FC東京×モンテディオ山形 ナビスコカップ予選リーグ第5節

c0025217_14305656.jpgc0025217_1431686.jpg

京都戦は映像も見れなかったので、クラシコ以来、えらく久しぶりに感じた山形戦
心配された天候もなんとかもち、アフター5の国立、オープンエアの開放感を堪能した。
バックスタンドには招待券の集団も数多く見られ、一列びっしりスーツにネクタイの図は壮観だった。
そんな一見さんも多かっただけに、相太や草民へ、いつもより早漏な野次が飛び交っていたが、最後は多くのゴールが見られて満足してたみたい(というか出来上がっちゃってる人もお見受けしましたが)。
味スタを満員へ、の道はまだまだ険しい。

原さんのときにはよくあった、ハーフタイムの檄で生き返る試合。
城福体制になってからも立ち上がりのまずさは再三指摘されてきたし、前半がそんなによかった記憶はないが、ここ数試合はむしろ後半のガス欠、クローズできないゲーム運びが課題に挙げられていたから、久しぶりな感じがした。

c0025217_14315342.jpgc0025217_1432442.jpg
c0025217_1432171.jpgc0025217_1432436.jpg
c0025217_14325520.jpgc0025217_1433823.jpg
c0025217_14332037.jpgc0025217_14333232.jpg
c0025217_14334578.jpgc0025217_14341045.jpg
c0025217_14343714.jpgc0025217_14345075.jpg
c0025217_143544.jpgc0025217_14351643.jpg
c0025217_14353072.jpgc0025217_14355015.jpg
c0025217_1436671.jpgc0025217_1436216.jpg
c0025217_14363567.jpgc0025217_14365356.jpg

東京のまずさもあっただろうけど、前半の山形優勢を実現したのは、山形の精力的なプレスに尽きる。
キックオフからトップギアで、1分経たないうちに長谷川が権田と1対1のビッグチャンス。
さらに右サイド、全体の連動した押し上げからダイレクトのパス交換であっさり破り、クロスに対し戻りきらない東京ディフェンス、枚数が足らないところを長谷川が潰れて廣瀬に詰められて先制された。
この場面に限らず、キム・ビョンスクを中心にした山形の右サイドの攻撃は、石川竜也のサイドで寄せた末にアタックするポイントになっており、長谷川へ幾度か有効なクロスを上げさせてしまっていた。
北斗の負傷退場の際に、後手に回っていた徳永を右へ、対人に強さを発揮する椋原を左へ入れたのは采配の妙。
もちろん椋原の頑張りも。
結果としてキムも負傷退場し、椋原投入で抑えていた東京左サイドは攻撃の起点にまでなりえたほど盛り返した。
この対応がもう少し遅れていれば、前半のうちに痛い2点目を喫していた可能性もある。

逸れたが、山形の前半の勢いは確かなものだった。
ここ数試合の東京の良い時間帯をきっちりスカウティングしてきた印象で、トップの平山と、ビルドアップの礎となる最終ライン、このセンターの二つの軸には徹底して激しく当たってきた。
序盤は、いよいよ得点を求める気負いがあったか、足元落ち着かなかった平山を、鋭く狙って掻っ攫う守備が効いていた。
最終ラインへの積極守備も納得の采配で、さらにバツが悪いのが、東京の最終ラインからのビルドアップは今ブル揃い踏みではじめて機能する代物。
京都戦で久しぶりの出場を果たしたものの、京都がどうやってきたかはわからないが、山形の激しいプレッシャーの前に、平松の万全ではない足元が格好の獲物になっていた。
心もとなさが伝播したか、ブルーノもいつになく落ち着かない。
蹴りださざるを得ない展開が続き、攻撃の補助はできなかったが、無理して繋いで致命的なミスを冒すよりははるかにマシ。
ここは個々のレベルアップに期待するか、補強するしかない泣き所だが、かようなプレス型チームを前に自分たちのスタイルを実現するには必要不可欠な要素であることを改めて思い知らされた。

