FC東京×名古屋グランパス J1第17節

c0025217_22551870.jpgc0025217_22553287.jpg
c0025217_22555456.jpgc0025217_225651.jpg

吉と出るか、凶と出るか、どちらにもわからない夏の東名3連戦、初戦となったホーム名古屋戦
これだけ中身のある勝利を重ねながら、結果が出たその日は「オレたちは強い!」ってなれるんだけど、試合前になるとまーだ、ビビるんだよなあ。
妄信的になるってのとはまた違うと思うんだけど、そろそろ、もうちょっと信頼してあげないとダメだな。
まあ勝ち負け抜きにして、全面支持なんだけどサ。

c0025217_22573038.jpgc0025217_22575358.jpg
c0025217_2258436.jpgc0025217_2258162.jpg
c0025217_2258297.jpgc0025217_225840100.jpg
c0025217_22585386.jpgc0025217_2259883.jpg
c0025217_22592285.jpgc0025217_225933100.jpg
c0025217_22594721.jpgc0025217_22595868.jpg
c0025217_2301292.jpgc0025217_230221.jpg
c0025217_2303499.jpgc0025217_2304527.jpg
c0025217_2305696.jpgc0025217_2311387.jpg
c0025217_2312620.jpgc0025217_2313648.jpg
c0025217_2314918.jpgc0025217_232197.jpg
c0025217_2321451.jpgc0025217_2322443.jpg
c0025217_2323747.jpgc0025217_2325099.jpg

最終ライン、センターハーフからくる下支えがあってこそ、確立されつつある東京のサッカーだが、ここ最近の前線の充実には随分と助けられている。
永らく不安視されていた立ち上がり、ゲームの入り方のところで、強力な2トップと、決定力、判断力抜群のセカンドストライカーの献身と迫力のおかげで、リスクをかけずに機先を制することができている。
探りあいの段階で、平山の存在感は絶大だ。
相手最終ラインを背負っても、主導権を奪うべくにらみ合う中盤に降りてきても、空中戦は無敵、足元のボールも奪われない。
彼に当てることで、10秒、20秒、少しずつ東京の時間が増えていくのがわかる。
キレが戻ってきたカボレがまた、楔のプレーでも威力を発揮しつつある。
体の強さは平山ほどじゃないものの、懐の広さは大きな武器で、充分に2つ目の基点になり得ている。
互いに役割をクロスさせ始めた2トップは、平山が衛星としてフォローや抜け出しに精を出してみたり、カボレがポストプレーをこなしてみたり、互いのプレーの幅を広げ、相手ディフェンスの的を絞りづらくさせている。
それに互いが互いのタスクを深く理解することで、信頼感が目に見えて増している。
特に平山が競り、カボレがフォロー・抜けるパターンは秀逸で、平山の落とした先にカボレがいるケースが格段に増えている。
ここまで連携の取れた2トップはここ数年、見られなかった(タイプは違うけど、ルーコンと憂太とか、憂太と戸田とか以来)。
タスクが流動的になることで、負担もどっちかに偏ることがなくなっているし、かなり好循環。

さらに好循環を感じるのが、この強力2トップともっとも有機的に絡み合っている石川だ。
右から、左から、後ろから、ミドルにドリブルに細かい繋ぎに飛び出しに、パターンは豊富だが、石川のここまでのゴールは所謂バイタルエリアをスタート地点にしたものが多い。
まさしく2トップが相手ディフェンスを引き付けてできたスペースであり、2トップのリターンをもっとも受けやすいスペースを使ってのゴール。
当然これだけ結果を出せば、石川へのマークを厳しくせざるを得ない。
ましてや、元来ドリブラーとしてならしてきた彼のスタイルは、この試合の先制点で見られたように、ディフェンスを1人、2人と引き付けることができる。
2点目のシーン、羽生のシュートがこぼれたところにフリーでカボレがポジショニングできていたあの場面、確かに速さ極まる速攻だったが、カボレへのマークのズレは石川(と羽生)が引き付けて生まれたもの。
目に見える好の連鎖。
話が逸れたが、2トップと石川、それぞれが自分の役割をしっかりこなしつつ、呼応しあうことで最小人数で最大の効果を生み出しているこの前線が、早い時間での先制を可能にし、チームに主導権を呼び込んでいると思う。
まずは守備から、でリズムを生んでいたチームがまたひとつ、前進しているのを実感する。
それも守備の安定が嬉しいことに、当たり前になったからかもな。

