ジェフユナイテッド千葉×FC東京 ナビスコカップ予選リーグ第3節

c0025217_13383734.jpgc0025217_1340719.jpg

久しぶりな感じがするなーっと思ったら、約三ヶ月ぶりの再開だった。
ナビスコ予選リーグ第3節、アウェーで千葉戦
平日ナイターでフクアリと、難易度高めの遠征だったが、万難を排して馳せ参じた。
今年はいろいろあってスカパーで済ましがちだが、やはり生で選手たちの頑張りを見て初めて伝わるもの、見えてくるものがあるな。

c0025217_13402482.jpgc0025217_13403811.jpg
c0025217_13405366.jpgc0025217_1341214.jpg
c0025217_13411396.jpgc0025217_13412180.jpg
c0025217_13413148.jpgc0025217_13413844.jpg
c0025217_13414831.jpgc0025217_13415767.jpg
c0025217_1342716.jpgc0025217_13422239.jpg
c0025217_13423491.jpgc0025217_13424516.jpg
c0025217_13425844.jpgc0025217_13431110.jpg
c0025217_13432235.jpgc0025217_1343355.jpg
c0025217_1343492.jpgc0025217_13435995.jpg

昨年の最終節も先日の国立も、幸か不幸か不参加だったゆえに、リベンジに対する熱はそれほどでもない。
しかしこの試合、リーグより団子な状況で、勝てば決勝トーナメントも視野に入るし、カップ戦の今後の戦い方に少なからず影響を及ぼすであろう、大事な試合と踏んでいた。
さらに東京は、カボレ、石川に加え梶山をも欠いた苦しい布陣。
飛車角抜き、チームの総合力が問われ、チャンスを得たフレッシュな選手に期待がかかるゲームとなった。

互いに絶好調とはいえないシーズンを送っていることもあり、立ち上がりは慎重を期していた。
守備意識の高さは球際の争いや出足の鋭さに現れており、両軍ともマイボールは素早く前線にほうり込まれる。
両方のエリア前でたびたび繰り返されるフォワードとディフェンダーの争い。
ここの差が結局、立ち上がりのほうり込みの時間のみならず、試合全体の趨勢を左右した。

徹底して巻、巻、巻の千葉。
フィードの精度は高くも低くもなかったが、芸もない。
いくら巻でも単純なハイボールでは、条件は五分。
今野とブルーノのコンビは、状況に応じてマークを受け渡しながらきっちり対処していた。
相手のまずさに助けられた感もあるが、今ブルの熟成具合はいよいよ高まってきた。
互いの信頼関係がしっかり構築されていて、片方のフォローが約束された関係性で、片方が思い切りよく当たりにいけている。
信頼しすぎてか、勢い良く行き過ぎてブルーノがかわされての大ピンチもご愛嬌…なわけはなく、城福さんの大目玉でも食らって、反省して欲しい。
それはともかく、2人とも超積極的。
ブルーノの攻め上がりも目立ったが、それ以上に今ちゃんの攻め上がりがハンパじゃない。
ボランチをやってるときの、奪ってそのまま一人カウンター、に近い勢いと深度。
今ちゃん独特の、ちょっとでかすぎる切り返し、からのドリブル。
変わらず力強く安定した守備ともども、強い意志を伴ったプレーぶりだった。
こりゃあ、腹括ったか?
オレは今ちゃん本気出したら、中澤、闘莉王の牙城に割って入る力あると思ってるよ。

今ちゃんの個人的な充実も嬉しい限りだが、このCBコンビはもはや東京のコアだ。
若い2人が並んだ右サイド、草民と椋原、ヨネのフォローでも足りずにジェフのプレスに追い込まれた狭いエリア、厳しめのバックパスをブルーノが確かに繋ぎ、今ちゃんで抜け出す。
あのシーンを見たときに確信した。
攻めに厚みを出すオーバーラップと、ポゼッションを安定させる確かな技術。
ここがしっかりしてれば、まだまだ少ないが、今まで以上にポゼッション高めながらのチャレンジが増やせるだろう。
一度これ見ちゃうと、2人のどっちかが欠けたとき、怖いなー。
30日の京都戦は今ちゃん代表かな?

