蒙古タンメン中本 目黒店

情けないことに、朝からのストレスを引きずったまま夜を迎え、わがまま言って夕飯は「中本」にした。
こう、良くないときに良くないことをしたがる癖は、これこそ三つ子の魂なんとやら、でなかなか治ってくれない。

c0025217_10501688.jpg
c0025217_10502745.jpg
c0025217_10503725.jpg
c0025217_10504794.jpg
c0025217_10505749.jpg
c0025217_1051653.jpg
c0025217_10511690.jpg

20時過ぎとか、今まできたことない時間で入ってみたが、ちょうど谷間の時間帯に、しかも2人客の隙間を縫ってすぐに座れてラッキーだった。
その後は次々に客が増え、あっという間の行列になってた。
ようやく6月の限定、冷・冷味噌ラーメンにありつく。
まずは定食を、前回きたときに隣の客がやってたいきなり全部混ぜるスタイルで食べる。
主役がくる前に平らげ、迎えた冷・冷味噌ラーメンは冷やし中華インスパイアと呼ばれるだけあって、酸味の効いた味噌スープな印象。
コーンやわかめも良く合ってて、なるほど、中本流の冷やし中華。
いや、冷やし中華であればもっとスープの量少なくていいし、これは冷やしラーメンだな。
中本を強く感じさせるのはヒヤミ肉くらいだが、これ、食べていくと酸味の奥からじわじわと辛味がやってくる。
酸味や冷たさが入り口になっているから気づかないが、これ、結構辛い。
キンキンに冷やしているわけではないのでぬるめな感もあるが、具沢山の野菜、いつもの太麺との相性は悪くなく、さすがの仕上げ具合だな。

なんだかんだで週1ペースで来ちゃってます。
でもほかは自制してるし、まあ箍が外れない程度に。
by blue-red-cherry | 2009-06-24 10:51 | ラーメン
<< ウェンディーズ 弁当 >>