もうひとつ、山形の狙いどころにされていたのが梶山。
個人的には今季、またムラっ気が目に付き、特にここ数試合の雑なパフォーマンスには不満があった。
10番に求められるのは苦しいときこそ落ち着かせ、前を向かせ、そして試合を決めるくらいのパフォーマンスだと思ってるから、フロンタに逆転されていのいちばんに匙を投げたかのようなプレーなどを目にするたびにガッカリしていた。
安定しないパフォーマンスは精神的なもの、直らないムラっ気はどうにかならんものかと思ってたんだが、山形のプレスと梶山のロストを数度見ていると、そもそも梶山の不得手っぽいプレーが見えてきた。
梶山は前向いてのボールキープであれば2人、3人とこられても体躯で、技術で、強引にやり込める力があるんだけど、背負ってのプレーや半身でのパス精度にかなりブレがあるように、最近思う。
今ブルのときは彼らからのフィードも望めるし、2人は梶山と並列の位置まで上がってきてくれるのでそういう場面が少ないが、昨日みたいなシフトだと、梶山が下がってもらいにいかないとボールが出てこないケースが多い。
そこを山形は徹底して狙ってきた。
梶山の体の強さと技術をもってすれば、それこそ平山並みに背負って、いなすことも可能なように思えるが、梶山がそういった背負ってのキープをする場面はあまり記憶にない。
逆に自身のなさがそうさせるのか、CBからのボールを、背後からのプレッシャーに負けてか、可能性の少ないヒールキックで流してはミスる場面とか、よくあるでしょう。
あの軽いプレーはあの位置の選手がやるべきプレーではない。
仮にそのダイレクトプレーでいくつかのプレスをショートカットでかいくぐったところで相手ゴールまでの距離はまだまだ残ってるし、リスクの割りに得られるものは少ない。
半身のパスについては、平山とカボレがトップに張ってることでミスじゃなくなるパターンが増えて目立たなくなったが、横パスを右足でチョップ気味に浮かせるアレ。
あれって、どう考えても成功の確率低くない?
シャビ・アロンソとかもよくやるんだけど、あれもトーレスだから通ってるとか。
周りありきだけど、シャビ・ヘルナンデスやイニエスタのパスワークにああいった選択肢はないよね。
的としてのサイズが大きい平山と、目標としたときのレンジが広いカボレが相手であれば機能しているし、逆説的に考えるとあれくらいのダイナミズムがチームをワンランク上に押し上げるのかもしれない。
けれど、今のチームで求められる役割を考えれば、もっとカンタンなプレーを、シンプルなプレーを織り交ぜるべき。
梶山の才能を持ってすれば、背負ってようが半身でプレスを受けようが、止めて蹴ることは可能なはず。
無理のないプレーがベースになればミスも減り、安定感も出てくるだろうし、一発の超人的なプレーの効果も増すだろう。
一方で前を向き続けるという選択肢もある。
ハーフタイムに名指しで叱咤され、反骨心を原動力に指揮官を認めさせた梶山のプレーは後半、終始前を向いてのプレーが目立った。
ひとつは例によって若年寄の米本が気の利いたポジショニング、顔出しで梶山の負担を減らしたこと。
もうひとつは梶山自身の運動量が格段に増えた。
動いてマーカーを外す、セカンドボールを拾う、意識的な動きにより自分の得意な形でボールを扱える場面が増えた。
これも梶山の良さを引き出すひとつの方法だ。
今野、平山という前後の軸が出来たことで梶山の過負荷はだいぶ改善されたが、ひとつ歯車が狂えば連鎖的に全体のパフォーマンスを落としてしまう。
センターラインの安定は、チームのレベルアップ、ステージを上げるために不可欠な要素。
主軸の踏ん張りに加え、選手層の充実は大きな課題だろう。

c0025217_14373979.jpgc0025217_14375713.jpg
c0025217_14381490.jpgc0025217_14383070.jpg
c0025217_14384557.jpgc0025217_14385993.jpg
c0025217_14391329.jpgc0025217_14392763.jpg
c0025217_14394155.jpgc0025217_14395596.jpg
c0025217_14401020.jpgc0025217_14402493.jpg
c0025217_14403733.jpgc0025217_14405365.jpg
c0025217_1441927.jpgc0025217_14412723.jpg
c0025217_14414254.jpgc0025217_1441589.jpg
c0025217_14421636.jpgc0025217_14423072.jpg

