FC東京×京都サンガF.C. J1第11節

c0025217_2054369.jpgc0025217_2055475.jpg
c0025217_20621100.jpgc0025217_2062937.jpg

今季最初の過密日程、最後は今年いちばんの暑さの中で行われたホーム京都戦
行き帰り、いつもよりチャリ野郎どもが多かったし、みなさん結構良いチャリ乗ってて、帰りなんか甲州街道が軽くロードレース状態で笑えた。
試合の結果は、あんま笑えない。

c0025217_2074881.jpgc0025217_207567.jpg
c0025217_2081943.jpgc0025217_2083015.jpg
c0025217_2084244.jpgc0025217_2084943.jpg
c0025217_209299.jpgc0025217_209982.jpg
c0025217_2091972.jpgc0025217_2092661.jpg
c0025217_2093955.jpgc0025217_2095138.jpg
c0025217_2010266.jpgc0025217_2010917.jpg
c0025217_20101954.jpgc0025217_20102730.jpg
c0025217_20103749.jpgc0025217_2010451.jpg
c0025217_201055100.jpgc0025217_2011374.jpg
c0025217_20111310.jpgc0025217_20112024.jpg

今年はとにかく軸になる部分での選手の起用がコロコロ替わりすぎてて評価が難しい。
軸になる選手が替われば、やるサッカーの内容が変わってくるのは仕方ない。
誰が出ても替わらないやり方もあると思うけど、このチームに城福イズムはそこまでの、例えば平山やカボレの個性に打ち勝つほどのチームのアイデンティティーは築かれていない。
それで今回の試合、カボレが欠場し、平山が久しぶりの先発復帰を果たしたわけだが、そこにコンビ結成後3戦目で早くも醸成されてきた今野とブルーノの繋げるCBが後方を支え、前では平バトフ、後ろで今ブル(紺ブルではない)、完全にポゼッション型のチームになっていた。
多くの時間帯を能動的なポゼッションサッカーで先手を取り、押し込み、序盤は石川のスピードも活かせていたし、サイドバックも大いに攻撃参加し、と連戦最後にしては良好だったコンディションの良さとともになかなかいいサッカーができていたと思う。
きっとこれがやりたかったんだろうな、という思いと、だったらなんでそうしなかったんだ、ここまでのブレはなんだったんだという思い。

平山はもう少し機敏に動ければもう少しシュートが打てるようになるだろうし、効果的なパス出しができるようになるだろう。
今現在彼がこのチームにもたらすものに関しては、あのようにトップに基点を作ってポゼッションを高め、連動した崩しでゴールを狙うサッカーを志向するならば、得点以上に楔としての役割が求められる。
その意味では替えの効かない存在だということを十二分に証明したパフォーマンスだったと思う。
後半開始間もない頃だったかな、梶山から相当強めなグラウンダーのパスが出たんだけど、多少ズレたがきっちり足元に収めたトラップには唸らされた。
あの役割ができるのは平山、もしくは梶山くらいだろう。
東京は序盤から平山と赤嶺の2枚にどんどん当ててきた。
赤嶺が献身的に最前線で体を張る一方、平山はサイドに流れたり、バイタルに降りてきたりで自在。
この2人の2トップってホント、なかなか見る機会がなかったりするが、互いにそれぞれの出場時では求められる役割が似たりするからこその理解か、バランスがよかった。
距離感もよく、赤嶺の競り合いを平山がフォローし、平山の競り合いを赤嶺がフォロー。
具体的にこの2人のコンビネーションでチャンスを作った場面はなかったが、この2人のバランスを周りもよく理解できていて、2人の競り合い、楔からの組み立てからのフィニッシュ、戻ってきたボールにこの2人が被る場面もなかった。
赤嶺トップ、相太トップ下の組み合わせは大アリ。
ここで右翼・石川、左翼・カボレで…ってなるとボランチがヨネ・カジだと羽生が使えない…ってまたウイイレ厨になっちまうからやめとこう。

2トップは悪くなかった。
そして石川も羽生も引き続き絶好調。
石川は2、3人と対峙しても突っ込んでって抜けるほどのキレの良さ。
逃げのドリブル、バックパスはほとんどなくって、切り替えしての左足クロスとか裏への突破とか気の利いたプレーのほか、単騎中央突破など凄みのあるプレーも出てきてる。
エリア深くまで侵入してからのクロスなど、可能性のあるプレーが多く見られた。
クロスも何本か平山に合わせられてたし、コーナーキックもまずまず合っていた。
どう考えても今のチームでもっともゴールの香りがする選手。
赤嶺と平山の、少なくとも昨日やっていたスタイルって自らが点を取るというよりは周りが活きるプレーだったように思う。
であればもっともっと、石川が、中盤の選手がフィニッシュに絡んでくる攻撃を模索すればいい。
羽生もフィニッシュに迫る場面があった。
赤嶺が競り落としたボールを平山が絶妙のちょん、でスルーパス、走りこんだ羽生の左足はキーパーの手をかすめてポストに跳ね返された。
あれは羽生が2トップの使い方を分かっていた証拠だし、ああいう形こそ武器を活かすスタイル。
そして昨日の京都のようにしっかり守ってくるチーム相手ではなかなか難しいエリアへの侵入も、後ろからの追い越しであれば可能性は上がる。
ここが間違いなくストロングポイントだと思ったのになあ。
アタッキングサードに入るとどうもシンプルにやりすぎる。
シュート打て!、こねすぎ!という声も飛び交う中では異端な意見かもしれないが、繋ぐというかスピードアップとアイデア不足?
あそこでこそアイデアのあるワンツー、スルー、そして個々のスピードやパワーが活かされなければいけないところ。
いつかはこねすぎ、いつかは急ぎすぎ、アタッキングサードでの崩しのパターンが一向に増えないのが気がかり。
軸を固定してやらないことに問題があるんじゃないかと思うけど。

