蒙古タンメン中本 目黒店

外食は「中本」しか知りませんが、なにか?
ノー弁当デーとなった水曜日、またしても目黒の「中本」へ。

c0025217_131935.jpg
c0025217_132521.jpg
c0025217_133049.jpg
c0025217_133882.jpg
c0025217_134489.jpg

今日から目黒も7月の限定メニューがスタート。
本店では先月提供されてた冷やしの混ぜ麺、麻醤麺。
いってみれば中本流のジャージャー麺ってところか。
とろみのある餡状のたれは別盛りになっていたが、きゅうりと麺の上に広げると、このほうが収まりがいい。
皿の都合もあるし、最初から乗せて出してくれていいのにな。
綺麗に乗せたものの、1分とたたないうちにかき混ぜて喰らいつく。
辛さレベルは6と、かなり控えめ。
蒙古タンメンが8だからね。
正直辛さを期待すると物足りない。
しかし美味さはばっちり。
蒙古麻婆でもなくヒヤミでもなく、旨味が強調された味噌ベースの餡は、挽き肉と豆腐がたっぷり、「中本」の辛ウマのウマの部分を抽出し、餡状に固めた感じで旨味が詰まってる。
麺との絡みも当然、ばっちり。
強いていうならば餡もそんなに熱せられてないので、冷たい(というか常温に近い)麺と合わさってぬるめなのが気になるくらいかな。
熱々の餡、もしくは麺がキンキンに冷えて締まってる、とかでも面白いかも。

普通に美味い。
ジャージャー麺っぽさはルックスだけでなく食感、味も近いものがあるかもしれないが、構成する要素はまさしく「中本」のそれ。
でもこの辛さレベルだと非辛メニューに近い。
定食もいっとくべきだったな。
7月は午後の部で「Re-Mix」が定常メニュー、終日提供はまたしても10日ごとに変わるらしい。
忙しい。
by blue-red-cherry | 2009-07-02 01:10 | ラーメン
<< 豚バラトマトソーススパゲティと... 豚しゃぶ >>