横浜Fマリノス×FC東京 J1第12節

c0025217_14332.jpgc0025217_143942.jpg

c0025217_151218.jpgc0025217_151963.jpg

埼玉、神奈川、千葉はアウェーに入んねえ!っと息巻いて参戦し続けてきたが、風邪のため欠席したアウェー横浜戦、スカパーにて観戦した。
そういえば風邪で欠席自体、記憶にないな。
そんな中、久しぶりに現地組に激しく嫉妬する勝利となった。
中村北斗の初出場、初ゴール、初シャー。
またひとつ東京の歴史が刻まれた。

しかしまた、なんでマリノスは4-3-3にしてきたんだろうね。
序盤はもたついてたみたいだけど、フロンタにもトリニータにも勝ってる。
渡邉千真をトップに坂田や山瀬がガンガン飛び出して点取ってるっていいイメージがあったし、バイタルを蹂躙するスタイルはいつか三ツ沢でやられた試合を思い起こさせて嫌だったのに。
フォーメーションは戻るところでしかないし、人もボールも動き回る現代サッカーにおいて単純な配置、数の論理はあまり通用しないんだが、それにしてもボックス型の4-4-2を敷く東京に対して4-3-3はかなりミスマッチだったよ。
特に中盤。
意図したか、羽生と達也は基本ワイドに開きっぱなし。
中はどっしり、中盤では梶山とヨネ、トップには赤嶺が構える布陣。
マリノスはアンカーに松田を置いて兵働と山瀬が攻撃を担う形だったけど、ボックスの前2人や、梶山の上下動につられる形で兵働と山瀬の距離感が空くことしばし。
プレスの勢いはあったけどひとつひとつがバラバラで、達也がフリーで仕掛けられる場面が多かったし、梶山も前を向いてのプレーでドリブルにパスに冴えを見せた。
羽生の絡みが薄く、引いた相手を崩すまではいたってなかったが、前半からやや押し気味の試合運びができたのには両軍の布陣のミスマッチが多大に影響していたかと思う。

サイドでも同じく、ミスマッチが作れていた。
マリノスの前線は3トップ、というよりは狩野がフリーマンで、渡邉と坂田が2トップ状態。
上記の理由で山瀬ら中盤3枚も引き気味、後手になったこともあり、サイドハーフとサイドバックでしっかり2段攻撃を徹底した東京が機先を制した。
右では運動量多く積極的な達也が前、徳永がフォローする形、左は平山や羽生のキープを長友がガンガン追い越してく。
左右でクロスをどんどん上げ、コーナーのチャンスを多く作った。
しかし、布陣変更もあり、まずは守備から、の意識が見て取れた引き気味のマリノス相手にストレートなクロスの連続はちょっと正直すぎたかな。
中澤と栗原は高く強いし、松田が加わればセンターは磐石。
平山がいるとはいえ、ここを攻略するのは難しかった。
それでも20分、徳永の速いクロスに赤嶺がヘッドを叩きつけた場面は見事だった。
ゴールにならなかったのはキーパーを褒めるべきだろう。
スピードとコースがあえば赤嶺の飛び込みが活きる。
これはいいんだけど、時間がかかったときでもクロス、クロスは芸がない。
この部分で、良いか悪いかは別として石川の不在を感じた。
最近の彼は縦、中という選択肢だけではなく、シュートとクロス、ドリブルの判断も良かったし、何よりそれを可能とする技術面の充実振りが光っていた。
ポゼッションを高め、引いた相手と対峙するときこそ、彼のような選手の重要さを感じる。
まあ達也は達也の良さがあり、今日の運動量、仕掛けの数々は見てて気持ちよかった。
赤嶺のクロスに合わせたボレー、あれは決めたかったなあ。
マリノスの布陣が唯一機能していたとすれば前線からの人数をかけたプレッシャー。
あれがあってブルーノと今野のポゼッションへの参加が少なかったことも攻撃の引き出しの少なさに繋がった。
その中でリスクをかけずにサイド、トップを早く使って押し込んだ判断は、結果として正しかった。
激しいマークにあい、ボール回しをスムースにする中継点の役回りは演じられなかった平山も、潰されることでセットプレーのチャンスを得たり、相手守備陣を釣り出す動きは貢献度高かった。
カメラが寄ると如実に分かるが、確かにあの眼差しは集中できている証拠だろう。
カボレ、石川を欠く布陣の中で、それぞれがベストの選択肢を選び、実行できていたかな。

