蒙古タンメン中本 目黒店

月が替わって5/1の金曜日、早速「中本」目黒店の月替わりを食べに行く。
今月は本店で提供されているマニアの支持が厚い非辛メニュー三連発ということで、楽しみ。

c0025217_1318216.jpg
c0025217_13182624.jpg
c0025217_13183231.jpg
c0025217_13183844.jpg
c0025217_13184761.jpg
c0025217_13185373.jpg
c0025217_1319146.jpg
c0025217_1319778.jpg

まずは3種の基礎となる、醤油ベースの肉野菜炒めにとろみをつけた中華餡が乗る、中華丼。
もうね、運ばれた時点で美味そうレベルがマックスなルックスに飛ばされますよ。
このルックスで美味くないわけがない。
丼に盛るところも見てたんだけど、ご飯も実際丼の水平面を飛び出る高さまで盛られ、それをすべて覆い隠す中華餡が乗る。
ハンパない量だ。
ポイント欲しさに半冷やし味噌ラーメンつけようと思ってたけど、冷味スープだけにしといて正解だった(慣れてる人は中華丼ご飯半分に半冷やし味噌ラーメン頼んでたけど)。
この中華餡、旨味満載、にんにくたっぷり、ほんのりしょうがが香り、と基本は「中本」の醤油ベースのメニューに通ずる。
それらがとろとろの餡で包まれてゼラチン状になり、まさに旨味を閉じ込めている。
これは美味い。
ご飯の粒と粒の間に旨味が広がり、余すとこなく味わえる。
卵と紅しょうがのアクセントも楽しみつつ、サイドで啜っていた冷味スープを後半、ぶっかける。
これまた限定メニューの冷味中華インスパイアだけど、冷味スープの極辛と中華餡の旨味の融合が、勝手ミックスながらかなりいい感じ。
とにかくこの中華餡、美味くって、今月残りの2作品にも期待大。
単純にこの中華餡で焼きそばにしちゃってもいいんじゃないかな、とも思う。

c0025217_13191391.jpg

食べながら思い出したけど、恐らく本店でスタミナラーメンは食べたことあるような気がする。
今でこそ「中本」中毒だけど、当時ガキの頃はまったく辛いのダメだったはずだし、本店行っても蒙古すらつらかったはず。
まあそれはそれで楽しみ。
連休後半は実家に帰るので、本店も行っちゃいますよ。
by blue-red-cherry | 2009-05-02 13:28 | ラーメン
<< 鶏と野菜のトマト煮 サバの塩焼き >>