蒙古タンメン中本 目黒店

イェエエエエ、ボォィイイイイイイ!
1ヶ月ぶりのラーメン、つうか「中本」だぜ、ベイベー!
…なんつうハイテンションではなく、朝の会議からブルーチューズデーだった今日はそのストレスを吹き飛ばすため、というわけでもなくどちらにしろノー弁当デーだったので、解禁しようと思ってました。
いろいろ迷ったけど、あまり食べないでいてあの辛さがダメになっちゃってたらどうしよう、とかそんな理由もありつつ、解禁一発目は「中本」にした。

c0025217_2327205.jpg
c0025217_23272539.jpg
c0025217_23273247.jpg
c0025217_2327381.jpg
c0025217_23274435.jpg

もちろん、今までのような付き合い方では再びラーメン絶ちを強いられることになってしまう。
対策は遂行した。
まず、片手に黒烏龍茶。
そして定食をやめ、量をセーブ(その分、野菜大盛りとねぎトッピングで野菜を摂った)。
もっとも大事なのがスープを飲みすぎないこと。
これらをすべて徹底した。
それでも物足りないことはなかった。
店に入れば食欲をマックスまで上げてくれる唐辛子の香り。
慣れ親しんだ券売機を前に、迷わず北極をチョイスした。
これからは今までのように毎日、と言わずとも週2、3というペースでありつくことはまずない。
ラーメンを食べる貴重な機会、後悔しないよう、トップの辛ウマを食べた。
坊主頭から汗が湧き出、脳天にくるこの刺激、それを乗り越えて訪れる旨味の洪水。
忘れていた感覚が一気に甦った。
確かな辛さだが、一度身についた耐性はそう簡単に消えておらず、バッチリ楽しめた。
野菜大盛りで山と積まれたシャキシャキもやしも瑞々しく、北極のときは定番になりそう。
太麺を啜る感覚も、うどんとはやはり違う。
色あせない辛ウマを前にスープをズンズン飲みたくなったが、グっと堪えて店を出た。

やっぱり「中本」の辛ウマは最高だ。
たまに食べるからこそのありがたみがあるのかもしれない。
改めてラーメンに向き合うと、大衆食のイメージに包まれながらその実、結構な贅沢品だと感じる。
そして体に与える影響を考えると、その美味さと相俟って、タバコや酒に通ずる嗜好品だといっても過言ではない。
何を今更、とはごもっとも。
自戒せねばならぬ過去を省みれば省みるほど、大切さが分かり、より愛情も深まった。
長く付き合いたいので(バカ)、ちょうど良い距離感を保ちたいと思う。
by blue-red-cherry | 2009-06-09 23:37 | ラーメン
<< 豚バラ肉のオクラソースがけ SEEDA >>