それにしても前半の2点、どちらもお見事だったなあ。
石川がボールを持つとスタンドが揺れる、こんな感想や評をあちこちで見かけたけど、少しも大袈裟じゃない。
あの先制点の瞬間も、セカンドボールが吸い寄せられるように、もしくは完全に狙っていた石川の狙い通りに足元に収まり、あとはここ最近見慣れた軽やかなステップで相手を翻弄し、思い通りのコースを邁進、定めたコースに力みなく流し込むだけ。
今まであの位置、密集地帯でボールを保持したところで、ゴールへのイメージは浮かばなかった。
前にも後ろにも守備網が敷かれた中、サイドに逃げるのが関の山だっただろう。
それがどうだ。
いつも「イメージどおり」という石川の言葉に洗脳されたか、あの瞬間、石川の足元にボールが落ち着いたあの瞬間、あのゴールのイメージがオレにも浮かんだよ。
あー、やるぞやるぞ、するするって抜けて、流し込むよって。
つま先で細かく刻みながら独特のリズムを生み、大きなストライドで相手の飛び込めないコースを進む姿はメッシやロナウドのような内面からにじみ出る感覚的、動物的なものを覚えさせる。
一方でシュートはゴールへのパス、を地でゆく、芸術的な弾道は、低く美しい流線形を描いたロベルト・バッジョのそれを思い出す。
年間チケットのおかげで、こんなシーンを、こんな選手をたかだか1,200円ちょっとで年に20試合近くも見れる幸せ。
2点目は石川のスピード、見えすぎている視野からの折り返し、しっかり走りこんでしっかり枠に飛ばした羽生のシュート、いるべきところでするべき仕事をこなしたカボレの押し込み、どれも素晴らしかったが、平山のスルーパスに尽きるでしょう。
下がってもらって叩いてまではできる選手、いると思うけど、あのパス出せるフォワードは今、日本に彼しかいないと思う。
タイミング、強さ、速さ、すべてベスト。
あのパスはもっと褒められていいと思う。
それに出して終わりじゃなく、羽生の後ろを鬼の形相でしっかり追いかけてきてたのも見逃せない。
前線からのチェイシングに始まり、セットプレーでは相変わらず無類の強さを自陣でも発揮し、自陣からのフィードでことごとく競り勝ち、挙句カウンターも全速力で追いかける。
さすがに後半はバテてきてたけど、よくやってくれてるよ、ホント。

c0025217_233997.jpgc0025217_2332632.jpg
c0025217_233424.jpgc0025217_2335546.jpg
c0025217_2341583.jpgc0025217_2343026.jpg
c0025217_2344516.jpgc0025217_2345877.jpg
c0025217_2351226.jpgc0025217_2353061.jpg
c0025217_236280.jpgc0025217_2362596.jpg
c0025217_2364027.jpgc0025217_2365391.jpg
c0025217_237936.jpgc0025217_237222.jpg
c0025217_2373896.jpgc0025217_2375158.jpg
c0025217_238575.jpgc0025217_2381693.jpg
c0025217_2383285.jpgc0025217_2384511.jpg
c0025217_239014.jpgc0025217_239143.jpg
c0025217_2392821.jpgc0025217_2394179.jpg
c0025217_2395411.jpgc0025217_2310788.jpg
c0025217_2310222.jpgc0025217_23103595.jpg

そんな充実する2トップや石川を見ていて、赤嶺が残留を決意してくれたことを、本当に嬉しく思い、ホッとした。
平山もカボレも石川も絶大だけど、絶対ではない。
まだリーグは折り返し、日程狭まる中、この暑さの中こなさなければいけないカップ戦もこれからが佳境だ。
ましてや昨日の90分の中でさえ、ベンチを含めた17人の総力戦であることは明らかだった。
もちろんカボレ、平山の次、という立場で甘んじていることを受け入れたわけではないだろう。
牙を磨き、その座を奪ってやろうという思いを強く、胸に秘めていることだろう。
だが昨日、短い時間ではあったが、ピッチに立った赤嶺のプレーに変な気負いはなく、黙々とチームプレーに徹する姿がそこにあった。
正直見ているほうからすれば、カボレや平山の控えに赤嶺がいる。
もっといえば祐介もいるこの現状は、シーズン中盤戦に突入するこの時期、非常に心強い。
外から眺める勝手な思いと、ピッチで交錯する切なる思い。
軽々しくチームのために頑張って、とは言えない。
自分のため、でいいと思う。
そこはどうあれ、残りのシーズン、オレたちは赤嶺真吾という、東京一、エリア内で危険な男と戦えることは間違いないんだから。

