FC東京×清水エスパルス ナビスコカップ予選リーグ第7節

c0025217_2231598.jpgc0025217_2232511.jpg
c0025217_22322268.jpgc0025217_22323183.jpg
c0025217_22324148.jpgc0025217_22324937.jpg

決勝トーナメント進出をかけたナビスコ予選リーグ最終節、清水戦
行きたかったぜ、オレの駒沢…。
仕事中に結果を知ってしまったのでMXの録画をまったりと見たので、あっさり目に感想をば。

どちらも守備の意識が先に立つ試合だったが、清水の守備意識は自陣深い位置にあり、中盤の競り合いで東京が優位に立った印象。
清水は久々に見た本田拓也を含め、伊東テルも引き気味、東京がボールを持つとボランチが最終ライン近くまで引いた6バックのような守り方。
そもそも原一樹の1トップに枝村がシャドー、という布陣からして点を取るプランとしては弱め。
中盤を形成した藤本、兵働らと頭数はそろっていたが、中盤のプレスは弱く、ここで東京が主導権を取れたのは大きい。
対する東京は平松、ブルーノ、右に椋原、左に徳永の4バックと、中盤の4枚での2ラインのブロックが連動して守れていた。
梶山をアンカーの位置に、攻守で米本がフリーマンとして動くダブルボランチ、さらに攻守に運動量多かった石川と草民のオフェンシブも加わり、ワイドでしっかりブロックを形成。
清水の中盤をサイドに押し込み、楔への対応も早く、常に数的優位を保って奪えていた。
この日の駒沢は相当に暑かった様子で、前半も半ばから間延びしたり、両者にパスミスが見られたりしていたが、こういう状況の中でチームの統一意識としてまずはしっかり守備、というのが見て取れた。
スペースを潰したこと、連動した守備ができていたことで清水得意のパスワークは鳴りを潜め、なんだかんだでいつもやられていたミドルも封殺。

梶山アンカーがかなり効いていたように思う。
攻撃の面でも最終ラインから引き出しての展開をするためにそのポジションが都合良かったが、中盤低めでどーんと構えるポジショニングは結果として清水のバイタルエリアに常に蓋をすることになっていた。
このエリアを使いたかったであろう枝村や藤本はサイドや低い位置での守備を余儀なくされ、逃げれば石川や草民が追い込んでヨネが奪いかかる、そんな守備網に引っかかっていた。
セカンドボールを拾われることもほとんどなかったんじゃないかな。
梶山はトップ下とかボランチとか、与えられるポジションの違いだけで随分守備意識に差が出る選手だと思う。
天才肌の選手なのは間違いないが、タスクをこなす意識も人一倍強い。
その意味で中盤の最後尾、攻撃面である程度の自由を与えられつつも、失われたときのリスクが高く、最終ライン前の防波堤の役割も兼ねるアンカーというポジションを与えるのは非常に理に適っている。
ポジショニングの指示、プレーの指示はかなり細かく与えられていたんじゃないかな。
攻め上がりはかなり自重していたし、ボールタッチがいつになくシンプル。
一回、清水陣内深い位置でヒールパスを失敗、カウンターを喰らったが、あの位置でのチャレンジは許容の範囲。
持ち場では最終ラインのボールを引き出し、もしくは中盤の組み立てなおし、ショートカウンターの基点として縦に左右にシンプルかつ効果的なボールをフィードしていた。
清水の速いカウンターに対し数的不利な状況で、ファウルになったもののロングボールをサイドまで追いかけて必死に喰らいつき、スライディングで防いだ場面も印象的だ。
攻守に全体を広く、良く見えていた。
この試合ではタスクをこなすこと優先なため、高い位置で決定的な仕事をする超人的なキープ、ドリブル、強力なミドルなどが見られなかったが、ここはパートナーとの関係が熟成されていけば一時的な役割のスライドが可能にする。
梶山にとってこのアンカーのポジションこそ、才能を活かし、伸ばす場だと確信している。

梶山アンカーとともにその可能性に大きな期待を抱かせるのが、相棒の米本。
梶山がどっしりと構えていることを最大限に利用し、中盤を上下左右縦横無尽、蒸し暑さを感じさせない無尽蔵のスタミナで動き回って一番の存在感を見せた。
攻守のフリーマン、と呼べる動きで、梶山と縦、横に並ぶポジショニングでセンターのゾーンを担当こそしているものの、特定のマーカーは持たず、ボールホルダーへのプレスを掛けつづけた。
ときにそれはインターセプト狙いであり、プレスの第1波であり、ときに連携したプレスの最後の捕らえどころになって、と自在。
攻撃でいえばキックの種類、とかになるんだろうけど、守り方の種類が多いというか、密着してのマークも、一気に間を詰めるプレス、スライディングも得意とする、多彩な守備スタイルが躍動している。
攻めの部分での存在感もいよいよ確信レベルに近づいている。
「あれ、ヨネいいとこいるなー」と偶然に近い感覚だったポジショニングが、「またヨネだ」、「そう、そこ!誰か、ヨネ!」と頻度を上げ、期待に応えるモノに変化してきている。
たまたま空いてたからもらった、というのではなく、もらえる位置に顔を出し、しっかりと要求が出来ている。
シュート、パスの精度も少しずつではあるが、漸進を感じる。
天をあおぐ、おなじみのポーズが見られるのも今のうち、かもしれない。

c0025217_2233694.jpgc0025217_22331976.jpg
c0025217_22333457.jpgc0025217_22334161.jpg
c0025217_22335262.jpgc0025217_2234264.jpg
c0025217_22341220.jpgc0025217_22342040.jpg
c0025217_22342983.jpgc0025217_2234416.jpg
c0025217_22345121.jpgc0025217_2235253.jpg
c0025217_22351322.jpgc0025217_22352325.jpg
c0025217_22353270.jpgc0025217_2235399.jpg