もうひとつ、攻勢を支えたセンターバックのコンビ。
パウリーニョ縦ポン一発狙いばかりだった京都の攻撃を前にこれまた評価がしづらいところだが、守備はほぼ完璧。
特に今野だけど、パウリーニョへのボールに対して積極的に前取ってのインターセプトが効きまくり。
浮き球にしてもグラウンダーにしても、ほとんどのボールをパウリーニョより早く触って、攻撃に繋げた。
そう、今野にしてもブルーノにしても繋ぎの意識が非常に高く、それを実現できる足元の安定感がある。
早漏なこっちが「外でいいよ!」って思う場面でもしっかり繋いでくる。
ここがボール回しに加われると、ポゼッションも一気に厚みを増す。
まだまだ判断力も判断のスピードも、人の動きも足りない未熟な東京のポゼッションにとって、最後尾が選択肢として加われることは非常に大きい。
当然ここが安定し、ラインが高く保たれることで両サイドバックの位置取りも上がり、攻撃参加の頻度も上がった。
カウンターの脅威があまり少なかった相対的な理由もあるが、カウンターのリスクに対してもポゼッションしながら積極的な高めのラインコントロールができていたし、足元の技術もそうだが、賢く守れている印象がある。
後半は若干間延びし、京都も攻撃に人数を割いてくる時間があった。
その中でパウリーニョが空く場面も増えたが、恐れていたスピードタイプに対してのブルーノの処理もコース取りがよく、万全の対応だった。
コンディションも上がってきたのかな?
今のようにポゼッションに寄与できており、チームコンセプトがこの方向で進むのならば、モニや佐原が厳しくなるのと、そうなったときの選手層に若干不安が残る。
人が替わって回せなくなったらまた元に戻るのか、っていう(これは平山のとこも一緒か)。

c0025217_2012062.jpgc0025217_2012810.jpg
c0025217_20121920.jpgc0025217_20122618.jpg
c0025217_20123475.jpgc0025217_20124224.jpg
c0025217_20151552.jpgc0025217_20152879.jpg
c0025217_20153888.jpgc0025217_20154680.jpg
c0025217_20155746.jpgc0025217_2016516.jpg
c0025217_20161559.jpgc0025217_20162389.jpg
c0025217_20163421.jpgc0025217_20164169.jpg
c0025217_20165184.jpgc0025217_20165819.jpg
c0025217_2017922.jpgc0025217_2017161.jpg
c0025217_20172692.jpgc0025217_20173355.jpg

とまあ、概ねよかったと思うのですよ。
ただこの試合は点を取るためのアイデアとチャレンジが物足りなかった。
シュート数は多かったが、その半分くらいはサイドアタックからのクロスもしくはコーナーキックに合わせたヘッダー。
1/3くらいはエリア外かエリア入って間もないところからのシュートかな。
どちらも体を寄せられていたりコースが絞られていたりで、ゴールの可能性はあまり高くなかった(梶山と平山は1本ずつ、決めなくてはならないヘッダーがあったけど)。
それでも押し込めるクロス、ヘッド、ミドルシュートの精度や技術、パワーが求められるのはもちろんだが、もっと簡単なシュートチャンスを作れなかった、選手がフリーで対峙する決定機が作れなかった。
ポゼッションはできてたし、その先にゴールは見えていたと思う。
でも中途半端。
やりぬくならもう一段階高い位置でも回せて、動けないといけない。
そして何より正しい判断を素早くしなければいけない。
ここをよくするにはメンバーを固定しての反復練習か、できる選手を連れてくるか個々の選手がレベルアップするか。
どれも一筋縄じゃいかないけど。
せめてあとは的を絞るとかね。
上にも書いたけど、2トップは潰れ役、繋ぎ役としての機能は申し分なかった。
石川はもちろん、羽生にすら得点の匂いがした。
であればそこを活かして、石川や羽生がフィニッシュに絡んでくるような攻めを集中していくとか。
押し込んでいたので梶山やヨネのところでフリーで触れる場面が多かった。
ここでようは攻撃のコントロールができ、しなければならないところ。
両者サイドチェンジは効率的に狙えてたし、梶山は数本のミドル、ゴールへの意識も高かったが、いまひとつチャレンジが足りなかった。

