蒙古タンメン中本 新宿店

土曜、味スタ前に久々新宿経由だったので、「中本」新宿店に途中下車して腹ごしらえ。
こんなんしてたから到着がギリになってしまったが、楽しみにしていた4月の限定、和風黒北極にありつけた。

c0025217_17401.jpg
c0025217_174639.jpg
c0025217_1741252.jpg
c0025217_174184.jpg
c0025217_1742580.jpg
c0025217_1743187.jpg

北極をベースにイカスミを加え、魚介のエキスが辛ウマと溶け合う仕上がりになっているという黒北極。
残念ながら、オレ自身、イカスミというものをしっかり認識しておらず、そのイカスミ具合がどうとかこうとかはわからないんだけど、コラボレーションのレベルでいったらかなりのものかと。
イカスミ(&魚介)と北極の辛さがそれぞれ消しあうことなく味わえる。
野菜大盛りでもやしを積んでもらったルックスがまず、いいんだけど、このもやしのシャキシャキ感は濃厚さが印象深い黒北極スープへのアクセントとしてバッチリ。
続けて具からいくとこんがり焼かれたしし唐はその香ばしさと苦味が調子よく、多少の手間はかかるがトッピングメニューとしてもありかと思うほどハマっていた。
麺はもちろんいつもの「中本」印の太麺で、スープが濃厚になった分、より映える。
とにかくこのラーメンはスープだよね。
なんというか、北極の辛ウマスープを魚介エキスがコーティングしてる感じ。
でも唐辛子は浮いてるし、一発目のインパクトとしての辛さは健在。
そこからまろやかで濃厚で深みのある魚介エキスが香り、最後に喉にくる辛さと旨味が訪れるってところ。
どちらも歩み寄りが感じられた分、尖りが物足りなかった北極坦々麺より完成度高く感じた。
生卵でまろやかになるのは想像に難くない。

単発で異色ものだろうけど、非常によくできていた。
機会があればもう一回くらい、食べるかも。
その前に新宿店では印度にチャレンジ予定。
by blue-red-cherry | 2009-05-10 17:12 | ラーメン
<< FC東京×京都サンガF.C. ... 廻る元祖寿司 恵比寿駅前店 >>