ツナとろろ丼

日曜の昼は前夜の手巻き寿司で余った酢飯を処理しようと、どんぶりで。
同じく余ったツナをメインに、大和芋(長芋で折り合いがつかなかったため)を買ってきてすりおろしてとろろ丼にした。

c0025217_9475425.jpg
c0025217_94861.jpg
c0025217_9481568.jpg

酢飯に海苔と大葉をちぎって散らし、その上にだし醤油を含ませたとろろ、最後にツナ。
残り物が発想のスタートだったけど、丼のご飯を酢飯でしっかりと食べられるのは嬉しい。
ツナの強い塩気と、柔らかいとろろの和の味付け、そこに海苔と大葉がアクセントになる。
酢飯との相性も良く、まずまずの出来。

お祝いでいただいた器を早速使わせてもらった。
我が家に足りなかった、丼ぴったりサイズ、ありがたく使わせていただきます。
by blue-red-cherry | 2009-07-06 09:48 |
<< 豚ひれ肉の蒸し焼き ヴィッセル神戸×FC東京 J... >>