後半の反攻は城福さんも認めている梶山の豹変もあるし、結果オーライだった椋原の起用とキム・ビョンスク離脱による左サイド制圧、平山、カボレのコンディションが上がってきたなど、諸処の要因の積み重ねであることは間違いないが、山形のペースダウンも大きく作用した。
まったく別のチームといっていいほど、プレスは弱まり、局面での激しさも消えてしまった。
プレスが弱まれば、技術、スピードなどで上回る東京に分がある。
パスワークでディフェンスラインを揺さぶりながら、時折の仕掛けとポジションチェンジでスペースを作り、梶山のミドル、カボレのスピードを活かした突破で一挙に逆転した。
後半の山形に見せ場はなく、後半だけ見ればスコアどおり、圧勝だ。
前後半で個々の選手も見違えたが、相手の守備も弱まり、自身の緊張も解けた平山は2アシスト。
楔と下がってからのパスだしと、その仕事ぶりはいよいよもって、ヒラバトフ。
焦るな、絶対ゴールできるから。
だって、カボレだってできたじゃんww
久々に鬼の身体能力発揮したな。
やっぱり難しいゴールのほうが得意なんだよ、カボレは。
これがあるから、外せないんだよなあ。
赤嶺、祐介、腐らずに頑張れ。

そんな試合だったからこそ、相手のプレスが強かった前半に光ったプレーにこそ、意味がある。
この日の山形の戦い方は、今野、長友、羽生が戻れば多少変わってくるだろうけど、有効なことは間違いない。
その上でプレッシャーを無力化したいくつかのプレーが光った。
まず、絶好調!絶好調!の石川直宏。
度肝を抜かれるプレーの連続だった。
開始5分、いきなりの先制に消沈しそうなところで、オフサイドにはなったものの平山との連携からネットを揺らす。
14分にはバイタルエリアでの崩しに加わり、ダイレクトパスで草民の抜け出し、シュートをアシスト。
連携の中できちんと機能してみせたかと思えば、個人技でさらに魅了する。
38分には中央からドリブルをスタート、2人、3人、と寄せてくるディフェンスをかいくぐり、引き付けながら山形陣内、右サイド深くまで侵入し、前半ロスタイムにはコーナーキックからのカウンター、まずは五分のクリアボールを収めたプレーからしてすごかったが、そこから一気に加速、相手はファウルで止めるしかなかった。
もしかしたらこれだけキレてると、まったく匂いのしなかったフリーキックも入っちゃうんじゃねえの?なんて思ってたら、際どく枠内に落としてきた!
今まで見たナオのフリーキックでもっともゴールに近かったんじゃないだろうか(ファインセーブしたのが大志ってのが皮肉)。
全体に動けてきた後半は若干インパクトを落としたが、90分攻守に走り回る姿にキャプテンマークがよく映えた。
名実ともにチームを引っ張る充実のシーズン、パッとしない大久保と怪我の癒えない田中達也の代わりに、左ウイングのポジションに置いてみてはいかがでしょうか?

幾度かゴールに迫った草民も着々とフィットしてきている。
得意のドリブルはまだまだ、Jのディフェンダーを外すタイミングを掴めてない印象だが、勘所を抑えた顔出しは攻撃のリズムを切らず、逆にテンポアップに貢献している。
球離れもいいし、ややパススピードが弱いのが気になるが、今のところ上々すぎる滑り出しだ。
使ってもらえているうちにJのリズムを掴み、ストロングポイントであるドリブルや、フィニッシュでアピールしておきたい。
一方で悩める2シーズン目を送る大竹だが、昨日はだいぶよくなってきているように映った。
平山が下がってきてトップには赤嶺がいて石川が右に開いている以上、ドリブルで仕掛けていくスペース、裏に飛び出していくスペースはない。
出場機会が限られているので、これまではアピールする気持ちが強く、スペースのないところないところへ突っかけていく悪循環が見られたが、昨日は焦らずじっくり、ボールポゼッションの潤滑油としてその技術の高さを活かせていた。
もちろんそのスペシャルな左足を活かすため、せっかく鍛えた体躯を活かすためにはドリブルやパス、シュート、ゴールへの直線距離を仕掛けたいところだが、今はまず、チームのポゼッションの中に溶け込むことが正解だと思う。
中にワイドにバランスよく使うためには、縦横でパスを繰り返してギャップを作っていくことが重要になる。
その流れで必ず、出し手にも受け手にも、個の才能を求めるチャンスが出てくるはず。
パスサッカーのピースになるための素養はまったく問題ない。
今シーズンは自分の磨いてきた部分と、チームが醸成している土壌にズレが生じてしまっているんだと思う。
まずはチームの中の流れを把握すること。
それができれば鍛えた体も、持ち前の才能も、自然と活きてくるんじゃないかな。
こんなもんじゃないでしょ。
2人とも。