てな感じで、昨日は前線について思うことが多い日だった。
さっきも書いたけど、後ろの安定が当たり前になってきたからだろうね。
うーん、贅沢。
今ちゃんとブルーノのフル稼働、頭も身体もフル回転させての活躍には頭が下がる。
攻守に相当集中していないとあのパフォーマンスは保てないだろう。
前線が自在に動くことと、長友永久機関が発動中なため、上がり控えめな徳永だが、もう少し高めに位置取りしてもいいとは思うけど、守備面での安定感がいまだかつてないものになっている。
特に1対1の強さは、その体躯を活かした力強さでしばしば相手を吹き飛ばし、凄みすら漂う。
梶山アンカーのどっしり感もかなり板についてきた。
久しぶりにパスミスが目立ったヨネをカバーしつつ、底から左右のスペースをバランスよく使ったミドルパス、カウンターに加わっては前目でも身体の強さを存分に発揮するなど、味スタの中盤に君臨した。
羽生の運動量もチームを助けてるのは間違いない。
気が利きすぎて目立たないけど、次あたり、羽生を中心に見ても面白いかもしれない。
交代組も楽しませてくれた。
クローザー・達也は相変わらず、役割をきっちりと遂行。
腐らず、出番できっちり、毎試合クオリティを落とさず仕事を遂行する様は、交代選手の鑑だ。
もう少し早く決めるチャンスはあったと思うがww、トドメを刺して終わることは彼の仕事において最大級の成果。
お立ち台も当然だ。
かなり貴重な存在。
そして草民!
ついに見せたね、あの深すぎる懐ギリギリまで引き付けて、グンっと伸びるストライドで前へ出るドリブル!
久我山で見せていた、多勢に無勢をものともしない仕掛けがついに、青赤のユニフォームで見られた。
今までの出場と同じく、多くの時間はポゼッションの潤滑油として、確かな足元と、パスワークでリズムを刻むことに務め、日ごとたくましくなっていることを感じさせる球際の激しさも順調な成長を感じさせる。
それにいよいよ仕掛けが加わり始めた。
カウンターからエリアへ侵入し、最終的にはカボレへのパスを選択したが、あの選択は確度高めていたし、際どいシュートを放つのも時間の問題だろう。
初ゴール、絶対に見逃したくないなあ。
選手権で見られたっていうのもあるけど、彼の確かな成長には夢がある。

c0025217_23111868.jpgc0025217_23113273.jpg
c0025217_23114814.jpgc0025217_231213.jpg
c0025217_23121574.jpgc0025217_23123523.jpg
c0025217_23125138.jpgc0025217_2313688.jpg

好循環は前線だけじゃない。
最終ラインから中盤、交代選手まで、すべての繋がりに意味を覚える。

ほぼほぼ完璧だった。
後半開始からしばらく押され気味だったこと、あの時間帯を繋ぎ、パスワークで押し返すことはまだ適わないのは仕方ない。
いずれそれも可能にしてほしいところだが、そこでしっかり耐えるという選択が出来、実践できていることは評価に値する。
イライラして自滅、孤立したダヴィを筆頭にバラバラだった名古屋に助けられたという事実も見過ごせないが、エクスキューズがなくなることなんてあり得ないからな。
いい加減、自信満々有頂天になりたいところなんだが、水曜の試合もまだまだ不安なのはこれ、ビビり症なのかね…。

まあなんでもいいさ。
トーナメントで求められるのはゴール、勝利、ただそれだけ。
今のサッカーを続けていけば大丈夫だと思うけど、スリリングなノックアウトラウンドを戦う東京を見るのも楽しみなんだぜ。
by blue-red-cherry | 2009-07-13 23:14 | FC東京
<< 蒙古タンメン中本 目黒店 土間土間 >>