梶山アンカー、ヨネが自在に動く。
センターハーフのこの構成が試合を優位に進めたのは間違いないけど、それ以外の部分でも良いところは目立った。
平山がいないときは、平山を軸に据えたときほどのパスワークこそ見せられないものの、その分個の頑張りが光る。
まったく同じ役割を意識したわけではないと思うが、祐介の自己犠牲の精神に溢れた頑張りは目を瞠った。
カボレが好調な分、彼を活かそうという意識が見て取れ、先制点の際の迷いのないフィードはそれの最たるものだろう。
草民もまた、祐介に似たフォア・ザ・チームの精神を感じる。
ホントねえ…半年前に久我山のキングとして、ゆらゆらとサイドライン際を好きなように漂っていた姿が遠い昔のことのよう、いや、もはや別人のようだよ。
決定的な仕事をするにはあとワンテンポ、判断と仕掛けのスピードを上げることが必要だが、それ以外の部分ではチームの流れを切らないプレーができている。
慣れればもっと、フィニッシュに絡む仕事も増えてくるはずだ。
意思さえあれば、時間が解決してくれるだろう。
途中出場の大竹も、だいぶ霧が晴れてきたように見えた。
なんとか結果を出さなければ、という気負いが消え、リードしているチーム、ボールを失わずに回していきたいチームの中に持ち味の技術を溶け込ませていた。
顔を出しては散らす、気の利いたプレーは良いリズムを生んでいたし、これを続けていけば城福さんの信頼もチーム内での信頼も増していく。
焦らず焦れず、そのときは絶対にやってくるから。
同期の椋原も、若手とは思えない「計算できる」選手ぶり。
この安定感は異常だよね。
全力でやる姿勢は変わらないけど、いっぱいいっぱいな感じはない。
長友、徳永と越えるべき壁は高いけど、着実に成長している。
でもって権田!
見事なPKセーブだったね。
不安定なレフェリング、暑さ極まる中で、あのPKが決まっていたら何が起こるかわからなかった。
優勢を保った試合展開の中、少ないピンチに集中していた。
大迫に続いて大前、スター候補の被初ゴールホルダーは嬉しくないだろうけど、見てる人はちゃんと見てる。
塩田復帰以来、その成長のギアが上がった気がする。
おほっ、アーセナルかっつうほどの10代選手の躍進ぶり。

先制ゴールのカボレと、貴重な追加点を決めた石川にも触れないわけにはいかない。
連続ゴールで乗ってきたカボレ。
高い打点でバネのあるヘディングシュート、ああいう動きは彼にしかできない。
いい感じにカボレにマークが集まり、ほかの選手がそのスペースを使う、いいときのバランスができてきた。
一番活かせているのが石川だが、彼の場合はマークのあるなしに関わらず、本人のキレが本当にハンパない。
スピード全開、体のキレの良さも一目瞭然だが、落ち着いてコースを狙ったゴールシーンから、試合終盤の省エネプレーまで、適切な判断と適切な力の加減ができている。
技術、体力の充実が、強い責任感の持ち主ゆえに空回りしてきたこれまでのシーズンとは違う。
3、4人引き連れて、自陣から敵陣ペナルティエリア深くまで突き進んだドリブルのシーンも圧巻だった。
止まらない、止められない。

城福さんも言ってたが、代表召集、怪我人の離脱を経て、各ポジションの競争が激しくなってきた。
ここ数試合、経験を積み重ねてきた平松も自信を深めているように思う(権田のPKセーブにいのいちばんで駆けつけたシーンは笑えた。あれは反省しよう)。
今ちゃんと平山がいればそれぞれ、最終ラインと前線でビルドアップの強度が増すが、いなければいないなりの試合をするようになってきた。
ちょっと前では2人が欠けるとしょぼーん…だっただけに、確かな手応え。
この試合に限っていえば、結果として勝ってなければ柏に上にいかれてたわけで、勝利が絶対条件のギリギリの試合をものにしたのはデカイ。
これで今年もトーナメントの緊張感が楽しめる。
単純にありがとう、と言いたい。
このチームは試合をこなせばこなすほど、伸びるしね。
一方でリーグ戦は14位と厳しい位置。
来週20日から始まる中断明けの数試合でなんとか勝ち点3を重ねたい。

さあ中盤戦、熱い夏が始まる。
by blue-red-cherry | 2009-06-14 22:37 | FC東京
<< 沼津港 ロールキャベツ >>