最後に2人の大志。
駒沢以来の「ドンドドン、ドンドドン、大志!大志!」。
あれ、そのまま平松にあげちゃえ。
正直マイボールのときは腰引けすぎだし、もっと自信を持ってやってほしいけど、相手の攻撃を止める、跳ね返すというディフェンスの本分の域ではきっちり仕事したと思うよ。
特に後半は相手の攻撃もよりシンプルになったし、少ない守備機会で、身上である体を張ったプレーを見せてくれた。
得手不得手はあるだろうけど、レベルアップを目標に移籍してきた彼にとって、今の東京で求められるセンターバックの条件に挑むことは、素晴らしい挑戦なんじゃないかな。
対人の強さがベースにあるのは今野も一緒。
城福さんも期待してるから使ってるんだと思う。
今ブルのバックアッパー候補筆頭になりうるんじゃないかと、個人的には期待している。
山形の大志には素直におめでとうといいたい。
いくつかファインセーブも喰らったし、ゴールはすべてこっちの選手が素晴らしいのでww仕方ない。
清水健太がいいからなー。
出場機会は厳しいかもしれないけど、昨日いいプレーを見せてくれたように、腐らずに頑張れ(こればっか)。

c0025217_14431545.jpgc0025217_14433790.jpg
c0025217_14435346.jpgc0025217_144492.jpg
c0025217_1444263.jpgc0025217_14444817.jpg

ナビスコは代表組も抜けるし、リーグとの兼ね合いもあるし、どのチームも普段とは違う一面を見せてくれる。
それぞれに物語があり、思うところもいろいろだ。
一方で、そんないろいろをひっくるめてのチーム力も試される。
なんだかんだで東京は、よくやってると思う。
今季の終わり、まだまだどうなっているかなんて見えない時期だが、例えば去年の成績を下回ったとき。
フロントは城福さんと東京の理想のサッカーを目指す旅を続けさせてくれるのかな?
どうもそこんところが信用できない(と同時に台所事情が楽じゃないのも納得)。
だからこそ、タイトルを取る可能性はひとつでも残しておかなきゃいけないと思うのです。
ナビスコは絶対に、全力で獲りに行くべし。
駒沢、超好きなのに行けない可能性80%…。


さて、お別れは狸とツバメのナイスコラボレーションです。
つば九郎のメタボっぷりと、燕太郎のシュールなヘッドスピンはマスコットファンならずとも揺さぶられるものがあったでしょう。
コンコースではファンテント、グッズ売り場とあらゆるところで小ネタを挟んできたつば九郎は、ドアラのお仲間として、球界を代表して、フリーダムな動きに磨きがかかっていたね。
ご祝儀で、つば九郎ブログ本を買おうかと思います。

c0025217_14515626.jpgc0025217_14521352.jpg
c0025217_14524678.jpgc0025217_14525463.jpg
c0025217_1453975.jpgc0025217_14531676.jpg
c0025217_14533011.jpgc0025217_14534079.jpg
c0025217_14535755.jpgc0025217_1454818.jpg
c0025217_14542329.jpgc0025217_14543290.jpg
c0025217_14545138.jpgc0025217_1455079.jpg
c0025217_14551547.jpgc0025217_14552494.jpg
c0025217_14553899.jpgc0025217_14554627.jpg
c0025217_1456060.jpgc0025217_14561496.jpg
c0025217_14562951.jpgc0025217_14564195.jpg

つばくろう、つばみ、えんたろう、おうえんありがとう!
これからもよろしくね!
by blue-red-cherry | 2009-06-04 14:57 | FC東京
<< 弁当 讃岐うどん大使 東京麺通団 >>