c0025217_161779.jpgc0025217_162298.jpg
c0025217_163730.jpgc0025217_16446.jpg

2度の決定機もあったし、よく攻めた印象の前半だったが、守備の安定が光った。
2トップは最低限の守備ができていたし、それ以降、中盤と最終ラインの2ラインが実に安定していた。
サイド攻撃は深くまで入ってこさせなかったし、裏も取らせず、単純なクロスやロングボールは跳ね返しつづけた。
そして数的優位を保った中盤はセカンドボールを数多く拾えていた。
奪ってからは平山、赤嶺、そして右サイドの達也へ早めに預ける攻撃を志向し、リスクはカウンターだけだったといえる。
そのカウンター対策もスペースを埋めるブロック作り、攻守の切り替えともに完璧に近い出来。
攻めては梶山が自在に、守っては余れることでヨネの対人能力が活かされ、マリノスに攻撃の基点を作らせなかった。
流れの中で崩されそうになったのは一度渡邉が今野相手に体を当てて見事に入れ替わった場面と、中途半端に前を出たブルーノが狩野を追いかける形でかけっこになった場面くらいだっただろうか。
今野とブルーノのコンビは高さと速さに多少、危うさを覚えることがあるが、ポジショニングとラインコントロール、頭脳戦で弱点は補えている。

全体的に集中できていたが、3度のマリノスの決定機を防いだという意味で守りのヒーローはヨネと権田。
試合開始早々、ブルーノが浮き球の処理を躊躇し、山瀬がエリア内で決定的なボレーを放とうとしたところに猛然と戻り、画面から見切れそうな長い足で防いだヨネの守備。
あそこで先制されてたら、布陣変更で手探りのマリノスに勢いが生まれてただろうし、わからなかった。
後半は先制点の直前のコーナーから、中澤のヘッドを足元で受けた松田の至近距離からのシュート、そして終了間際、金の落としに鋭く反応した兵働の、これまた至近距離からのシュートをブロックした権田のセーブはスーパープレー。
どれも超決定機だった。
勝敗は90分の戦いを反映するものだが、一瞬一瞬のプレーで決まってしまう。
だからこそ、ここぞの場面で踏ん張ったプレーは賞賛に値する。

c0025217_17247.jpgc0025217_171182.jpg

c0025217_173477.jpgc0025217_174524.jpg

そしてもちろん、中村北斗。
梶山の負傷というアクシデントを受けての投入となったが、ファーストタッチで思い切りよくシュートを放つなど、準備は万全だった。
押していたとはいえ得点できず、一進一退の時間に、羽生をバランサーとして一枚下げ、北斗は高い位置から積極的に攻守に働かせる、この配置は大当たりだった。
平山に当てた落としを受け、徳永がフォローするという国見トリオで幾度となく攻めあがる。
羽生も絡んだ右サイドの崩しで得たコーナーキック、平山の競り合いがこぼれたボールを迷いなく左足で振りぬいた一発は、抑えの効いたシュート回転でサイドネットに突き刺さった。
全体的な動きで言えば正直、まだまだ。
ディレイなのかプレスなのかはっきりしない守備時の相手との間の取り方など、試合感のなさは節々に見受けられた。
しかしそれを補って余りあるアグレッシブなスタイルが勝利に結びついたことは大きい。
画面に大きく映し出された頼もしき14番の背中に、ようやく元・14番への想いを断ち切るときが来たんだと、悟された気がした。
いまさらだけど、なんだかんだで東京の14番がピッチで躍動するの、久しぶりだったからさ。

優勢だったともいえるし、紙一重だったともいえる。
攻撃の形でいえば京都戦のほうがクリエイティブだったし、アイデアも多かった。
しかし負傷者が続き、やることが限られたことで吹っ切れたか、まずはハードワーク、勝つための戦い方がシンプルで刺さった。
最終ラインとその前のセンターが固まってきたのは大きい。
後ろがしっかりすれば、うまくいかなくなったときに立ち返れるからね。
その意味では梶山の負傷がどの程度なのか、かなり気がかりだ。
せっかくセンターに軸ができつつあったのに、替えの効かない選手だけに、入れ替えでまたバランスを崩してしまわないか、やや心配が残る。
一方で替わりに入った北斗が、移籍後長らく怪我に悩まされていた北斗が、初出場でいきなりの決勝点。
こういうラッキーボーイ的な存在は大切にしたいし、こういう勝利で勢いをつけたい。
苦戦しながら最後の最後で勝ち点3を獲得した大分戦、ナオのハットトリックで勝ちきった大宮戦と、弾みがつきそうな勝利はあったのにその次の試合で勢いを落とし、どうも乗り切れない。
ここでまたナビスコが挟まるってのがどっちに転ぶかわからんが、今度こそ勢いに乗り、まずはリーグ戦、星を五分に戻したい。

c0025217_184713.jpgc0025217_185954.jpg

最後に余談。
ピッチでは平山、徳永、北斗、渡邉、兵働と国見祭りが繰り広げられていたが、今日のスカパーは実況・八塚浩、解説・名波浩、監督・城福浩の浩祭りだった。
by blue-red-cherry | 2009-05-17 01:10 | FC東京
<< 水炊き バーミヤン >>