センターバックだけがしっかりしてればいいってわけでもない。
久々の椋原が不安定だったのもあるが、長友が高値安定してきた。
これにもCBの充実振りがあると思うけど、持ちつ持たれつ、CBからのパスの受け先としてちゃんと開いてる(一度、手詰まりの右サイドを救ったブルーノ、今ちゃんと来て、長友が開いて完全フリー、絶対にそこに出すかと思ったら90度回れ右でヨネに縦パス出したときはブルった。今ちゃん見えすぎ、チャレンジ意識高すぎ)。
鍋っちで全国に振れ回った効果か、ゴリマッチョの面目躍如、体で奪う、抜くパターンが増えた。
スマートじゃないかもしれないけど、技巧派じゃないんだから、変にまたいだりするよりよっぽどいいよ。
迷いがなくなると急によくなる長友選手。
独特の嗅覚が成せる、絶体絶命を救うプレーも見られてきたし、いいよいいよ。
いいよいいよなヨネもすごい。
引き続き、画面から見切れるところから寄せる守備が効きまくり。
この瞬発力というか、個人守備範囲の広さも目立つけど、やっぱりポジショニングが抜群だ。
右にも左にも、前にも後ろにもいけるスタート位置がブレないところ、そしてプレスかけるときはやりきるところ。
少しずつ、自分の良さが出せてるよね。
インターセプトとボール奪取の能力、両方高いから、高い位置でいい状態でボール持ってることがままあるんだよな。
そこから先の精度が上がったら、かなりのことになってくるよ。
目指せ、マルコス・セナってとこですか。
権田の目に見える成長振りも見逃せない。
元々キックの質は塩田以上だったのもあるが、センターバックとの連携が向上し、自信をつけてきたこともあり、東京史上かつてない、バックパスの使われぶりではないだろうか。
現代サッカーでポゼッションを高めたいのであれば、ユーロでのオランダが記憶に新しいが、CBはもちろん、ゴールキーパーを経由することなんてザラだ。
ブルーノが多用していたが、至近距離での頭でのバックパス、特段変わったプレーではないし手堅い手段だが、今までの東京では滅多に見られなかった。
ゴールに張り付くだけではなく、攻撃への貢献を見据えたポジショニングができてきているのは頼もしく、末恐ろしい成長振りだと思う。

若手が活き活きやれたのにもワケがある。
羽生と浄のバランサーっぷりったらなかったね。
この2人は試合中、かなり意識し合ってたと思う。
どちらかが必ず、ポゼッションのフォローに行き、行かないほうは空いたスペースのフォローでカウンターのリスクに備える。
昨日は基本2トップを軸に据えた戦いだったし、その2人の出来が良かったから、羽生も無理をする必要がなかった。
経験や知見をピッチに落とし込み、さらに献身的な運動量を誇った2人が、堅調な戦い方を支えていた。

c0025217_13444884.jpgc0025217_1345155.jpg
c0025217_13451433.jpgc0025217_13452742.jpg
c0025217_13454171.jpgc0025217_13455284.jpg
c0025217_13464812.jpgc0025217_1347652.jpg
c0025217_13472094.jpgc0025217_13473650.jpg
c0025217_13474818.jpgc0025217_1348121.jpg
c0025217_13481366.jpgc0025217_13482524.jpg
c0025217_1348542.jpgc0025217_1349717.jpg
c0025217_13492013.jpgc0025217_13493669.jpg
c0025217_13495346.jpgc0025217_1350579.jpg
c0025217_135018100.jpgc0025217_13503077.jpg

梶山不在を感じさせなかった最大の要因は、2トップの出来にあったと思う。
正直言って、ここまでの重用ぶりがまったく理解できなかった祐介だが、相棒とのバランスを上手にとることで結果を出した。
トップに張ってターゲット、潰れ役を担い、平山のポゼッションの起点となるとなる動きをサポートし、逆に平山がターゲットになるときは信じて得意の縦への動きで邁進する。
決勝点の場面では、数分前にまったく同じパターンで抜け出しており、確信を持ったトライだったことがうかがえる。
ゴールに至るまでの半ば強引な突破、力強いシュートは、オレたちが思うところの持ち味。
いまいち重く見えていたのもすっきりしたし、単純に絞れてきたんじゃないかな。
もしこのまま平山を軸にしていくのであれば、彼との相性が起用の判断材料になるし、祐介にとっては得点以上に手応えを感じる試合になったのではないだろうか。