そういう意味で、交代策が解せない。
オレ的には昨日の試合に関しては交代カードで台無しにしてしまったと思っている。
まず15分の羽生。
確かに暑さ厳しい試合だったし、羽生は好調な石川にボールが集まる中、空走りも多く、運動量はいつにも増して多かった。
両チームのバランスでいけば長い時間押し込んでいる割りに1点が遠く、焦れてきた東京に対し、前半を耐え凌ぎ、徐々に開いてきたフィールドでパウリーニョだけでなくディエゴのボールタッチが増えてきたことで京都の攻撃も盛り返してきたタイミング。
ここでフレッシュな選手を入れて押し込みたくなる気持ちはわかるが、この時間帯でも羽生の運動量は落ちてなかったし、遅攻にしろ速攻にしろ、彼はほとんどの攻撃になんらかの関与をしていた。
リズムを失う可能性もあったし、何よりここで大竹を入れた意味がいまいちはっきりしなかった。
まあ大竹に関しては今年、その使い方・使われ方がはっきりしない印象はずっとあるんだが、単純に羽生とは違うタイプ、使われるより使う選手であり、ポジショニングやフリーランニングではなくボールを持ってのプレーで活きるタイプ。
なのに中途半端に攻守に張り切って上下動多く、サイドに開いたり、自陣まで下がったり。
彼はマイボールになったときにバイタルで前向いて仕掛けたり、それこそ赤嶺や平山の近くでボールを受けるべき選手なのに、そういった役割で送り出されているとは到底思えない。
ならば例えば大竹のサイドに寄せて連続ゴール中の石川をフィニッシュに多く絡ませる、というのならば理解できる。
だが、その後の交代策はさらに混乱させられた。
まず赤嶺を下げて達也投入、達也はそのまま平山の側でプレー、並ぶ機会もあったが縦関係の2トップというところか。
こうなると平山は前線でのターゲットマンとして働かなければならず、機能していた平バトフ的動きは制限されてしまった。
ここもさ、例えば平山を潰して近くに動ける、シャドウストライカータイプの仕事を求めるのなら、まだフレッシュで上下動も問題ない達也を外に出して、しつこいが好調石川の一発に賭けるか、アイデア豊富な大竹をセンターでやらせるか、とかさ。
適所だったとは思えないんだよね。
それで石川→祐介の交代。
これ、当時は得点の可能性の問題として選手同士を比較して、疲労しているナオ>祐介だろ、とか思ってたけど怪我してたのなら仕方ない。
でも祐介もなー、役割与えてやれてんのか、疑問。
プレーのベクトルが前、一方向にしかないように見える。
1トップ張らされたときはそこそこ散らしたりする意思が見えたけど、確かに前へ出る動きが長所なんだが、猪突猛進すぎ。
点を取ることがチームとしてのミッションだったのは当然だ。
それぞれがそれに向かいプレーするのも分かる。
それでもそれぞれが好きなようにやったら、それぞれの役割がチームとしての意味をもたなかったら、チームスポーツなんだからうまくいくはずがない。
選手交替で役割が不明瞭になり、軸がブレてからはまったく得点の匂いがしなくなった。

c0025217_20175436.jpgc0025217_2018335.jpg

なんともいえないもやもやが残ったり、いらいらを感じたりするのは、いつまでもブレ続けているからだと思う。
それでも勝ってればいんだろうけど、結果が出ない中での試行錯誤は、必要なことかもしれないけれど面白くないし、貫くことも必要だ。
で、そのバランス。
貫いているようで妥協しているようで、ここがなんとも掴めない。
例えばこの先、平山を前線の基点にしていくのか。
最終ラインは今野とブルーノで固定し、ポゼッションサッカーを志向していくのか。
カボレが戻ってきたらどうするのか。
それとも手駒と相手のバランスを見て使い分けていくのか。
オレの目には広島相手に行ったハイプレッシャーのサッカーも、昨日のポゼッションサッカーも、相手ありきだけどどちらもあり。
でもどっかで絞ってかないといつまでも熟成してかないし、選手たちも見るほうも迷うでしょう。
誰が出ても同じ手法で、同じクオリティで、ていうのは現実問題難しいと思う。
だとすればいくつかのパターンを持ってて、あとは出る選手に合わせてそれを選択する。
それには何人かの順応性と判断力に優れた選手がいて、あとはそこに戦い方を左右するスペシャル選手が配置される、そうマンチェスター・ユナイテッドみたいなのが理想…ってできるかな?

どうしたらいいんだろうね。
どっちにしろ、ホームではきっちり勝っていただきたい。
そうすればいろいろ許されちゃうとも思ったり、思わなかったり。
by blue-red-cherry | 2009-05-10 20:18 | FC東京
<< 新宿さぼてん 蒙古タンメン中本 新宿店 >>