づゅる麺 池田

ふぅ。
日記はその日のうちに書かないとダメだな。
サクっと振り返って、今日と向き合おう。

木曜ランチは再びノー弁当デー。
目黒まで足を伸ばし、「づゅる麺 池田」の限定冷やしラーメンを食べに行ってきた。
去年も相当美味そうな鶏の冷たいラーメンを提供していたはずだが、結局食べれずじまいだったので今年こそは、っと早めの訪問。

c0025217_9424294.jpg
c0025217_9425090.jpg
c0025217_943045.jpg
c0025217_943842.jpg
c0025217_9431690.jpg
c0025217_943256.jpg

美桜鶏の冷やし塩らーめん。
群馬の鶏肉に、伊豆大島の塩を使ったこだわりの一杯。
器ごとキンキンに冷やされて提供。
透き通りつつも、黄金に輝くスープに鶏エキスを感じ、期待は膨らむ。
冷たいスープはしょっぱいものにしても辛いものにしても、その味を際立たせる傾向があるが、その意味では塩気をグっと抑えて食べやすくしている。
かといって物足りなさはなく、鶏のエキスが臭みなく、しっかりと主張する。
繊細ながら、コク深い。
合わせる麺は平打ち縮れ、喜多方のスタイルに近い。
冷たく締められているので強いコシが楽しめる。
鶏で尽くされた具も素晴らしい。
しっかり味付けされた挽き肉は、スープに溶け込むことでスープ自体をも進化させ、何よりコンフィ!
鶏肉を表現する言葉でかなり上位の賛辞である、しっとりがしっくりくる。
柔らかく優しいしっとり感を超えると、強めの塩気がやってくる。
あっさりスープの中で絶大な存在感。
この鶏コンフィを食べるためだけでも、この冷やしラーメンを食べる価値がある。
飲み干したい衝動を抑え、汁はまたしても2割程度。
健康に自信ある人はぜひ、飲み干してほしい。

美味しかったなあ。
また機会があったら、食べたい。
ちょっとラーメン食べすぎなので、調整しよう。

ふぅ。
by blue-red-cherry | 2009-06-26 09:43 | ラーメン
<< 鶏とキャベツの蒸し焼き CHAMP ROAD >>