平山は一人、別次元のプレーヤーに見えた。
空中戦では巨漢のボスナーの遥か上を飛び、地上戦でも2人、3人のディフェンスを寄せ付けない。
良さを活かす一方で自分に足りない部分も分かっており、ミドルに見れる積極性、シュート意識、ゴールへの執念はいつになく高まっている。
終盤、1対1を制して上げた、北斗の速く鋭いクロスに飛び込んだ場面、ああいう形を増やせればいずれゴールは生まれるだろう。
それでもこなしているほかのタスクを考えれば、いかに彼に求められている役割が多く、重要なものであるかが分かるものだが。
驚くべきは更なるチャレンジをしていることだ。
祐介とのバランスがとれていたこともプラスに働いていたが、昨日は相手ラインの裏を猛ダッシュする、平山の空走りという珍しい現象が多々見られた。
中盤の争いでの被ファウル時に、素早いリスタートを促して猛然と裏へ走り出す姿なんか、羽生とダブる動きだよ。
あの相太さんが。
ちょっと感動した。
変わろうとしてるんだよね。
すでに別次元のプレーを可能にするスケールを持ちながらも、いまひとつブレイクスルーできてなかったのは、この辺なのかもしれない。
光り輝く頭同様かそれ以上に、鋭く光る目つきを見てると、いよいよか、って気にさせられる。

長くなったけどあともうひとつだけ、お目当てのひとつだった草民。
平山もそうだけど、草民も若くして自分のスタイルが確立されて、活かし方も知ってる選手で、だけど彼もまた変わろうとしているのがヒシヒシと伝わってきた。
オレなんかは消えてろ、消えてろ、消えて消えて消えまくって一瞬の仕事をしろって、いつまでも久我山のキングのスタイルに縛られちゃってるんだけど、ちゃんとチームの歯車のひとつになろうとしてたよね。
決してハードワークではないかもしれないけど、中盤に位置した前半は相手2列目、3列目を遅らせるケア、祐介に代わりトップに入った時間はきっちりフォアチェックを欠かさなかったし、背負っての楔もこなした。
ちょっと真面目すぎるかなーって思ったけど、数度あった前向きでの攻撃機会で、ひとつはカウンター時、早めのパスを選択すればシンプルなサイドアタックが実現した場面で、わざわざ2、3人のディフェンスを寄せてからチョップキックで裏のフォワードを狙ったシーン。
もうひとつもカウンター、バイタル手前で前を向き選択肢はいくつかあったが、サイドの上がりが囮になるタイミングで浮き球のスルーパスを羽生へ送ったシーン。
らしさは出てたよね。
頑張ってるなー、草民。
最後に見たのが駒沢での悔し涙だっただけに、なんかすげー嬉しくなった。

c0025217_13504614.jpgc0025217_1351599.jpg
c0025217_13512029.jpg

完璧な試合ではなかったと思うけど、明らかに昨日の試合は勝ち点3だけではないものを狙っていたし、それだけの成果を得られていたと思う。
ただ勝ち点3を取りに行くんだったら、恐らく草民のところに達也を入れたほうが即効性は高かっただろう。
草民だけじゃなく、CBの攻め上がりだったり、2トップの裏狙いだったり、チャレンジの方向性は確固たるものがあった。
交代出場の北斗に達也(赤嶺は短すぎるので割愛)も持ち味を出していたし、ベースの組織がしっかりしてきたので、そこに持ち味を乗せやすく活かしやすくなってきてるんじゃないかな。
大竹の復活もそう遠くないと思うし、石川やカボレが戻ってきても割りとスムースに戦力が積まれていくイメージがある。
とはいえいいイメージばかり持ってると、崩れたときのショックが大きいので、もうちょっと勘ぐっておこうかなww
そのひとつではあったけど、これが梶山不在時のたったひとつの正解というわけではないしね。

クラシコはいろんな意味で試される試合になりそうだけど、果たして。
by blue-red-cherry | 2009-05-21 13:52 | FC東京
<< 櫻月 弁当 >>