新宿さぼてん

また日記が溜まってしまった。
リアルタイムで書くくらい、携帯でサラっとやっちゃったりが一番いいんだろうな。
でもこれはこれで続けてきたんだから。
不本意ながら遡って日曜の昼、連休にお迎えした大切なゲストのお見送りで街へ。
用足しによった新宿の京王、レストラン街の「さぼてん」でランチした。
デパートのレストラン街で食事なんて久しぶりだわな。

c0025217_0514542.jpg
c0025217_0515281.jpg
c0025217_052217.jpg
c0025217_0521149.jpg

こないだアトレの「かつ彩」行ったしノーマルのとんかつはなんだかなーって「かつ彩」と「さぼてん」ってグループ会社なのね。
イベリコ豚の業界初のとんかつとかいうのをやたら押されたが、ヒレひつまぶしなる店舗限定メニューにチャレンジ。
そのままズバリ、ひつまぶしのスタイルをとんかつでやってみたってやつ。
デフォのとんかつには京風を謳うソースがかけられており、ご飯の上に敷き詰められた錦糸卵と三つ葉でサンドイッチ。
ソースに特徴がありそうだったが、思ったよりしつこくなく、食べやすい。
むしろ卵の甘味と三つ葉の爽やかさが際立つ。
ひつまぶしの例にならい、第二段階は薬味を散らす。
ざっくり目の小ねぎは食感がよくていいアクセントになった。
そして真打ち、だしをかけてとんかつ茶漬け。
とんかつ茶漬け自体はそこそこ知られてるけど、未食だったのでまったくの初体験。
これがまた、意外といける。
衣の食感を損なうという代償はあるものの、だしの味にもよるが、ここのだしは風味もよく味も濃い目で、それが衣と肉によく染み込んでて美味かった。
スープを味わい尽くすには雑炊スタイルが最強、論者なので、とんかつから出る油や肉の旨味も相俟って中々のものだった。
あ、もちろんキャベツは3杯以上、これ常識ね。

美味しかった。
でもかつカレーも食べたかった。
by blue-red-cherry | 2009-05-12 01:00 |
<< お刺身とチャプチェと生ハムサラダ FC東京×京都サンガF.C. ... >>