京だが、羽生のオウンゴールは押し込まれたゆえの必然だったような気がしないでもない。
不運だったと思うけど。

後半に椋原と交代させられた佐原は確かに不安定で、前後半少なくとも1回ずつはボーンヘッドでピンチを招いている。
JJとレアンドロのマークは自由にやらせてたとは思わないが、かといって厳しくいけていたとも思えない。
彼一人に問題があるわけではないし、相変わらず破れかぶれになるまで上がらないサイドバック含め、守備陣は守備面である程度はやれてたと思う。
OGはともかく、ルーコンにやられた2点目はルーコン、JJ、レアンドロ、ルーコンと繋がったパスワーク、最後強引にディフェンスをかわしたルーコンのテクニックまで通してJ1トップクラスの崩し、後半開始早々の3点目は五分の勢いをいなされた上で2次、3次と畳み掛けるガンバの圧力の前にマークを見失った。
勝利の望みを捨てずに前がかりになったところをレアンドロにぶっちぎられ、JJのストライカーとしての実力が前面に出た飛び込みにダメを押された4点目。
つまるところの実力差だ。
単純にスキルや身体能力の差もあるだろうし、それを補うための集中力や読み、運動量も足りなかった。
力負けしたという感想だ。
残念だし情けないが、ゴールシーンの状況を鑑みるに、あの状況になってしまえばそりゃやられるよな、という実力差が両者の間にはある。

では何をしても無駄だったかといえば、そんなバカなことがあってたまりますか。
ガンバが恐れていたのは、想像にすぎないが自分たちを上回る運動量や圧力だったと思う。
中二日、それにしては非常によく動けていたと思うが、後半中ごろには佐々木が足を攣らせていたり、ガンバもギリギリの中でのハイパフォーマンスだったと思う。
実際に4点リードのあと、石川のゴールを皮切りに堰を切ったかのように反抗しだした東京を前に、ビルドアップにも乱れは見えたし、バランスを崩して守勢に周る場面が目立った。
何をすれば相手が嫌がるか。
少なくとも2トップが体を張り、石川に達也、激しくプレッシャーをかけ、サイドバックやセンターバックまで押し上げてくるあの時間帯の東京の圧力をガンバは嫌がっていたと思う。
それを無視して貫くほどの「自分たちのやり方」は見えなかったし、なぜに相手のパスワークを見てしまったのか、受けに回ってしまったのか。
これも上に書いたガンバの長短、緩急使い分けた攻撃によって強いられたものという解釈もできるが、もうちょっと対抗できる策はあったと思う。
決めたのは外人トリオで出所は遠藤と佐々木だった。
彼らの連携は確実に分断すべきだったし、遠藤と佐々木の自由は奪うべきだった。

c0025217_15322937.jpgc0025217_15323154.jpg
c0025217_153234100.jpgc0025217_15323738.jpg
c0025217_15324086.jpg

相手の長所を消さないのならば、自らの長所で勝ちきろうとしたんだろうか。
長所って何?ってのは置いときたいところだが、今のチームならば石川とカボレだろうか?
対峙したディフェンダーを2、3人とかわしてコースを突いた、一矢報いるドリブルシュートは見事の一言に尽きるが、それ以外でも孤軍奮闘した石川。
縦を警戒されていたものの、下平一人は相手にせず、中央突破や切り返しからの左足など、充実ぶりをうかがわせる判断の良さで、これ以上ない孤軍奮闘ぶりだった。
師匠化が進行しているとはいえ、前を向いてのスピード、合わせづらいリズムは唯一無二で、常にマーカーを引っ張ったカボレ。
彼らがチームのストロングポイントであり、使うのは至極真っ当。
でも出しっぱなしなんだよねー。
石川にしてもカボレにしても、「任せた!」って。
祐介もそうだな。
決して得意だとは思えない(=適材適所かどうか、選手起用の疑問もある)トップで相手ディフェンスを背負ってのプレーに終始。
頑張ってはいるが収まらない、そんな彼にも出しっぱなしのパスばかり。
フォローすべきは中盤でありサイドバックなんだろうけど、サイドバックは自重気味、ボランチはラインに吸収されてボール回しを追いかけるので精一杯、じゃあトップ下は?って運動量とスピードに欠ける梶山は、もっと大きな展開で活きるだろう。
フォローがあればいいってもんでもない。
トップの祐介と左右の石川、カボレはほとんどポジションチェンジがない。
パス交換もほとんどない。
基本は持ち場でボールを待つばかりで、そこにギャップが生まれるはずもない。
これじゃあ手詰まりもいたしかたなし、ですか。
フォローなし、ギャップなしの前線に、分断された最終ラインからボールが運ばれる。
人がいるところ、数的不利のところを攻め続ける姿に、バカなの?と問いたくなることもしばしば。
前半からこんな状態だったと思うが、城福さんのハーフタイムコメントは「もっとフリーの選手を使おう」←フリーの選手、いましたっけ?、「自信をもってこのまま続けよう」←本気ですか?ってな感じ。
この中盤から前線の手詰まり感は深刻だ。
一向に改善の兆しが見えない。
3点、4点差つけられてからの反攻時にはようやく、押し上げもあり、追い越しもあり、フォローもあったりするが、あの状態にならなきゃできないことなんて何一つないだろう。
羽生と梶山の位置を変える、祐介に無理強いせずにそういう役割に向いてる平山、もしくは祐介よりは慣れてそうな赤嶺をあてがう、そんなことであっさり好転しそうな気配もなくはないけど。

チームとしての機能不全?
個々がどうこうとか、それじゃ解決しない(あんだけ石川がキレててもこれが精一杯)。
中2日のチームに走り勝てないのは選手にも問題があるし、局面での勝負に勝てない、悪いムードを断ち切れないところにも個々の問題を抱えているが、チームとしてまとまりきれていない、導けていない。
ころころ選手が替わりいつまでもはっきりしないセンターライン、軸がなければ何をしてもブレる。
リスクはあるが手っ取り早いのは補強だろうね。
何もしないよりはマシ、そんなことは誰でも思い浮かぶので、夏までに何か動きがることを信じて待ってみよう。
徐々に勘を取り戻しつつあった今野をセンターバックに戻し、徳永をボランチに使った現状は選手層の厚さやオプションのテストではなく、すべてはセンターバックの実力不足から始まったネガティブな連鎖だと思う。
失点しないなら失点しない、でもいい。
サイドからの崩しでも中央突破でも一撃必殺のセットプレーでも、なんでもいい。
早いところ拠り所を見つけないと、あわあわしているうちに取り返しのつかないことになる。
それと目標の再設定は急務だ。
たかが8試合、3勝5敗、勝ち点9の評価は難しい。
しかしこの先、何がもっとも優先されるのか。
それを早く見極め(見定め)、そのために死力を尽くさないと、未来のチームへのロードマップも途切れてしまうだろう。
次のホーム大宮戦、またすぐ訪れる広島戦、試練は続き、判断するための猶予はあまり、残されていない。
by blue-red-cherry | 2009-04-30 15:36 | FC東京
<< マンチェスター・ユナイテッド×... トマトチーズハンバーグオーブン... >>